管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

FP3級に一発で受かるコツ 全ての分野を薄く広く何度も問題を解け

 

近年資格に関して情報を集めたり、話を聞くとよく出るもの。

“ファイナンシャルプランナー(FP)”って聞いたことないかな?

 

自分も内容を見て、これは取得して損はないかもと思って挑戦したんだ。

そしたら珍しく1発で合格できたので、やった勉強法を解説するよ。

取得を目指している人は、参考にしてもらえると嬉しいかな!

 

 

FP3級 多少適当でも一発で十分受かる

 

そもそもファイナンシャルプランナーって、何のことだ?

簡単に言えば、社会制度の仕組みやお金のことを熟知している人のことを指す。

勉強すれば、税金の種類や金融商品のこと、各種保険のことなどざっと学べる。

特にいちばん最初のクラスである3級は、かなり一般常識レベルを問われることが多い。

言ってしまうと、社会に出てから知っておくべきことが資格試験を通じて知ることが出来る。

難易度的にも挑戦する前は身構えていたものの、確かに別段難しくは感じなかった!

参考書を使って勉強すれば、十分一発合格は見えるぞ。

ぜひとも自分にあった勉強法を使って、取得に励んでもらえれば!

 

 

そもそも俺がFPを取りたくなったワケ

 

自分の場合、2つあるよ。

①社会人として知っておきたい常識を身に着けたいため
②会社の報奨金目当て

 

大きな動機としては前者で、後者はまぁおまけみたいなものだ。

正直なところ、未だにこの歳でも実家暮らしを続けているため…。

色んな常識が欠如しているのは、全く持って否定できない。

 

働いているとかかる所得税・住民税なども

「こんなに引きやがって、生活と活動のための資金が減るだろう(怒)

と誰もが抱くような感想を持っていた。

今でも大きくは変わらないものの、税金の仕組みや背景を少しでも知っておく。

さすれば、抱く感情は多少なりとも変化するものなのだ。

 

他にも投資信託やNISAの概要など、将来的な資金を作る制度のことだって勉強できる。

利用するしないは別として、知っておけば絶対に役立つことは間違いない。

やっぱり知識って、持ってるだけで人より有利になるもんだよ。

3級の知識なら、ある程度社会人をやってれば誰でも知ってそうなことばかりだし。

そういう意味では、社会常識を知るいいきっかけになると思って勉強したんだよね。

恐らくこれから勉強する方・既にしている方もそれが目当てじゃないかな?

 

 

勉強方法は自分にあったものでトライしよう

 

じゃあここから具体的にどう勉強を進めていくかを説明するぞ。

人によってけっこう勉強方法は色々変わるんだよね。

Omochiの場合は基本に忠実になるべく、参考書と問題集は必須かな。

効率だけを考えると、あまりいいものではないけど…。

中々要領よく知識が定着しない人には、この方法がお勧めだよ。

 

 

参考書と問題集は同じ著者のもの・シリーズを使おう

 

お勧めの参考書はよそで纏められているだろうから、ここでは扱わない。

その代わりに上記のことをまずは意識して欲しい。

大体参考書と問題集は、同じ著者・シリーズならばお互いリンクしている可能性が高い。

読んでいるほうの該当箇所は、もう片方の何ページを参考しろとか書いてある。

その情報があると、いちいちページを探す手間も省けて楽なんだよね。

なので参考書と問題集を選ぶときには、出来るだけ同じ著者・シリーズを使うこと。

 

 

勉強箇所は小分けにして出来るだけ毎日触れるべし

 

人によって、まず参考書をざっと先に一周する人としない人に分かれると思う。

自分の場合は、途中の区切りのいいとこまでやったら最初に戻るを2~3回繰り返していたよ。

それをやってから、次の新たな範囲へ勉強を進めていた。

なので参考書を一周する間に、都合2回以上は同じ範囲を全て勉強していたかな。

なぜかというと、やっぱり3~4日以上置いちゃうと勉強した部分を忘れるんだよね。

忘却曲線”というものがあって、詳しくはググって見て欲しい。

無意味な情報を覚えようとしたときに、1日経つと半分以上忘れるという事実がそこにある。

資格の勉強だから、多少なりとも興味はあるはずなのでそこまで酷く忘れるものではないが…。

それでも日数を置けばおくほど、勉強したことが頭から抜けていくのは本当だ。

参考書を1日で1週出来るならまだしも、そんなのほぼ無理でしょ?

