サイト内検索はTOP左上 お問い合わせは右上のメニューからどうぞ 8月以降は過去記事修正メインのため投稿頻度が少なくなります

初音ミクさんのコラボチェア爆誕! 黒と深緑カラーが電子の歌姫にピッタリ

「サーマルテイクからミクさん仕様のチェアが出るだと!?」

去年の7月、TSUKUMOを通して発売されたでっかい椅子。

いわゆるゲーミングチェアの一種なんだけどね。

 

当時、あの店から出てたミクさん仕様の自作PCパーツにお熱だった。

いろんなコラボパーツを用いて、初の自作PCに挑戦したんだったな。

実は同時に、このコラボモデルであるミクさんチェアも購入してたんだよ。

開封のタイミングを逃しまくってて、一年越しの出会いになるのね(笑)

本記事はこのチェアをレビューしていこうと思う。

恒常的に売られることのない、限定チェアの使い心地をたっぷり試すぜ。

まさにミクさんの意匠が凝られた、こだわりの作りにファンなら悶絶ものだ!

 

初音ミクさんが座ってるチェアをイメージした製品

TSUKUMOが初音ミクコラボ製品を出したのは、今から3年ほど前くらい。

公式サイトのヒストリーページを見ると、最初はMOD PCからだったんだね。

大きくラインナップが増えたのは、冒頭で触れた通り去年の7月ごろ。

吾輩丁度自作PCに興味を持ち始めて、その話題を知ったんだった。

クロミちゃん
自作PC×ボカロというコアなコラボよね…。

 

大枚はたいて、一度に出たコラボ製品を一気買いしてさ。

パーツはこの後、すぐに組み立てて新たなPCに変身。

ただ一つ、大きすぎて使う機会を見失ってるものがあったのよ。

それが今回出てくる、サーマルテイク製のミクさんチェア。

部屋が狭すぎるので、椅子を置くスペースが全くなかったのです。

届いたはいいが、物置スペースに未開封のまま置いて1年が過ぎ去る…。

 

しかーし、この前の6月に机回りを一新する決意を固め動き出したのね。

ここでようやく椅子を置けるようになったため、もうここしかないと思って。

一気に開封・組み立てを行い巨大な椅子がわが部屋に鎮座しました。

優しく体全体を覆う、ミクさんの母性を感じるチェアになっております。

「…何言ってんだこいつ」とか言わない!

 

部屋の模様替えでようやく使えるようになった椅子

机回り更新関連の記事では、毎回言ってるけど気にしないでね。

今年の5月ごろまで、色々変遷はあったが机回りはこんな感じだった。

手前にちょっと映る一人用の小さいコタツ机に、モニター・スピーカーなどなどを。

自作PCは写真奥にある、デカいスチールラックの中に鎮座中。

 

座布団が敷いてあるスペースに座ってたが、御覧の通りの狭さ。

とてもじゃないけど、椅子を置く場所なんかまったく存在しない。

だからチェアを買っても全然開封に進めなかったのね。

 

そこで意を決した模様替え。

机を電動デスクに大きく変え、ついでに家具の位置も大幅に変更。

それまで吾輩が座るところと壁が近かったが、少し距離が空いたのだ。

なんとか椅子を稼働させる空間が出来上がり、一年越しの登場というね。

 

それまでもゲーミングチェアには興味があって、結構調べてたんだよ。

デザインは賛美両論だが、廉価帯の椅子としては高機能なのが多いってのもよく聞く。

実店舗で別機種を何度か座ったけど、やっぱり羨ましくてさ(笑)

自分しか基本的に座らんし、コラボ製品なら手を出さないわけがない!

ミクさん好きだし!

 

開封と組み立て 1人で不器用だと結構難しい

そんじゃあ、開封して組み立て作業に入っていくよ。

まず重量自体が20kg以上あるので、めちゃくちゃ重い。

運び込むのが大変なので誰かに手伝ってもらいましょう。

作業の際にチェアマットは、事前に敷いておくことを強く推奨したい。

 

段ボールから中身を取り出すと、大小パーツが数点ほど。

組み立て式とはいえ、必要な工具が入ってるので心配ご無用。

六角レンチしか使わないよ。

やり方は説明書通り見ればおk。

そこは割愛するよ。

ただ大きく重いので、可能なら2人で組み立てたほうがいいかも。

吾輩はお父様にお願いして、協力してもらったがてこずったしなぁ…。

ヴィーゼ
特に女性だったらなおさらそうしたほうがいいよ。

 

もっとも困ったポイントとしては、背面と座面を連結するとき。

座面の後ろ側面から、金属製の細い板?があるんだけど…。

これを背面パーツの側面にある空洞と、しっかりドッキングさせないといけない。

連結後に上からねじ止めをするんだけど、これが全然穴に合わなくて!

どうしても背面を支えながら穴を探す関係上、2人がかりじゃないとしんどいよ。

当然のごとく左右にあり、ここだけで30分以上かかった気がするかも?

