管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

EDIFEIR製スピーカーのS880DB 専用のモノは初心者でも音の違いがわかりやすい

「手ごろにパソコンの音を良くしたい!」

「テレビ・モニターのスピーカーがしょぼいから変えたいなぁ」

音ってこだわりが出始めると、今の環境が物足りなく感じるよな。

 

先日大画面でPCをいじるべく、モニターを手に入れたのね。

一応モニター内部にもスピーカーが搭載されている八なんだけどさ。

ただ使っている最中に思ったんだけど、音がなんかショボい

そこでこの際、ちゃんとしたPC用のスピーカーを準備してみた。

EDIFIER製のS880DBを手に入れたので使用感をレビューするぞ。

やっぱり専用のスピーカーはレベルの違いが非常にわかりやすいな!

 

EDIFEIRのスピーカーで音の迫力を手ごろに上げよう

この前スピーカー内蔵のPCモニターを手に入れた。

ASUSの“VG278AQ”というゲーミング用モニターなんだけど。

 

これ、画面の裏側にスピーカーが入ってるんだよ。

出力が2W×2Wの合計4Wのパワーを持つ。

だからHDMIケーブルさえ使えば、画面と音が同時に出力可能。

わざわざ別途でスピーカーを用意する手間は本来ない。

 

使い始めて数日たって、ちょっと妹様とゲームをする機会があってさ。

2人でNintendo Switch用ソフト“大乱闘スマッシュブラザーズSP”なんだが。

テレビよりも発色が良く、近い距離で画面を見れるので2人とも大興奮。

しかしプレイを始めるや否や、妹様がこんなことを俺に言った。

「なんかさぁ、これゲームの音こもってるように聞こえんだけど」

 

言われてから意識して聞いてみれば、確かになんか音がしょぼい?

それからネットで調べてみると、こういう話をよく目にするように。

モニターの内臓スピーカーは音を聞くのにあんまり適していない。

段々音質が気になってきたので、この際ちゃんとしたスピーカーを使おう。

 

そして迷いに迷った挙句選んだのは、PCスピーカーとして使えるもの。

EDIFIERというメーカーのS880DBをチョイスしたので、紹介していこう。

音響初心者なので、他のPCスピーカーと比較したわけでもないんだけど…。

これ使い始めてから、より動画やゲームの音が迫力を増して耳に届くように。

手に入れてマジでよかった!

 

モニター内蔵のスピーカーってパワー弱いんだよね

最近のディスプレイってとにかく薄型が主流だ。

テレビ然り、PCモニター然り薄さが大正義。

もちろんそれ自体は使うユーザーとしても嬉しい限り。

圧迫感が無いしスタイリッシュなのは納得。

 

ただその分、色んな機能を内蔵するのが難しくなってくる。

スピーカーはまさにその代表で、薄いところに無理やり仕込んでいるわけで。

ハイパワーで質の良いスピーカーなんて入る場所が無い。

ジェラトーニ
なんかクロミちゃんがいつも声デカいのは、顔が分厚いからか(ニヤニヤ)
クロミちゃん
アンタ死にたいようね。

だから内臓スピーカーは、もはや間に合わせレベルのモノばかり。

手軽に音を出せるがその分性能がしょぼい。

あまりにも音の迫力が薄すぎるんだよね。

だから面白い動画やゲームも、全部音がしょぼくなりがち。

非常にもったいない。

 

さっき2W×2Wの力を持つっていったけど…。

これ、要はどこまで大きい音を出せるかの数字なんだよ。

デカけりゃいいってもんじゃないけど、ある程度は無いと迫力が出ない。

因みに1ルームでスピーカーを使う場合、調べたら合計15Wあれば十分らしい。

つーことは内蔵の合計4Wだとさすがに非力すぎる。

特に重低音が全然響かないし、細かい音もひろってくれないっぽい。

どうしてもそうなると音を楽しむことは難しいよね~…。

 

S880DB 見た目が柔らかい質感なのに凄いパワー

このスピーカーの製作元、EDIFIERは中国の音響メーカー。

それを日本国内では代理店の(株)プリンストンが販売。

俺はヨドバシカメラ秋葉原で買ってきた。

 

