管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

少し暗い部屋は落ち着いて過ごしやすい 休息効果を高くして体をいたわろう

 

「部屋の明るさって、気持ちと直結する部分がある気がする」

「暗い部屋で過ごすのって、自分にとってあってるんだろうか?」

空間が明るいか暗いかは結構人の好みがわかれやすい。

 

昔から物凄い明るい部屋より、若干暗がりのほうが俺は好きなのよ。

自分の部屋の天井には蛍光灯があるんだけど、あんまり使いたくないのね。

そこで別のライトを用意して、ぼんやり暗い部屋で過ごすことが多くなったんだけど…。

仕事からの疲れた気持ちと体を癒すなら、間接照明で部屋を照らすことをお勧めする。

光の量を調節するだけで地味にムーディになるものだ。

 

 

日中仕事をしたら落ち着く部屋で休みたいのが本音

 

日々お仕事をされているあなた。

毎日毎日大変お疲れ様でございます。

職場の人や取引先との神経を使う業務をこなし、げっそりとした表情で帰路につくだろう。

大変だよね、仕事をするって。

 

やっぱり人間、自分の住処=自宅に帰るとすっごくほっとするよね。

俺も同じくほっとするし、おうち大好き人間だからものすごく帰りたい気持ちが強い。

その中でもさらにゆったりできる場所といえばどこだ?

一人暮らしならあまり関係ないが、同居人が居た場合大きく関わってくる。

大半の人は“自分の部屋”じゃないかな?

もちろん俺だって全く同じだ。

 

日ごろ自宅で一番長く過ごすのは自室だから、いつでも快適空間にしたい。

そのために美少女グッズで固めて趣味色前回にしているが…。

今回はそこからすこし外れて全ての部屋に関係することで考えていく。

部屋には何かしらの照明があると思うし、たいていは天井から照らすことが多いよな。

それでも構わないがより落ち着く空間にしたいと思ったときどうする?

手っ取り早い方法が“部屋の照明をすこし暗くして空間づくりをすればいい”のだ。

これだけでも効果を意外と感じるものね。

 

 

 

部屋を暗くすると”情報の遮断”&”リラックス効果”が得られる

 

そもそもなんで部屋を暗くすると落ち着けるのかといえば…。

主に2つの効果が得られるからだ。

・特に視覚から入る情報が明るい部屋に比べて遮断されやすい
暗い部屋事態が副交感神経を優位に立たせやすい構造になっている

この2点の影響が強いようだ。

 

イメージがわきにくい人は、夜の道やオシャレなホテルのエントランスを思い浮かべてくれ。

暗い場所って昼間に比べて周りに何があるかわかりづらいよね。

人間は視覚から沢山の情報を得ているが、夜はそれがやりづらくなる。

だから少ない情報量で不安になりやすい代わりに、余計な情報に惑わされにくい。

外だと情報が手に入らず得体が知れないから怖い気持ちは湧きやすい。

しかし勝手が分かっている自室なら別に不安にならないよね。

ということは無意識に視界に入る情報が少ないのはメリットにしかならないのだ。

コール
寝るとき暗くするのとおんなじ感覚なのかな~。

 

 

もう一つ、リラックス効果についても言及しておく。

人間には体の調子を整える神経、すなわち自律神経が備わっている。

この自律神経もさらに2つに分けることが出来るのね。

超ざっくり説明すると…。

・交感神経=活発な動作をすると活動的になりやすい神経で、主に日中に優位に働く。
・副交感神経=体や気持ちを休めていると活発になりやすい神経。大体夜はこっちが優位に働く。
例えば夜寝るときは完全に体がリラックスしてるはずだよね。

気持ちも静かになっているので副交感神経がよく働いている。

その時部屋は恐らく多くの人が、真っ暗&豆電球の光のみだと思う。

これよりもう少し明るめの部屋で過ごすと。リラックス効果を早めに得られる。

部屋の天井照明ではなく、別のライトを用意して関節照明みたいにすると丁度いいのだ。

天井から全体を照らすより、そうしたほうが光量も抑え気味でかつ適度に暗くしやすいよ。

タート
疲れたから早くゆっくりできれば儲けもの。

 

