管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

KSCのM93Rデザートスパルタンが着弾 砂から現れるフルオートの怪物

「M9シリーズの特別仕様ハンドガン、M93Rが気になる!」

そう、M93Rはハンドガンなのにフルオートが出来るロマン銃。

 

前々からずっと狙っていた1丁であるモノがお一つ手に入った。

KSCから発売されている、”M93Rデザートスパルタン”のレビューをしていく

このデザートの名の通りサンドカラーのちょっと珍しい色合いにご注目!

 

M93Rの亜種 デザートスパルタンさん

実銃としてM9は非常に有名なハンドガン。

イタリアのベレッタより生み出されし銃で、まぎれもない傑作だ。

色んな所で使われるのでバリエーションモデルも数が多い。

人気者はうらやましいなぁ!

 

沢山のマイナーチェンジがあるが、その中でM93Rという型番がある。

開発された当時、とても小さいサイズながら製圧力の欲しい武器の需要が高かったのね。

そんな声にお応えして出来上がったのがM93R。

 

日本のエアガンでモデルアップするのは、ガスガンだとKSC。

電動ガンだと東京マルイのどちらかだ。

今回はKSCのM93Rを買ってきたよ。

そしてその中でもこれまた色々あり、チョイスしたのがデザートスパルタンだ。

ずっと前からいっぺん持ってみたかったんだよね。

やはり完成度は十分素晴らしい代物だった…。

 

本体色とは全然違う深緑色のパッケージ

というわけで早速レビューに移りましょう。

まずは箱の外観から行ってみよう。

いつもエアガンショップで買うことが多いが、今回はAmazonのほうが安かった。

マケプレだから、専門ショップで買うより色々リスクが少々増えるが…。

この箱は同社製M93R-AGシリーズとほぼ同じだと思う。

シリーズのほかにはM93RⅡ・M9/M92シリーズもある。

気になる人は公式HPを見てほしい。

 

かなり暗めのグリーンカラーの背景と、中央に鎮座する銃の名前。

メッチャクチャシンプルなデザイン。

パカッと蓋を開くと、本体・マガジン・BB弾や取説が。

見ての通り、型抜きの発砲スチロールにはぴったりとハマらない大きさ。

多分この箱にハマる最大サイズのモノが、M93RRC セカンドのモデルだと思われ。

本体には影響がなかったのだが、ちょっと残念なことが一つあった。

写真じゃわからないけど、マガジン部分のスチロールが一部壊れていた…。

これはマケプレ品の悪いところが出たか?

メーカー側のミスなのか分からんが。

 

黄土色と黒のツートンカラーな外装

本体を箱から取り出す。

グリップや一部のパーツを除き、サンドカラーが大半を占める。

ツートンカラーだね。

因みに着色はメッキではなく成形色なので、素材自体がこの色。

よって擦れて剥げても、別の色の地肌が見えるなんてことはない。

 

ホールドオープンしてもM9らしさは変わらず

スライドの中には黒のアウターバレル。

位置はここまで下がるよ。

お姿はM9シリーズでよく見かける印象に近い。

 

刻印はほぼ無し あっても薄めのあっさり味

KSCのM9A3RCシリーズは、ちょっとした廉価版の位置づけにある。

このデザートスパルタンはその廉価版の中の、マイナーチェンジ+限定カラー。

何が違うかっていうと、内部パーツの着色や刻印の有無などが変わるそうな。

中はまぁいいとして、御覧の通り殆ど刻印は無い。

製品のシリアルナンバー?位しかないので、こだわる人は注意したほうがイイかも。

もちろん俺は刻印に強いこだわりがなく、全体の見た目のほうを重視するタイプだ。

 

銃口については、少しボディからバレルが飛び出る感じ。

本来のM93Rよりも若干短いかな。

あっちはちょっと長い+バレルの上にコンペンセイターっぽいのがついている。

こっちはなし。

 

そして大きな特徴が一つ。

M93Rには銃口の手前にフォアグリップ(持ち手)が着くのが普通。

空いたもう片方の手でそのグリップを持ち、銃の反動を抑える目的がある。

しかしKSCのスパルタン全種は思い切って取っ払っている。

これはコストダウン目的ではなく、ホルスターにぶち込みやすい設計にしているから。

だから携帯性がUPする代わりに、射撃時の反動を押さえづらくなっている。

どちらが良いのかそれぞれ長所と短所があり、あまり比較するモノでもないかも。

見た目上はこちらのほうがやっぱスッキリするよね。

 

