管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

優先席では携帯を使って問題ない理由があった 電源も切る必要も全くないので使ってOK

  • 2018年7月5日
  • 2019年12月12日
  • 電車

 

大変混みあう電車内では、みんなの強い味方になるのが携帯電話。

もちろん取り出せて迷惑が掛かりにくい状態でのみ、使うようにしてほしい。

 

しかし、何かと槍玉に上がりやすい優先席の目の前や席に陣取れた時に気になることがある。

「優先席では携帯の電源を切って欲しいと書いてあるけど、誰も守ってなくないかい?」

「なんか電波がペースメーカーに影響を与えるって聞いたけど、それ本当?」

と疑問に思う方がいるだろう。

 

先日Omochiも電車に乗ってて、車内の注意書きを見て気になったんだよ。

そこで調べてみたんだけど、別に優先席付近だろうが携帯の電源を切る必要はありません。

あの注意書きは、時代に取り残された遺物みたいなものだからもはや無視してもいいものだ。

 

 

“優先席では携帯の電源をお切りください”って何時の話だ

 

優先席って、普通の席よりも座る対象の方を狭めた席のことだね。

個人的には辛ければ老若男女問わず座るべきだと、確信しているけどそれはこの際置いておこう。

一般的には足腰の弱いお年寄り、妊婦さん、体に何らかの障害を負っている人が電車移動するときに重宝される。

 

電車の窓を見てみると、様々な広告や注意書きが貼られているよね。

優先席の窓付近だと、特に対象の方に席を譲るようにとか携帯の電源を切ってくれと書いてあるものが。

一般用の席に比べて、細かい注意書きが多い優先席付近。

 

特にかなりつらい満員電車だと、まず乗り込むのも現地へ到着するのを我慢するのも本当に苦労が多い。

ほぼすべての人にとって、非常に居心地が悪い空間になってしまう。

そんな辛い状態に、気を紛らわせる強い味方がスマートフォン(携帯電話)だ。

 

日本の電車内は、満員だろうがなかろうか大多数の人は自前のスマホから目を離さない。

その光景を見た外国人は、一概に異様さを覚えるほどとかなんとか聞く。

誰かと一緒じゃない限り、非常に頼もしいのがスマホなのだ。

 

しかしスマホも時と場所を誤れば、多大な迷惑をこうむる代物になりかねない。

(歩きスマホとか、そういうのはしてはいかんぞ)

昔から電車内の優先席付近では、鉄道会社からかなり強めに不使用をお願いされるほどだった。

だから車内の注意書きにも、携帯の電源を切れと書かれているのだが…。

最近思うけど、そんなの律儀に守っている人ってほとんどいないよね?

ということは、別にルールに従わなくてもいいってことか?

 

そうなんです、もはや優先席付近でスマホや携帯の電源を切る必要はなく普通に使っても問題ないよね。

しかしちゃんとした理由が浸透していないため、わけわからん注意を受けたことがある人もいるはず。

もしそうなった場合、考えられる対策とは一体何があるだろうか。

 

 

 

 

除細動器に影響はほぼ無しとの結果を受けて

 

そもそもとして、なぜ優先席付近では特に携帯の電源を切れと言われてきたのか?

それはペースメーカー(除細動器)に、悪影響を及ぼす可能性がかつて存在していたからだ。

これは心臓に疾患を抱えている人にとって、不慮の事態における対策の一つになる。

鼓動のリズムが不規則になると、電気信号を送り一定のリズムに整え直す役割を持つ。

当然心臓は人体にとって、超重要な器官の一つなので正常に動いてくれないと大変なことになるよな。

 

なんだけど、一昔前の携帯から発する電波がペースメーカーに悪影響を及ぼすと言われていた。

どうも調べてみると1997年から一年間にかけて、影響が有るかどうかを総務省が調べた実験があるようだ。

総務省

 総務省は、平成12年度から電波の心臓ペースメーカ等の植込み型医療機器への影響に関する調査を実施しています。  当該調査…

それによると、当時の携帯(2G回線)は現代(4GorLTE)に比べて外部機器への干渉が強い。

その影響が、ペースメーカーから15cmの距離でなんらかの影響が出ていたそうな。

 

ただ現在の携帯の通信回線は、ほぼ全くといったレベルの影響のなさであることが分かっている。

ITmedia Mobile

ペースメーカーなどを装着した人が近くにいる場合、携帯電話から15センチ以上離れることを総務省は指針として定めているが、総…

最大の電波強度でずっと携帯をいじるとは考えにくい上に、医療機器のほうだって日々進化を遂げてるよね。

言ってしまえば、普通では考えにくすぎる環境下で超至近距離で電波干渉を受けるかも?という可能性レベルの話になる。

影響は0%ではないけど、日常的に起きる可能性は殆ど0に近いと言ってもいい。

 

 

ちょっと脱線したから電車の中に話を戻すと、優先席に座る対象は健常者より何かのハンデを負うことが多い。

このペースメーカー使用者も、当然そこに当てはまるので座る人の中にいる可能性は高くなる。

でもそれだけ影響を受ける可能性が殆どなければ、今の注意書きの文言はもはや必要ないよね。

クタちゃん
要らないものをいつまでたっても残しておくのは、駄目な人間のすることクテャな…。
ヴィーゼ
お部屋のゴミをため込んでしまうのと同じくらい、無駄なことじゃないか?