ちょっと暗めにしただけで抱く印象が変わってくる

 

さっそく自分の部屋を例にしてどんな感じに変わるか見てみよう。

内装についてはあまりに気にしないでおくれ。

好きでこうなっているが。壁だけ見れば落ち着く部屋とは対極にあるから。

明るい・暗いに着目して考えてくれると嬉しい。

 

 

明るい部屋は全体を照らす普通な感じ

 

夜になった後、天井の照明をON。

いたって普通に部屋全体を明るくする。

 

御覧の通り部屋に置いてあるものが良く見える。

タペストリー・テレビ・パソコンなど色んなものね。

こういうのがはっきり見えると、視界に入っただけで無意識な情報と認識される。

自分で考えてなくても脳が勝手に情報として受け取るのだ。

当然その間は脳が活発に稼働するので体力を使うというワケ。

と言っても自覚できるレベルの疲れではないけどね。

だからそこまで神経質になる必要も無いっちゃ無い。

ただ積み重なると後述の暗い部屋より…といった具合か。

ダッフィー
Tシャツを脱ぎ散らかすんじゃない、みっともねーぞポンコツめ。
アザラシちゃん
ぴ~…。(せめて写真に写さないでよ…。)

 

ぼんやり暗くしただけで落ち着き度UP?

 

次は室内の照明を落とし、間接照明のライトに切り替え。

使ったライトは先日購入した商品レビュー用の照明を使うよ。

ありあわせのモノでやってみただけだが、果たしてどうなる?

 

こんな感じになった。

適当な位置から適当に光らせただけなので、色々と突っ込まれそうだ…。

ただ光の当たる部分が限定されたのから明暗がはっきりしてるよね。

手前のPCや座布団はだいぶぼんやりと見える程度に。

 

ここからは自分の体幹の話なんだけど、確かにちょっと暗いほうが落ち着くのよね。

視覚に入る情報量が減ったので脳が処理する量も減らせているはず。

それゆえか、同じ位置に座っても明るさが変わるだけでちょっと気分が違う。

暗いほうがなんとなくぽーっとする気持ちが強く感じるかな。

なんかとりあえず落ち着いてやりたいことをやろうという気分にさせてくれる感じ?

俺は日ごろ帰ってきたらブログだのゲームだのジムだの早くやらなきゃという意識が常にある。

けど暗い部屋にするとそんな急いた気持ちも薄れてしまいがち。

時にゆっくりしたいときは却ってそうしたほうが自分のためだな!

ジェラトーニ
いいから早く働きなよ(ニヤニヤ)

 

 

 

落ち着きたい日はぜひとも部屋をちょっと暗くしてみよう!

 

外から帰ってきてゆったりしたい人は、試しに部屋をいつもより暗くしてみてほしい。

こうするだけで地味ながらも気分を沈めてくれること請け合いだ。

とにかくストレス社会に晒され続ける現代人は、パーソナルスペースでくつろいだほうがいい。

一生懸命動く人ほど、ふとした時に体や気持ちをいたわって欲しい。

もちろんそうじゃない人も時にはゆっくり休んでちょうだいな!

 

暗くすると言っても当然自分の行動に支障をきたさない程度にね。

真っ暗だと本当に何も見えなくなって、コードに足をひっかけるとかあるからさ。

上手く光と付き合って昂った気持ちを静めてみてはどうでしょう?

 

 

今回はここまで。

暗い部屋って一般的にはマイナスイメージが強いけど…。

使い方によっては十分気分の清涼剤になってくれると俺は思うかな。

休息はマジで大事です。

疲れたらきちんと休もうな。

 

 

今日の部屋はいつもよりさらに居心地が良くて幸せだ♡