本体はいわゆるブックシェルフ型だ。

前後共にホワイトのボディで、音を出すユニットは普通に黒。

角は全て丸みのあるデザインで柔らかい印象。

スペックはこんな感じ。

・寸法は横138mm・縦168mm・奥行230mm。
・重さは両方合わせて7.5kgと結構重い。
・出力は32W×32Wの合計64Wとサイズよりも相当パワーあり。
・RCA端子×2・光学端子・Coaxial端子・USB端子
の有線
・Blue toothでのワイヤレス接続
も可能
ハイレゾ対応

 

何と言っても目玉はその出力の大きさ。

このサイズのスピーカーにしては、相当デカい音まで出せる。

多分ここまで出力が大きいのは、同サイズではほとんどないと思う。

つか日本の住宅事情を考えるとこんなに必要ねえわ(笑)

 

因みにこれ、アクティブスピーカーに該当するモノ。

別途アンプと言う道具を用意する必要はない。

中にそれが入っているから。

よって、モニターと本体を接続すればそれだけで使用可能。

 

EDIFIERのスピーカーはまだほかにも種類がある。

これはその中でもミドル~ミドルハイクラスのものかな。

ぶっちゃけ白いデザインのが欲しくてこれにした。

スピーカーって黒いのばっかりだからさ…。

ダッフィー
明るい色合いの電化製品ってなんかいいよな。清潔感があって。

 

付属品は沢山のケーブル類 豊富な接続方式に応え

接続端子が多めだからか、付属のケーブルも種類がいっぱい。

まずは電源ケーブル。

御覧の通り、あの出力を支えるためにアダプターがデカい。

 

左右のスピーカーをつなげるためのケーブル。

長い上に太くてがっちり。

ビニール被膜だが少し透明でちょっとだけ高級感があるような。

 

左はUSBケーブル。

右は光学端子のケーブル。

USBはPCとつなぎ、ハイレゾ音源にしたいときに使うよ。

光学端子はデジタル入出力で音をいじる時に使う。

ただ俺のPCは光学端子なんてないので、今は持ってても意味ない…。

 

アナログ接続に使う端子が2種類。

左はRCAからRCAへのケーブル。

右はRCAからイヤホンジャックへのケーブル。

昔のゲーム機を使っていた人にはわかるであろう、3色ケーブル。

あれの黄色(映像用)が無くなったものだと思ってもらえれば。

 

因みにモニターからの音をこのスピーカーに出す場合。

右のイヤホンジャックつきRCAケーブルを使えばおk。

俺も普段はこっちだけ使う。

 

これは遠隔操作用のリモコン。

無線接続で、細かく音量やスピーカーのモードを変更可能。

ただこのリモコン、これ自体そんなに使い勝手は良くない。

右側のスピーカーに向けて、障害物が無い状態じゃないと反応しない。

だからスピーカーを乗せた机がごちゃごちゃしていると、リモコンがね…。

後述するが、スピーカーの裏側にVolume等のダイアルがあるからな。

そこだといじりにくいからリモコン式にしたんだと思う。

 

裏側は電池の蓋部分。

ボタン電池一個で動作する。

元々試運転用の電池がついてるので、すぐにリモコンは使えるぞ。

 

本体 右側に設置するスピーカー

自分から見て右側に置くほうのスピーカー。

写真では電源が入っていないためわからないが…。

下の黒いバーには、スピーカーのモードが表示される。

例えばPCの音を再生するなら「PC」と出る。

Blue Toothならあのマークが出るといった具合。

だから今度のモードで使っているのかがわかりやすいよ。

 

側面は明るい色の木目の板。

これも表面がツルツルで、わずかにふくらみを描く曲線。

ボディがホワイトなのも相まって、かなり好みな見た目だ!

 

裏側は端子類がびっしり。

どのケーブルで音を出すか、じっくり選びたい放題。

また音量や低音・高温の調整ダイアル付き。

 

上から順に見ていこう。

左側は高音の調整用ダイアル。

基本的にいじることなく、デフォルトのまま使っている。

右側は赤白のAUX端子と、その下にスピーカー側のUSB端子。

その隣にはハイレゾ対応のシール。

 

AUX端子の右側にPCと書いてあるが

が、音を出すだけならPCとつなぐ必要はない。

何でかよくわからないんだけどね。

ハイレゾ音源にするときは、USBも合わせてPCにさして使う。

 

中段に移る。

左斜め上には低音を調整するダイアル。

その下にはスピーカー本体のボリュームダイアル。

右側にはUSBの下に光学端子。

なぜかこれだけ黒の保護キャップがついてる。

更にその下にはCoaxial端子だね。

 