ハンマー周り

次は銃の後ろ側にあるハンマーを見よう。

ハンマーの形状は、真っ黒で若干台形に曲線を加えたような形。

外側には空洞の穴が開いているね。

ハンマーの下のボディの反り返しは角度が中々深め。

しっかり握った手をハンマーの動きから守ってくれる…はず。

 

すぐそばの黒い丸のチェッカリングが入ったレバー。

ここがこの銃のセーフティを担ってくれる。

ただロックがかかると言っても、普通にトリガーが固まるわけじゃないんだよね。

スライドも普通に引けたし、どうロックがかかっているのかちとわかりづらい。

 

M93Rはセミオートのほかに、フルオートもできる仕様の銃。

実銃の例にもれず、エアガンとなってもそれは健在。

KSCのM93RRCシリーズは、そのままだとセミorフルオートのみ。

三点バーストは専用のパーツを組み込まないと使えないのだが…。

デザートスパルタンはバーストも標準装備されている。

写真の上からセミ・フル・バーストに切り替えられるよ。

 

こう見るとハンマー周辺にかなりいろんな機能が詰め込まれているね。

全部親指だけで簡単に操作できるし、非常にグリップからのアクセスも良好。

機能美とはまさにこのこと!

ヴィーゼ
ごちゃごちゃ感も全然なく、シンプルでステキだね

 

忘れてはならない。

狙いをすませた視点で見ると、リアとフロントサイトはこう。

非常に珍しいことに、リアサイトにはレッドドットが入っている。

大体ハンドガンのドットってほとんどホワイトが多いからね。

まぁブラックカラーだと一番映えるのが白だから、そうなっているんだけど。

デザートカラーのボディなら、それ以外の原色でも十分機能する。

やはりこういう違う色が入っていると、とっさの時に狙いやすくていいよね。

ドットは全ての銃が標準装備すればいいと思うの!

 

トリガーガードは大きな楕円形

次は撃鉄と言われるトリガーを。

トリガーは黒く、一本の曲線を描いたツメの形状。

可動域は写真のイメージより大きく、しっかり指で引く必要があるよ。

トリガーガードは横に細長い楕円形。

逆にこの部分は少々野暮ったい感じがするかな~。

もうちょっと丸く狭いほうが好み。

ただしKJWORKSのMk.1ルガーのように小さすぎるのは論外だ。

 

トリガーガードの右側にあるのが、黒のマグキャッチボタン。

丸いボタン+周辺にちょっとしたガードっぽいのも見えるかな。

位置はちゃんと考えられており、グリップを握った手の親指から操作しやすい。

 

グリップは真っ黒 マガジンは突き出る

更に下に行き、グリップ部分だ。

こっちはシンプルな黒のグリップ。

よく見かけるチェッカリングを施し、滑りづらさをキープ。

もちろん鋭いわけではなく程よい刺激が手に帰ってくる。

更に刻印が殆ど無いのも影響しているのかここにもメダリオンとかは無し。

まぁいいんじゃないかな。

 

後述するマガジンを挿すと、グリップよりちょっと飛び出るタイプ。

申し訳ないが、個人的にこれは好みじゃないな~。

M9A3のマガジンは大体こういうタイプだから、モデルの泣き所に見える。

出来ればマガジンはグリップにすべて収まっててほしい。

 

本体内部に収まる部分は真っ黒なマガジン

最後はマガジン単体を。

黒い弾丸収蔵部分と、ボディ外に飛び出るサンドカラーのパーツで構成。

マガジンにも刻印が全く入っておりません。

それで普通のマガジンより外に飛び出る長さの分、装填数は多め。

大体一般的なガスハンドガンの場合、25~30発あたりが普通。

 

こいつはメーカーによると38発まで入るよ。

フルオートも可能だから、このサイズになったんだと思う。

代わりにさっきも言ったが、個人的に好まない長さになったが。

もちろんKSCのせいではなく、実銃の開発段階でこうだったからしょうがない。

 

そんな人のために、KSCからはちゃんとグリップに収まるサイズのマガジンも用意。

やっぱりそういう需要もあるんだな!