それ以外はぶっちゃけ特に難しいところは無いかな。

 

苦戦しつつも、何とか組みあがった完成形がこちら。

ランバーサポートとヘッドレストのパーツも装備済みのフルキット状態。

初音ミクコラボモデルとだけあり、随所に片鱗を感じ取れる出来合いだ。

 

カラーは大部分でブラックがベースだ。

とはいえ、割と広い範囲にミクさんヘアーの象徴であるエメラルド色。

そしてヘッドホンの色で使われる、マゼンタが目を引く配色が使われている。

吾輩が使用中のミクさんPCケースと同じ感じ。

 

背中外側には、ミクさんの番号である「01」の文字。

初代ボーカロイドという意味合いは譲れない。

背中内側には「初音ミク」文字の刺繍が入る。

他のゲーミングチェアだと、ここはメーカーのロゴがよく入るよね。

 

ランバーサポートには、ミクさんのネクタイを模した柄入り。

横の黒い線はタイピンを表してるよ。

ヘッドレストはチェア頭頂部に、ゴムバンドを通して固定だ。

思ったより高反発で、ちょっぴり硬い感じがする。

 

 

リクライニングは大体160°くらいまで倒れる。

というか背もたれをここまで倒したことなんかないよ!

高さ調整はガスシリンダー式で、簡単に調整が可能だ。

 

 

肘置きは、前後にのみ可動。

ここの高さ調整はないけど、無くても正直困らないのでおk。

あんまり肘置きは調整しないかなぁ…。

 

デザインもさることながら大事なのは座り心地

コラボ製品故、見た目への熱の入れ方はすさまじいもの。

しかしこれは椅子なので、一番大事なのは当然座り心地が良いかどうかだ。

まぁ言うまでもなく、何も心配することないくらいずっと座りたくなるんだけどね。

 

材質はPUレザー。

一言でいえば、高級感がありつつも樹脂を使った偽物の革といった感じ。

吾輩本革とか触ったことないのでわからんが、かなり似せているらしいな。

なので、見た目や触り心地は革っぽさがかなりあって気持ちいいよ。

弱点は加水分解による劣化と、通気性があまり良くないところだけど。

 

若干椅子の幅が広いのかな?

普通にあぐらをかいて座ることも十分できるところが好き。

狭さは感じないかな。

 

リクライニングはかなり可動範囲が広いよね。

さっき約160°程倒れると言ったが、自然と天井へ視線が行くレベル。

もちろんこれで仮眠を取ろうと思えば、快適なので可能かな。

吾輩もあまりに眠い時は、結構倒して寝ちゃうことがあるわ(笑)

 

ゲームをするときは背中側に寄りかかる。

これがふかふかしているので、だいぶリラックスしてプレイできるね。

RPGとかマイペースに出来るやつとは、かなり相性が良く落ち着くぜ。

 

それ以外のブログを書くときや、お絵描き練習をするときは前傾でいることが多い。

すると背もたれとランバーサポートが無用の長物にはなるが…。

座面のホールド感が強いので、体にはなかなかやさしめな設計。

長時間の作業でも、苦になるまでのタイムラグはだいぶ長いかな。

それでも4時間とか座ってると、さすがにちょっとアレだけどね…。

 

 

頭部のヘッドレストは、個人的にはあまり好みじゃない。

ちょっと硬すぎる感じがイマイチである。

ただ中の綿が抜けそうなので、それで調整はできそうだが。

あんまりこいつの出番はなさそうかな~。

 

キャスターの稼働音は、重量急な椅子なのでそこそこある。

ただそのへんは、音を吸収するチェアマットを敷けば軽減されるので問題ない。

実際我が部屋より下の階にある、リビングで過ごす親からは何も言われないし。

 

座面の高さ変更は、ガスシリンダーなので上げ下げはラクチン。

オフィスチェアとおんなじ感じでとってもスムーズ。

総じて扱いやすさは十分担保されてるね。

 

やっぱり唯一無二のコラボデザインこそ価値がある

座った感じは、肉厚のウレタンフォームとPUレザーで気持ちよさげ。

体重がかかりやすいところへの力を分散させ、負荷を軽減してくれる仕様。

それでいて、身長170cmの吾輩でもゆったり座れる広さ。

もちろん過度に大きすぎず、若干余裕なくらいがちょうどいい。

座った感触はほぼ不満なく、しっかりゲーミングチェアの役割を果たしてくれるよ。

 

そして何よりすごいのは、コラボ製品ゆえのこれしか存在しないデザインだね。

ミクさんが現実にいたとき。、使っている椅子をイメージしたという。

黒ニーソのブラック、紙色のエメラルド、ヘッドホンのマゼンタなどなど…。

彼女を象徴するカラーリングの椅子は、このモデルしかないでしょう。

加えて刺繍の文字入りも、特別感の演出に一役買って見た目が映えるよ。

 

コラボ製品だけあって、他のゲーミングチェアより値段は高め。

しかしこの見た目に価値を感じて、お金を出したのですごい満足してるよ。

座った感触もさすがサーマルテイク製で、不足するところが特に見当たらない。

もし吾輩のほかに購入した389名は、大事に大事に使ってあげよう!

アナゴン
ミクさん大好きなファンならではの逸品。

 

今回はここまで。

椅子は体全体への影響がとてもでっかいもの。

長い間座るなら、ここにこだわれって言う気持ちはよくわかる。

座るって楽だけど、尻に負担がかなりかかってるからな~。

 

全てがミクさんの色に染め上げられてしまう!