だから数日間は同じところを複数回勉強して、少しでも定着率を上げようとしたわけ。

 

少なくとも頭の要領が決してよろしくない人にとっては、ゆっくり確実にやったほうがいいよ。

決して効率は良くないが、覚えられなきゃ意味がないし…。

 

 

参考書で概要を掴んだらすぐに該当箇所の問題を解く

 

何はともあれ、まずは先に参考書を開いて中身を確認しよう。

そこでは何について書かれているのか、さーっと見るだけで構わない。

範囲の終わりまで来たら、すぐに問題集を開いて解いていく。

最初のうちは、分からなくなったら参考書を見ながらでいいよ。

2回目以降からその頻度をどんどん減らして、問題を見て自分の力で解けばいい。

そうすれば段々問題のパターンがつかめてくるし、細かい数字や言葉も意味が分かってくるから。

これをある程度覚えるまで、ひたすら繰り返すのだ。

ラガン
最初はカンニングしながらでも構わない。徐々に見なければいいだけなんだぜ!
クロミちゃん
アタイのことは常に見なさい。このキュートで美しい顔をね!

 

 

薄くてもいいから必ず全ての範囲は目を通しておこう

 

これって時間の有る無し、試験の難易度にもよって柔軟に変えたほうがいいところ。

FP3級にいたっては、最悪時間が無ければ知識が浅くてもいいから広さを取ったほうがいい。

もちろん時間があれば、みっちり確認したほうがいいのは言うまでもないが。

 

実際の試験が全て選択制であるが故、あてずっぽうでも正解するときがある。

そのときに「なんかここ見たことある気がする…。」の状態だと正答率が上がりやすいんだよね。

複数ある選択肢のうち、明らかにおかしいものが切れやすいからだ。

残りは2択で悩んで…のパターンになるだろう。

最低限その状態に持っていくためにも、時間が無くても参考書は全て目を通しておきたい。

 

 

過去問演習は少なくとも3年分は解いておこう

 

ありがたいことにこの試験の過去問は、ネットで無料公開されている。

過去問題集を買う必要がなく、存分にフル活用させてもらおう。

数回解けば、苦手な部分が分かるだろうから後はそこをひたすらつぶしていけばおk。

 

試験は午前と午後に分かれているが、両者共に正答率が6割以上で合格だ。

なので過去問演習時に、7割以上安定して取れるようになれば合格は十分出来る。

実際自分がやったときも、最後のほうは大体7.5割~8割くらいを維持できていた。

試験結果も同じくらいか、ほんの少し低めに出たくらいで問題なかったよ。

ダッフィー
何事も安全マージンを取れるなら、できるだけとっておきたいよな。
ジェラトーニ
僕はそんなの要らないよ! いつでもいたずらする準備はおkだ!
アナゴン
君はしゃべるな。

 

この試験はよく「1ヶ月もあれば余裕」とか言われるけど…。

自分は念のため、3ヶ月くらい前から勉強を開始。

仕事がある日も早く帰ってこれれば、1日1時間ほどこんな感じで勉強していた。

時にはめんどくさくなってサボった日もあったけど、十分合格はもぎ取れた。

散々苦労した簿記2級と比べるようなものでもないが…。

心配性な方は、勉強期間のマージンを考えて速めに行動すること!

その期間ちょっとでも毎日レベルで触れていれば、問題ないから安心して!

 

 

余談:自分の兄の勉強方法

 

こっちは効率重視で、覚えるスピードが速い頭を持っている方向けの方法。

覚える自信があれば、断然こちらのほうがスピーディである。

 

本人から聞いた話だ。

曰く「とりあえず参考書を繰り返しさっさと読むと、どんどん覚えられる。

問題なんか課顧問演習だけでいい

というもの。

Omochiの勉強法から、問題集の部分を完全に取っ払ったやり方だ。

ただしその代わり、参考書を開く回数が半端じゃない。

通退勤時の電車の中で無理矢理にでも、寝る前の10分間などを余すことなく活用していた模様。

Omochiは逆に、このときにじっくり読もうと思ったとき以外は参考書を開いていない。

問題集とセットで確認したかったからね。

 

とまぁこんな方法もあるから、自分が良いと思った方法を使ってみて欲しい!

 

 

とにかく手を動かせば受かる可能性は十分アリ

 

そういうわけで、FP3級に対する具体的な勉強方法だよ。

自分は他の人に比べて頭の回転も遅く、知識の定着もしにくいと思っている。

だから時間をかけてちょっと泥臭い方法じゃないと、中々厳しいんだよね。

もしあなたがOmochiタイプに該当するなら…。

ゆっくりでもしっかり問題を解く手を緩めない。

ちょっと時間をかければ、確かに難しい試験ではないので問題ないだろう。

 

ちなみに自分が使った参考書と問題集は、安定の滝沢ななみ先生のもの。

この方も、簿記2級を勉強した頃に使った参考書の先生でかなりお世話になった。

やっぱりブログと同じで、文字一辺倒よりいろいろイラストがあったほうが読みやすい!

ぜひとも書店で試し読みをして、使うかどうかを判断してくれ!

 

 

今回はここまで。

資格試験は、自分がここまでやったという見て分かる証拠になるもの。

モノにも寄るが、FPならば勉強してもデメリットよりメリットのほうが大きいと思うよ。

 

 

なるほど、お金の知識を増やさないと色々損をしそうだ。