管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

ロジクールのワイヤレスマウス G703hは俺にケーブルレスの衝撃をくれた

 

「快適に普段使いできるマウスが欲しい」

「有線だと煩わしいし、線から解放される無線マウスは何かない?」

PCを使う人に立ちはだかるものとして、周辺機器のケーブルが厄介だよね。

 

ずーっと俺もマウスはプライベート・職場でも有線を使ってたけど…。

ぶっちゃけすっげえ邪魔な気持ちはよくわかる。

せめてプライベートのマウスを新調しようと思ってあれこれ悩んでたどり着いたもの。

ロジクール製のゲーミングマウス”G703h”を手に入れたので、使用感を語ります。

いやもうなんというか、単純明快に使いやすさが素晴らしかったわ。

 

 

ロジのワイヤレスマウス かっこいい+使いやすそう

 

部屋に機械が増えると困るのがケーブルの配線。

隠したりまとめたりしてどうにかしたいけど、数が多いとそれすらもままならない。

俺は子供のころから家庭用ゲーム機が大好きだったから、何度もコードに足を引っかけた…。

あれ怖いんだよねけっこう。

 

これがパソコンになると必ず本体以外に周辺機器が必要になってくるよね。

モニター・デスクトップ本体の箱・キーボード・スピーカーとかさ。

機器が増えれば増えるほど必要なケーブルも数を増す。

すると周りが白や黒のケーブルだらけでみっともない。

できることならそもそも配線自体なくしたいよね。

 

そこで活躍するのが無線で使えるPCデバイス。

まず無線化にあたり気になったのが、ワイヤレスマウスの使い心地はいかがなものかという点。

悩みに悩みまくってたどり着いたのは、ロジクール社製の”G703h”というマウス。

ゲーミングマウスに分類されるのだが普段使いでもすごく便利だった。

これでマウスの配線悩みから解放されたと思うと、いいもの手に入れたなと思う。

 

 

ただ一点有線のわずらわしさから解放されたい

 

今までずーっとマウスについては有線を使ってたのよ。

マウス裏のカーソルセンサーが、コロコロしたボールのころからなじみ深い。

長年使っていて慣れてはいたものの、やっぱりケーブルが邪魔。

特にマウスは机の上で動かすことが多く、連動してケーブルも動くんだよね、

妙なケーブルの力の抵抗や、手の甲に乗っかってくることも多く…。

地味にいらいらしながら優先のマウスを使っていた。

 

15年くらい前に比べれば、マウスだって目覚ましい進化を遂げる。

ケーブルが無くなり可動範囲が広がる。

わずらわしさからも解放され、配線の問題もクリア。

PCとの接続も技術革新を重ねて安定するようになったし。

いずれにせよ使ってたマウスもボロボロだったから、この際新調したかったしな。

ケーブルがないってだけでどこまで違うのか知りたいのだ。

ワイヤレスのマウス、やっぱり使ってみるとかなり革新的な感じがして楽しい!

アナゴン
ケーブルがごちゃごちゃだと本当に悲しくなるよな…。

 

 

ロジクール社の”G703h”をチョイス

 

ワイヤレスマウスを使うと決めたはいいものの、どういうのがいいのか…。

ネットで絞り、家電量販店で実物を確認して選んだのがこれ。

ロジクール製の”G703h”というゲーミング用ワイヤレスマウス。

PCゲーム用途ではなく、普通の操作で使う目的で購入したんだけどね。

気になったときにもしかしたらPCゲームもするかもしれないので、対応するものをチョイス。

 

無線で接続できるマウスは、レシーバー式とblue toothの2つに分かれる。

今回選んだものはレシーバー式で、完全にケーブルがいらなくなるわけではない。

Blue toothはマウスと対応したPCがあればそれ以外何もいらない。

しかし他のBlue toothの機器と同時接続すると、干渉する恐れがあるのでこっちにした。

マウスとケーブルを離して使えるのでとっても煩わしさを感じにくい。

おかげで職場の有線マウスが非常にうっとうしくなってきた(笑)

 

 

マウスの外観は黒くてどっしりとした構え

 

ほんじゃあまずはマウスの全体像から。

 

ボディは黒を基調として、Gのロゴだけ透明がかった灰色に。

基本となる左右のクリックボタンに、ギザギザの溝が入ったホイール。

チルト機能はなし。

大きめのホイールの下には一つボタンが。

初期設定だとPC画面のカーソル移動速度の切り替えに。

 

さらにマウス左側面にオプションのボタンが2つついている。

こっちも最初は左側が”ブラウザの進む”で、右側が”ブラウザの戻る”の役割を持つ。

ゲーミングマウスとしてはボタン数も少なく、結構シンプルな印象を受けるね。

ちなみに右利き用なので左利きの方は注意。

 

