管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

電車(特に満員)に初めて乗る人のために、気を付けたいポイントをまとめたよ。

  • 2018年11月16日
  • 2019年12月12日
  • 電車

 

あなたは日ごろ、電車を使って移動することが多いですか?

使っているなら、その電車内はどれくらい他の人が乗っていますか?

 

満員電車に乗り慣れない人にとって、あれだけ人が固まっている絵面はかなり衝撃的だろう。

「これから乗る生活が待っているんだけど、色んな所で恐ろしいと聞く。」

「そんな乗り慣れていないときって、いったい何に注意すればいいの?」

 

そんな電車初心者さんのために、日ごろ乗る(しかない)自分が身をもって学んだこと。

注意したいポイントをざっとまとめてみたので、確認してみてもらいたい。

 

 

初めて乗る満員電車は想像以上にエグイ

 

自分はね、社会人になるまで本格的な満員電車に巻き込まれる確率が別に高くなかったのよ。

電車を通学で使い始めたのが高校生だったが…。

その頃は下り路線で、各駅停車でも10分ほどで済んでいたから特に混んでいなかったんだよね。

(当時から小田急線を使っていたよ)

 

大学生になっても、確かに1年生のときは1時限目の授業がある日について満員だった。

しんどかったけど、大学生だと授業の時間を調整することもある程度は可能だよね?

だから2年生以降は2時限目以降の授業ばかり取っていたため、最悪のラッシュ時は免れてたんだよ。

 

 

そして就職した後は、待ってましたとばかりの満員電車に巻き込まれることになった。

路線の上りなうえに、出社時間も決まっているためどうしても他の人と乗る電車が被るんだよね。

あっという間に満員電車の出来上がり。

 

とにもかくにも、新しく電車で通勤・通学をする人。

その中でもある程度乗客が多い路線が予想されるであろう人には、注意したほうがイイポイントがある。

本記事でまとめたので、乗る前にはぜひとも覗いてみてほしい。

 

 

誇張抜きで笑えないくらいしんどい

 

現在自分は、ラッシュ時+上り方面のダブルコンボですさまじい混雑っぷりを毎日味わっております。

本当に駅員が無理矢理押し込む姿とか、何度目にしたかわからないくらい。

ネットや人伝いに聞いた、戦慄のエピソードは誇張されていないことを身をもって経験した。

 

あの辛さは乗り込んだ人でないと、本当にわからないだろう。

乗る機会が無い人は、あまり想像が出来ないかもしれないけど…。

冗談抜きに、あれに乗り続けてたら精神がおかしくなるのも無理はない。

 

電車に揺られる人間は、みんな死んだような目つきをしているとか言われるだろ?

自分も最初は、さすがにそこまでなるか?と思っていた。

しかし乗り込んで3ヶ月くらいしたら、同じ目つきになっているのを感じている。

 

乗り慣れていなければ、この疲労感はさらに強まる。

出来れば慣れるべきものでもないのだが、どうしても電車を使わざるを得なければ適応するしかない。

乗るには覚悟を固めないと、とてもじゃないけどあの空間で生き残るのはかなり難しくなる。

ジェラトーニ
う~ん、世紀末ってこういう時に使えばいい言葉なのかな?(ニヤニヤ)

 

慣れてない人向けへ乗る時の注意点

 

とにかく使い以上、慣れるしかないのはなんとなくでもわかっただろう。

そこで、乗り慣れていない人には特に乗るにあたり、この辺を注意してもらいたい。

 

 

複数人の押す力にはまず勝てません

 

どれだけ駅員のアナウンスがあったところで、四方八方からの物理的な圧力は防げない。

皆何とかして乗ろうとするから、必然的に押し込む・押し込まれるのは発生しちゃうんだけども。

 

最初のうちは、その力に抵抗するのが非常に大変なので流れに身を任せたほうがイイだろう。

しかし完全に力を抜いてしまうと、転びそうになったり無理な体制で固定されて却ってつらくなる。

なので最低限の力だけ使って抵抗して、あとはもう流れに身を任せるしかない。

 

 

絶対に周りに気を許すな

 

基本的に満員電車内は、自分や周りもほぼ余裕がない。

スペース的にも、精神的にも普段と全く違うのでとてもじゃないけど余裕なんか出るわけない。

加えてみんな、何とかして自分のスペースを確保しようと必死なわけだ。

そこで相手に遠慮しすぎたり、気を許すと自分が損する可能性がいつもよりかなり高いよ。

 

正直に言えば、相手が何かのハンデを折っているわけではない限り…。

俺はある程度の我を廻りに誇示したほうが良いと考える。

この場所って決めたら、意地でも動かないようにするとかね。

そうしないと、ずるずる引き込まれて非常に辛い思いをするわけだ。

だから周りの人間に気を許さず、全員敵だと思っておいたほうがまだ防衛本能が働くよね。

ただし、だからと言って好き勝手に車内でふるまえと言っているわけではないので勘違いしないように。

 