 

総合評価

各項目100点満点。

それの全ての平均値をこの銃の総合評価としよう。

コレクター観点での評価になるよ。

 

仕上げの丁寧さは十分綺麗なKSC製

88点

これ、素材がABSで出来ており以前レビューした同社のM9A3と違うんだよね。

あっちはHW製で見た目重視の時に使われることが多い。

ABSはどちらかというと軽さや性能重視だから、HWに及ばないことが多い。

しかしこのモデルはそれを払しょくするかの如く、かなり仕上げが丁寧。

両者を肉眼で比較したとき、正直あまり大きな差を感じなかったんだよね。

ちゃんとABSでも重厚感はしっかり出ているし、変な分割線も特にない。

KSCさんはどっちの素材を使っても、外観に手を抜くことが無い証左になった!

 

さらにデザートカラーの色合いだが、これが非常に砂漠の砂っぽさがよく出ている。

同社のM9A3はデザートというより、カスタードクリームに近い色だった。

そして東京マルイのデザートウォーリアは、もっと暗めの黄土色に近い。

この3つを並べた時、一番砂漠の色に近いのは本モデルだと思う。

それらを加味すると見た目や色合いのレベルはかなり高い。

シルバーメッキの差が出やすいヒケも見当たらないし、素晴らしいぜ。

 

ただ個人的な見た目を言えば、さっきも言ったがマガジンは飛び出ないでほしかった。

表面の質感には全然関係しないところだけどな…。

 

握りやすさは変わらずだが思いのほかリアヘビーで首を傾げた

66点

見た目のレベルとは一転して、持ちやすさは高レベルではない。

重量はしっかり感じつつも重すぎないし、グリップの部分も太すぎるわけではない。

特別悪いところは無いように見えるが、残念なのが銃の重心バランスがイマイチ。

 

オートマチックタイプのエアガンは重心が中央に来る場合が多い。

今までそれの例外だったのは、この2つだけ。

東京マルイのデザートイーグルライトニングホークだけだった。

あれらはずいぶんと重いし、グリップも明らかに太かったのね。

ただしこの銃の場合、マガジンに重量が行くからかフロントヘビーなんだよ。

要はグリップのほうが銃の先より重いってこと。

ここがいかんせんちょっと慣れないのがあって、ちょっと低めにした。

 

ブローバック単発は並み だが神髄はフルオートにあり

76点

この銃のブローバックは最近の銃だとよくある感じ。

強さはしっかりあるけど、しっかりスライドが戻るキレも存在。

それだけならばここまで高めにはしない。

 

何と言ってもセミオート以外の機構を備えているのが嬉しい。

三点バーストはもちろん、フルオートの楽しさは半端じゃない。

トリガーを一回引いただけで、手首に連続した反動が楽しめるのは最高!

もちろんまともに制御できるもんではないが、楽しさやロマンは高いレベル。

だから他のガスブローバックより高めにしておきましたよ!

ダッフィー
暴れ馬を押さえつける楽しさ的な。

 

KSC製と考えるとミドル~若干安めの値段

74点

KSC製品基準で考えると、ちょっとリーズナブル。

といっても専門店での実売価格は18,000円強くらいなので、安いわけではない。

しかしこの製品、何故かわからんがAmazonだと16,000円台なんだよね。

そう考えるとKSC製品の中では割と安いほうに入る。

 

ABSだからってのも理由かもしれないが、自分のイメージより安く手に入って満足。

その代りマケプレ品で、箱の内部が一部損傷していたのでアレかもしれないが。

本体にキズがついてたわけじゃないので許すわ。

 

最終評価

76点

KSCでABSタイプのエアガン。

今回これで初めて触ったが、さすがと言わざるを得ない仕上げに脱帽。

同社のHW製製品にも見劣りしない質感は、持ち主をしっかり満足させてくれる。

値段もKSCのモノにしてはお求め安く、気軽に触れてみるには良いモデルかな。

フルオートも楽しめるしぜひとも使ってみてほしい。

 

今回はここまで。

うんうん、やはりM93Rはフルオートが醍醐味だよね。

このあふれる反動とロマンが本当に価値が高い!

 

砂漠に潜む獰猛な獅子。

こいつのことを言うのかもしれない…。