裏面を見ると、光学式のポイントが中央に。

左側にはマウス自体の電源ボタン。

上には製品の型番を示すアルファベットと数字。

マウス下は重りを入れるための収納蓋になってるよ。

 

本体の同梱物

 

 

説明書以外に入っている付属物たち。

重りはさっき言ったように、マウスの裏面に収納して本体の重さを調節できる。

USBケーブルは編み込み式で、柔軟性と堅牢性が高めで好ポイント。

黒いケーブルで派手でなく落ち着いた印象だね。

 

小さい黒い物体は、ワイヤレスマウスに欠かせない相棒のレシーバーちゃん。

これがないとマウスが使えないため、なくさないように気を付けよう。

使い方も簡単でケーブルの三又に分かれているほうとつなぐ。

この状態でPCのUSBポートに差せばOK。

一応レシーバーを直接PCに差しても使えるけど、接続の安定性が悪くなるみたい。

ロジクールはケーブルをつないだレシーバーの状態で、PCとつなげることを推奨してる。

だから俺も使うときはそうしてるよ。

詳しいことは後述。

 

 

重りを装着して重量感UP

 

付属の金属製重りがあるので、有り無しの重量調節が可能。

重さは10gでこれ込みのマウスは110g弱ほど。

入れても劇的に重さ増量は感じないが、なんだかずっしり感は出てくる。

俺はせっかくだし最初から入れっぱなしにしてるよ。

特に支障もないしな。

 

マウス本体とケーブルは着脱式

 

普通マウスはここからケーブルが伸びるけど、当マウスはワイヤレス。

もちろん普段使うときはケーブルを付ける必要がない。

本体の電池が充電式なので、残量が無くなってきたらこのケーブルをマウスに差し込む。

形が三又になっているのは、外れにくさを重視したかららしい。

そして反対側のUSB差し込み口をパソコンなり給電機なりにさせば、しっかり充電が始まるよ。

 

しかしマウスにケーブルを差しっぱで有線のようには使えない。

よってPCで充電するときは別のマウスを使わなければイカン。

俺はそれだと面倒なので、Ipod touchのUSB給電機を利用している。

今までIpod本体の充電しか用途がなかったが、これを機に活躍の場が増えていくな!

 

充電時にはマウス本体にケーブルを刺し、反対をUSBで給電。

マウスにケーブルが刺さっているときはこの時だけ。

 

レシーバーをケーブルに接続 さらにPCにそのままつなぐ

 

 

次はレシーバーとケーブルを。

前述した通りケーブルは編み込み式で癖がつきにくい。

おまけに耐久性も高めで高級感もあるという素晴らしい仕様。

三又に分かれたケーブルの先と、レシーバーをドッキング。

あとはPCのUSBポートにケーブルを差せば使用準備が整う。

 

マウスの電源を入れるとLEDが光る

 

マウス本体の電源を入れると、Gのロゴとホイールの中央線が光る。

デフォルトだとレインボーに輝き、いろんな色に常時変わる。

黒一色だったボディがLEDライトにより華やかさが加わると。

これだけでも光るマウスに見慣れてない人は、なんかすごいと感じるかも。

現に俺は初めてLEDライトのマウスを見たけど、やっぱり派手さが違うもん。

ホイールも360°一本の縦線が丸々光る。

ちなみに電池残量が少なくなってくると、ホイールのライトが赤一色に固定・点滅される。

わかりやすいな。

さらに電源ONでも一定時間操作しないと、勝手にOFFにしてくれる。

もちろんちょっと動かせばすぐに反応するので、いちいち手でOFFにしなくてもいいのが楽ちん。

ラガン
パッと見は派手すぎないが、初めてこんなマウスを見るとまたなぁ~。

 

 

無線の調子はかなり良好

 

そして本製品の大きな特徴である“ワイヤレス”についてだ。

現在俺のパソコンとモニターの位置関係上、レシーバーとマウス本体が遠い。

おおよそこの2つの間は1mくらいあるかな。

普通は無線でもここまで離れた状態では使わないと思うけど。

 

この写真にはマウスしか映っとらんが、机の右にルミナス製のスチールラックがある。

5段仕様なんだけど、机の高さに近い下から2段目にノートPCを置いているよ。

 

ロジクールはLIGHT SPEEDという無線技術が持ち味。

独自開発したものみたいだが、なんでも有線よりも反応がいいとの評判が多い。

俺自身初めてのワイヤレスマウスなので比較対象がないのだが…。

もう使用を始めて1カ月以上たつけど、カーソルやクリックの反応は全く遜色なし。

有線のと同じようにマウスを動かせば、カーソルもきっちり動いてくれる。

クリックをすれば素早くレスポンスを返すので、使用感は全く有線に引けを取らない。

 

