管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

電車で化粧をするのは非常に迷惑 周りから嫌がられる3つの理由とは?

  • 2018年4月12日
  • 2019年12月12日
  • 電車

 

しんどい満員電車でも、時折化粧をする人見たことないか?

「電車で化粧をする人って、いったい何を考えてやっているんだろう。」

「迷惑行為にしか感じないけど、この人はそれが分からないのか?」

とモヤモヤする周りのお客さんはかなり多いはず。

 

ここでは「電車内における、化粧をする女性がどれだけ迷惑な存在か」について見ていく。

あなたはいいかもしれないけど、周りはどう思っているかちゃんと考えたことはあるんですかね?

 

 

電車内で化粧をする女性…

 

満員電車内は、とんでもない量の人であふれかえる。

多くは耐えがたいストレスから早く解放されることを願い、ひたすらおとなしくしている人たちだ。

一日に使える労力のリソースは限られているため、できればこんなところで極力消費をしたくないんだよね。

 

しかし、たまーに奇特な乗客を目撃する時もある。

周りのみんなとは明らかに違う行動をとる人って、見かけるときがあるよね。

今回はその中でも、化粧をする女性について焦点を当てていきたい。

 

 

ぶっちゃけさあ、この電車内で化粧をする女性についてどう思う?

と言っても、この記事にたどり着いた読者さんなら間違いなくマイナスの印象を持っている方が大半だろう。

正直言わせてもらうと、電車で化粧をするって本当に迷惑な行為にしか感じないよね。

本人はそんなこと微塵にも思ってないだろうが、周りはかなり迷惑に思うってことを自覚してほしい。

 

 

 

全く整っていない外への臨戦態勢

 

男性でも女性でも、外に出る前は普通だとある程度きっちりしてから出るよね。

近所に10分とかならどうでもいいけど、一日外に出る場合は外面を整えてからが一般的だよな?

例えば顔を洗って、髪の毛を整えてなんて日ごろからしている人だったら当然するべき行為だ。

 

化粧だってある程度年齢を重ねた女性なら、外に出る前準備として普通は自分に施すはず。

なのに車内とはいえ、一般的にいう”外の空間”である電車の中でその準備をするというのはいかがなものか?

つまり家を出た段階で、その準備すらまともにできていないという証拠になるわな。

 

女性の命ともいえる、化粧すらせずに外に出てくる人なんて果たしていいと思うだろうか?

20歳以上の方なら、やって当然とされるものだからかえって何もしないと目立つんだよね…。

本来人に見せない部分を、堂々と外でやるのはさすがにちょっと…。

 

加えて化粧という行為そのものにも、周りにとっては非常に困るんだよね。

具体的に周りはどういうところが困るのか、ちょっと考えてみる。

 

 

化粧品の香りがキツイ

 

俺は男なので、化粧品について詳しく知っているわけではない。

それでも化粧品の持つ誰でも知っているような特製くらいならば、俺だって知っている。

 

その中の一つが、化粧品のにおいだよね。

メーカーごとに?色んな香りづけがされているモノがあるけど…。

嗅ぎ慣れていない人が、至近距離で嗅がされるとかなり不快に感じる可能性が高い。

いうなれば、香水をかけすぎたパターンとほぼ同じような被害だね。

 

嗅がされて不快に思うと、場合によっては気分が悪くなって倒れてしまう人も出るという実害付き。

そのせいで駅員が対応に追われて、電車自体が遅延する原因にもなりかねない危険の一つだ。

ダッフィー
臭いのはさすがにきついぜ…。何だこれは、拷問か?

 

 

周りに汚れをまき散らす

 

化粧品は、チーク類などの粉状のものや口紅などの固められたモノなどあるよね。

あれって、服とかに付着するとめちゃくちゃ落ちにくいってイメージがないか?

落す方法は調べれば見つかるものの、単純に水拭きしただけでは普通は落ちない。

 

よって普通の汚れに比べて、その場でサッと落とすことが難しいものになる。

そんなものを廻りに蒔き散らかしながら、化粧に奮闘している女性を見るとどうだ?

いつ自分にその汚れが降ってかかってくるかわからないから、嫌な意味でドキドキするだろう。

女性のほうも(多分)気を付けてやろうとしているんだろうけど、100%周りに害を与えないのは不可能だ。

そんなことを気にしながら、圧迫状態の中で過ごすのってさらに気が滅入るよな…。

アナゴン
普通に乗っていても気にすることが多いのに、余計な心配事を増やさないでくれ。

 

 

電車内で化粧中の人に限って自己中炸裂

 

そんな厳しい状況の中、わざわざ化粧をする人は周りが見えていなく自分の事しか頭にない。

顔をこの場で整えるということは、電車内で降りた後に完璧な姿を見せたいはずだ。

その途中経過にある周りの目は正直どうでもよく、何か言われても間違いなく気にしない。

 

だから極論を言ってしまえば、最悪周りに実害が出たところで殆ど悪いとも思ってないだろう。

そんな奴、自分の真横に居たら本当に不愉快でしかないよね…。

皆辛い中、必死に自分を押し殺しているのに一人でもそのタガを外すような人が居ると…。

それが許されるなら、毎日満員電車は殺人が起こっていても何ら不思議な空間ではなくなるだろ?

 

 

社会からの認識は迷惑行為であることが多い

 

個人レベルで検証してみると、電車内での化粧は賛否両論だ。

別に気にならんという人もいれば、めちゃくちゃ気になってしょうがないからやめてくれと真っ二つ。

 

東洋経済オンライン

朝の通勤電車。1日の始まりはさわやかな気分でいたい。しかしながら、乗客のマナーの悪さでさわやかな気分が吹き飛んだという経…

どうも東洋経済ONLINEだと、男性側が気にしない人が多く女性のほうがかえって気になるという結果らしい。

これは自分が思っていた反対の結果だから、ちょっと驚きでもある。

てか男性側が気にしないって、何かの間違いじゃないのかと勘ぐってしまうほどね!

 

ただやっぱり、電車を運営する鉄道会社の言い分だと明確な迷惑行為ととらえられている。

不快に思う人もいるし、電車の揺れで化粧道具が飛んでいき汚れやけがを負わせる可能性も考えられる。

だから禁止行為ではないものの、控えてほしいと言っているようだ。

 

やっぱり迷惑行為以外の何物でもない

 

だから概ね、迷惑だと捉えている場所や人のほうが多いと言っても差し支えないだろう。

実際に自分が車内で化粧の最中である女性を見た時、めっちゃくちゃ思うもん。

「うわあ…。すげえ必死に化粧している奴がいるよ…。早く止めてくんないかな。」

とね。

 

 

周りにも自分にも場合によっては、危険な目に負わせるかもしれないので気をつけろ…。

じゃなくてそもそもやるんじゃない。

時間がないとかは完全なるただの言い訳にすぎん。

無い時間は、無理やりにでも自分で捻出してから使いなさい!

じゃなければいつまでたっても、電車で化粧をするあなたは迷惑モノでしかないことを肝に銘じろ。

文句を言われても仕方のない立場だということを自覚してくれ。

 

 

 

今回はここまで。

あまり言いたかないけど、出勤時はもうすでに会社員としての姿をしているわけだから…。

それまでには、きちんと身支度を整えてから外に出ましょう!

あなた自身の安全にもつながるし。周りへ不快な思いをさせないために…。

 

化けるってこういうことか…。