暗黙のマナーには目を通しておいたほうがイイ

 

車内では我を見せつつ、気を付けるべきマナーも存在するわけだ。

とにかく他人にやられて嫌なことは、少しずつでも避けていくと余計なトラブル回避につながる。

詳しくはこちらに細かく書いたので、慣れていない人はぜひ目を通してくれ。

 

電車内でのほう。

関連記事

  「あの辛い満員電車でも、気を付けなければならないことってどれくらいある?」 「乗り慣れていなくて、これから使うようになるんだけどそもそも何を気を付ければいいの?」 という、満員電車初心者さんは不安に思うだろう[…]

 

 

電車外(駅やホーム)のほう。

関連記事

  日々通勤に電車を使っている皆さま、大変お疲れ様でございます。 何かと満員になりやすい電車の中だと、気を付けることはいっぱいあるよね。   しかし、逆に電車の外=駅だとどうだろう? 「結構[…]

 

 

基本的に満員電車内はクズしかいない

 

日本人は、他人を思いやる気持ちが強い民族性だとかTVなどでよく見るよね。

それは日常の平和なシーンに限り、人によっての話だ。

そうじゃないシーンの場合、日本人は結構冷徹なもんだよ。

 

特に電車内に関しては、何度も言うけどみんな余裕が全くない。

だから自分さえ良ければ何でもいい、という考えが非常に強く出やすい。

俺もそうだもん。

よって残念ながら、この時の日本人は基本的にクズしかいないと思ってもらって良い。

 

上に挙げた通り、とにかく周りの見知らぬ人間には気を許すな!

そして絶対に味方だと思い込まないこと。

コール
哀しいけど、散々被害に遭っている本人はかなり疑心暗鬼になってみたいだね~…。
クタちゃん
ぎっちぎちに詰め込まれるのは、誰だって嫌だクテャ。

 

大型の荷物をもって乗り込むなら、針のむしろの視線を喰らう

 

ときおりスーツケースを持って、満員電車に乗り込む人が居る。

荷物が多いから、それを引っ張るのはまぁしょうがないよね。

しかしその状態で乗るなら、周りの迷惑そうな視線は必ず刺さります。

 

仕事だろうが遊びだろうが、その荷物だけで人間半分~一人分のスペースを余分にとる。

おまけに高さも中途半端だから、近くにいる人は体制のバランスを崩しやすく危ないよ。

なので非常に迷惑がられるのは、覚悟の上乗るべし。

別に乗っても構わないけどね?

ヴィーゼ
ちょっと余裕がなさすぎるような…。
スティッチ
ならヴィーゼも、一日中きっつきつに丸め込まれたまま過ごしてみるかぁ?!
ヴィーゼ
お断りだよ! 絶対に嫌だ!

 

 

もはや乗る時は達観して諦めておいたほうが健全かも

 

しんどいのだが、全てに目くじらを立てるとぶっちゃけより疲れる。

満員電車は、なんかの修行の場で辛いものだとあきらめの視点を持っておいたほうがいい。

 

究極を言ってしまえば、個人レベルでどうにかなる問題でもなんでもない。

だからそれを使うなら、こういうもんだと割り切って考えないことが大事なんだよ。

人間、どうしようもない状況を目の当たりにすれば自然とあきらめもつくからね。

 

 

日常を過ごすにおいて、基本的にあきらめるのはよろしいことではない。

しかし満員電車に限って言えば、マジでどうにもならんので,,,、

 

 

 

とにかくしんどいものだという認識と覚悟を持て

 

皆辛い目に遭っているんだから、あなたも我慢しろ。

別にそれを肯定するつもりはないのだが…。

満員電車に乗るなら、あなたも(意図せずとも)仲間入りになるので覚悟を決めておきましょう。

 

思い切りがイイ人なら、嫌に感じた時点ですぐに脱出する方法を見つけてオサラバできるだろう。

しかしほとんどの人(自分もそう)は、生活の兼ね合いを考えるとすぐには脱出できるわけではない。

数年~数十年乗り続けることになるのは、もはや約束された呪縛とも考えられる。

 

これからそういう電車に乗る人は、そういうカオスな空間だということを強く認識してもらいたい。

各所で書かれている、満員電車に関わるエピソードや辛さは誇張抜きにそのままが多いから。

ホント、なすすべもないからね。

 

 

今回はここまで。

これに関しては、早いうちにとりあえず頑張って慣れてねというほか無し。

一ヶ月も乗れば、大体勝手がわかってくるからそれまではもみくちゃにされて耐えるんだ。

いや、もみくちゃ状態はしばらく続くんだけど…。

 

 

あなたはこのサバイバル空間を生き残れるか!?