最下段左側は電源アダプターの端子。

その右側には、もう一方のスピーカーとつなぐケーブル端子。

こう見ると本当に端子の数が多い…。

それだけ選択肢も増えるけど、初心者にはわけわからんわ(笑)

 

スピーカー裏側の脚部分。

ホワイトの透明がかったゴム足で本体を支える。

滑り止めの役割も同時に果たしてくれるぞ、

なんかシール貼ってあるけど、多分製造No.だと思う。

別に見えないし、とりあえず貼りっぱなしでいいや。

 

本体 左側のスピーカー

左側に置くことになる側のスピーカー。

こっちはさっきの右側に比べて、シンプルな感じ。

殆ど言うことも無いので、写真だけ載せておくよ。

 

 

劇的に迫力増加 映像+音の効果がさらにアップ

手に入れてからずっとモニターに繋げっぱなし。

普段はYou Tubeの動画を再生しっぱなしでブログを書いてるけど…。

 

うん、さすがは専用スピーカー。

明らかに音の出方が全然違うね。

音響の知識が全く無い俺でも全然違うことに気づけるレベル。

 

左右どちらかからしか出ない音とかまさにそう。

はっきり出ている方と出ていないほうが分かるので、臨場感は強い。

前後の位置関係で大小変わる音も、明らかに違ってくる。

映像を見なくとも、どれだけその音が今の場所から遠いのか。

あるいは近いのかが耳だけで伝わってくるのは素直にすごい!

これはヘッドホンのほうがよりわかりやすいが、スピーカーでも十分。

 

最大の違いは重低音の響き。

ゲームをプレイすると、重めの効果音とかが鳴る時あるんだけど…。

その効果音のどすっ!とした感じがかなり伝わってくる。

非常に手痛い一撃を相手に喰らわせたという感触がよくわかるように。

これはゲーマーとしてはとっても気持ちがイイ!

ヴィーゼ
銃声のズドン感とかは半端じゃないよね。

 

明らかに動画やゲームの臨場感が増大した。

音の感じ方が変わるだけでここまで楽しみが増えるとはな…。

今までPCやモニターの内臓スピーカーでやってたのが馬鹿らしい。

素晴らしいねぇ…。

 

それとせっかくだから、自前のiPodをBlue Toothで再生もしてみたり。

今までイヤホンでは聞けなかった低音がしっかり聞こえるように。

おかげで音ゲーの曲なんかもかなり迫力が出てきた。

特にあの手の曲は重低音が激しめのモノが多いからさ。

音ってマジで大事ですな~。

 

急に重低音の響きが強くなったので、隣の妹様の部屋にも聞こえちゃう。

この前妹様から

「ゲームの音がなんか響くんだけど…。まぁ気にしてないからいいけど」

と言われてしまったくらい。

いやスピーカーのボリューム、結構下げてるんだけどさ。

これが専用スピーカーの力と思い知った瞬間でもある。

 

デザイン◎ パワー◎とPCスピーカーではハイスペック

EDIFIERと言うメーカー。

ぶっちゃけ日本ではそこまで知名度が高くない。

PCスピーカーのおすすめサイトを見ても、あまり出てくることが無いからね。

大体FOSTEXとか、Creativeとか、Boseとかが多いし。

 

あんまりレビューとかも無いから、俺も買う前に結構迷ったんだけど…。

アメリカのAmazonではかなり有名らしく、信頼がおけるメーカーだとか。

だから買ってみたけど満足度はかなり高いよ!

デザインも木目とホワイト+丸っこいブックシェルフスピーカー。

優しいデザインで白基調が好きな俺にとってはすごく好みに合う!

 

多分これから国内ではさらに有名になるかもしれないメーカー。

なんかちょっとしたお宝を掘り当てた気分だなぁ(笑)

機能も豊富で音質もかなりいい。

音響熟練者が聞くとまた違うかもしれないけど…。

初心者の俺が聞く分には、誰にとっても十分すぎるスピーカーだ。

ぜひともEDIFIER製品、試して見てほしい!

 

今回はここまで。

これが来たおかげでアニメやゲームがさらに楽しい。

音が違うとテンションの上がり方が全く違うな!

 

ホワイト、角が丸いスピーカーちゃん。

おひとつどーぞ。