 

 

的外れな注意文は弊害を生むから対策をしよう

 

さっきの理由から、うっすらとでもペースメーカー使用者の近くで携帯を使っても問題ないことは分かるでしょ?

もちろん電車内であろうが、全く同じことが言えるよね。

ただし残念ながら、鉄道会社がずっと掲示しているがゆえにいまだに駄目なことだと勘違いする人も多い。

特に年齢が上の世代は、そういう傾向が強いんじゃないかな?

実際に携帯をいじっていて、謎な注意を受けたことがある人は至る所で耳にするよね。

 

きっと電車(バスとかも)の中で、わけのわからない注意をされたことがあるって人はいるだろう。

「優先席だから携帯の電源を切れ!」

と注意されたみたいなね。

ネットでちょっと検索すると、被害者の怨嗟の声をたくさん目にすることが出来る。

大体これを注意するのは、年齢が上の世代が多い印象を受ける。

 

しかし前述した通り、今のスマホの電波はペースメーカー使用者に影響がないと言ってもいいレベルだ。

それをよく知っていない人は、電車に書かれた注意書きを長年目にしたこともあって注意したくなるんだろう。

特に頑固なタイプに多い、昔ながらの気質をもった上の世代にはそういう傾向を持った人がいっぱい。

 

 

実際Omochiも、過去何度かそういう注意をされたことがある。

友達にその話をしたら、お前見た目がチョロそうだから言われやすいんじゃね?」

とのこと。

否定できないけど、なんかそれはそれでやるせない。

 

一般席のあるスペースへ向かおう

 

そういう事情があるので、電車の優先席付近はいつもより気を付けたほうがいい。

まず発生する可能性のある所を、一個ずつ潰していくことが被害に遭わない最善の方法…。

もといそれくらいしかできないのだが。

 

 

注意される可能性が高いのは、満員電車よりも対して混んでないときのほうが多いと思う。

そもそも満員電車なら、人に注意するエネルギーを使うほうがよっぽどしんどいからね。

ということは、ラッシュ時以外の平常な時間帯における予防法だ。

発生しやすい場所には、なるべく近寄らないほうがよろしい。

 

席が空いていれば、一般の席のほうを先に座ることをお勧めする。

そっちが空いていなくて、優先席が空いているなら座りに行ってもいいがリスクは増えるよ。

まぁ俺は、割と構わず座りに行っているが。

ダッフィー
せっかく空いているのに、座らないのはもったいない…とのことだ。
コール
可能な限り、座って楽をしたいのはみんな同じだよね~

 

 

万が一絡まれた場合、完全に無視するのは難しい

 

もし運悪く、的外れな注意を受けた場合どうしよう?

本音を言えば、すべて無視してしまいたいのだが…。

それをすると、相手がさらに激情する可能性も否定できない。

 

 

しかし反論すると、それはそれでまた相手の怒りが増幅される可能性も高い。

どっちをとっても八方塞がりとはこのこと。

 

そこでお勧めなのは、一言も発せずにひたすら相手の目を見てスキを出さないようにすること。

自分の精神状態に余裕がないと、中々難しいことではあるが出来ると強い。

これ、口論になりそうなシーン全てに言えるが結構強い効力を発揮しやすい。

とにかくまず相手に一度全て言わせたいことは言わせると、余計な反発を招きにくい。

その間、自分は一切反論してはならないが相手の言うことを全て無視しておk。

不愉快だろうけど、本気で相手にしてはならないのだ。

 

相手の口撃が終わった後に、自分が言いたいことを言えばいい。

頭に血が上って難しいけど、冷静にクールな対応をすれば何とかなる。

今回の優先席での携帯使用について言えば

「結局何が言いたいんですか?」

「とりあえず、総務省が発表した最近のデータを読んでこい」

と言えば、少なくともそうそう相手は反論できないだろう。

 

 

かっとなった相手には、基本的に何を言っても無駄なので本気で相手にしないこと。

腹立つけど、あなたのスルースキルがめちゃくちゃ試される瞬間である。

 

 

携帯を使う分には何ら問題が無い

 

そういうわけで、別に優先席付近だろうが携帯を使うことについては問題がないのだ。

故にあの電車内注意書きも、今ならば正直必要のないものだと思うんだけど…。

何故か一部の鉄道会社を除いて、かたくなに残しているよね。

 

とにかく、あなたがわけのわからない注意をしてくる人につかまらないように祈るばかりです。

もはやまっとうな理由を突いた注意でもなんでもないからね…。

おかしいと思うことには、声を上げていかないとな。

 

 

 

今回はここまで。

配慮をしてほしいならば、もっと理由が分かりやすい注意書きにしてくれたほうが…。

まだそれならば、しょうがないと納得する人も増えるかもしれないけどね。

 

 

あなたもスマホ使っているじゃないですか(笑)