ちなみにBlue toothじゃないので、無線の周波数はよく使われる2.4Ghzだと思われる。

これ、電子レンジが近くで稼働すると同じ周波数を使っているので干渉しちゃうんだよね。

わが家の場合、親機のルーターと電子レンジが2階の近め同士に置いてある。

俺は3階の自室でインターネットをするとき、無線で受信しているのだが…。

PCはレンチン中、完全に電波が受信できなくなるのは日常茶飯事。

もしかしてこのマウスもそうなんじゃないかと思って、ちょっと気になってたのね。

通信環境は何とか使える程度で、かな~り劣悪でございます。

どれくらい酷いかというと、干渉が無い時のネットサーフィンは普通。

しかし友達とSkypeをするとぶつぶつ音声が切れまくるレベル。

どうにかしたい。

 

ただ幸いないことにPCとマウス本体がすぐそばにあるからか、レンチン中でもここは干渉しない。

もちろんPCとルーターはストップするが、PCとマウスは特に問題なし。

たまたまレンジの遠くにPCとマウスがあるからだと思うけど、地味に胸をなでおろすぜ。

ケーブルの煩わしさとは無縁なうえ、しっかり反応はしてくれるあたり信頼度が高いな!

 

 

専用アプリケーションは不具合が多いかも...

 

ゲーミングマウスなので、公式のアプリを使えばさらにカスタマイズが可能。

ライトの点滅パターンや、マウスのボタン割り当てを変更できる。

しかしこのアプリがちょこちょこよくない噂を聞く。

代表的な問題がいくつかある。

 

まずロジクールのゲーミングデバイスとそれ以外のデバイスでは、使うアプリが違うみたいだ。

ここを勘違いしやすく、ちょっと公式HPを見てもわかりづらい。

俺も最初は適合しないデバイスのアプリをインストールしてしまうことがあった。

ダッフィー
これロジクール使用者だと一回は遭遇すると思うぞ。

 

次にPCにインストールしたアプリにマウスが認識されない、という報告が多い。

最初にデバイスの登録をするのだがここで躓くパターン。

マウスでもキーボードでもそうだが、どうやっても認識してくれないんだよね。

他の方が試した対策を施しても俺はうまくいかなかった。

何が原因かさっぱりわからん。

 

そして最後に最もダメなのが、そもそもアプリがインストールできないという点。

ちゃんとOSのバージョンも確認した上でやろうと思ったんだけど…。

アプリを立ち上げてからずっとインストール中で全く進まない。

原因は思い当たる節がなく、20分くらい放置しても画面がそのまま。

だから今のPCだとボタンやライトの変更が一切できず、そこが不便。

デフォルトでもとりあえず使えるので何とかなっているが。

ここだけはぶっちぎりにひどい。

マウス本体じゃなくそれ以外とはこれ如何に。

新しいノートPCに買い換えたら、もう一回インストールを試してみるとする。

 

 

ロジクール製G703h ハードの使いやすさは良好

 

ゲーミングマウスにしてはボタン数が少なめでシンプル。

しかし個人的に惹かれるのが、ワイヤレスの接続される安定感。

ケーブルの強靭度とLEDが光る華やかさは好みのポイント。

おかげで値段的にはまぁまぁしちゃうのが玉に瑕だが…。

 

明らかに今まで使っていた家の有線マウス・職場の有線マウスよりがっしり感が強い。

この質実剛健差がいい具合にしっくりくるので、安定のロジクール製である。

ただハード面はいいんだけど、ソフト面がねえ…。

それさえなければ拡張性も高いし、より使い勝手がいいよなぁ~。

ただアプリがなくても使うには困らないので、ちょっといいマウスが欲しい人にお勧め。

レインボーに光るLEDライト、見てて楽しいよ!

 

余談:今まで使ってた有線マウスとの比較

 

最後に余談として、G703hに乗り換える前のマウスとちょっと比較。

右に映るはずーっと使ってた有線のマウス。

確か自宅のWindows Vista時代のノートPCについてたやつだと思う。

あれはdynabookだったと記憶しているから。

VistaのノートPCは過去俺がウイルス感染をさせてしまったらしく、お釈迦になってる。

特にデータの救出とかもしてないけど、マウスだけずっと間借り中だったのね。

んでそこから5年以上使っており大変汚くなってた。

写真のために慌ててウェットティッシュで拭けるだけ拭いたけど。

それでもホイールがめちゃくちゃ汚いのが丸わかり。

 

G703hに使い慣れてから昔のマウスに戻ると、サイズが小さすぎて違和感バリバリ。

というかこの昔のやつが妙に小さすぎたのか。

そして短い有線だったから融通が利きづらかったが、ワイヤレスでしっかり解消。

本当にハードだけ見ればG703hはクセも無くかっこいいし使いやすいかな!

ソフトは…、どうやら今の俺には合わないようだ。

 

 

今回はここまで。

ケーブルが必要ないマウスって、本当に感動するね!

あの邪魔な線がないだけでこう印象が変わるとは思わなかった。

 

LIGHT SPEED最高!