管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

東京マルイ M&P9をゲット 羽のように身軽な黒き銃

「S&W社が誇るポリマー銃、出来栄えはどんなもんなのか」

リボルバーを送り出したアメリカの銃器メーカーも、時代の流れに乗る。

長年のノウハウから練りだされた、樹脂製のM&P9はいかほどに。

 

今回はこのモデルを東京マルイがエアガンと化した。

そのレビュー記事だよ。

デフォルトでちょっとした付け替えが出来る工夫、有り難いなぁ!

 

法組織での活躍が期待される M&P9

2005年に米国のS&W社(スミス&ウェッソン)が開発。

当時の流行はやはりポリマーフレームで銃を作ること。

軽い上に耐久性が高いとなれば、使い手からは引く手あまただ。

 

昔はこの会社、リボルバーで大成功してたんだけど…。

オートマチック式の銃は専門外で、段々それが席巻され始めると苦しい展開に。

一時期勢いが滑落してたが、2000年過ぎくらいから徐々に復権。

2006年に本モデルが、この会社のオートマ銃として勢いを増してきたよ。

 

そんなS&W社を助けたモデル、エアガンでもラインナップされている。

今回のは東京マルイが手掛けた”M&P9″をご紹介。

スマートかつ凄く軽いので、これぞポリマーの本領発揮かな!

 

しゅわしゅわした背景のパッケージ

さて、さっそくパッケージから行くよ。

背景は白地と、薄い茶色のグラデーション。

真ん中にでかでかした製品名と銃の写真が載ってある。

MはMilitary、PはPoliceを指し法的機関での運用が目的。

世界中の警察で使われている名銃だそうよ。

 

蓋を開けてみると、内容物はこんな感じで収まる。

黒い型紙に、本体やマガジンが収められている。

半分ほど本体が沈み込むタイプで、がっちり型抜きではない。

右にはパームスウェルとよばれるパーツがあるが、後述するね。

 

因みにこれ、吾輩が大学生だったころ友達の友達から買い取った。

殆ど使わなかった新古品的な感じで、予備マガジン一本もおまけで。

ラッキー!

 

外観は黒が大半 グリップは一部灰色

箱から取り出してみよう。

全体的な色合いは、ほぼ黒い部分のみ。

その中でも一部パーツは黒というより灰色に近い色合い。

そのためため全て真っ黒一辺倒ではないな。

 

ホールドオープンすると内部のバレルも真っ黒

残弾が無くなるとスライドが止まり、ホールドオープン。

スライドの位置はここまで下がる。

思ったほどスライドは動くわけではない感じかな?

 

因みにアウターバレルがわずかに斜め上を向いている。

これ、別に故障でもなんでもなく元々そういう仕様。

確か実銃でも、こんな感じにちょっと上を向いているみたい。

 

刻印はところどころにあっさりと

さて、細かいところに入るけどまずは刻印から。

一枚目はボディ左側に彫られた刻印。

色が黒くて正面からだと文字がつぶれて映るため、斜めから撮影。

製品名の特徴的なロゴと、STAINLESSの文字が。

ステンレス合金を表しているのだろうか。

もちろんエアガンなので、合金は使われていないけど。

 

二枚めはボディ右側だ。

スライドにS&W社の名前が、ボディには東京マルイの刻印。

マルイ社の刻印が小さめで、これは控えめでよいポイント。

 

ハンマーはスライドの中にかくれんぼ

次はスライド後方部に移動しよう。

ハンマーレスタイプなので、そもそもハンマーが外に出てない。

何かに引っかかる心配性は皆無。

個人的にはハンマー露出型のほうが好きだけど。

 

スライドが波打っているのは、セレーションと呼ばれる滑り止め。

指で挟んで引くときに引っかかってくれる役割を持つ。

そしてその下には、上げ下げできるレバーのパーツがある。

この銃のセイフティは2つあり、一つはこのパーツだ。

レバーを下げると(写真の状態)セイフティが解除。

逆に上げるとセイフティがかかるよ。

片手で握った時、親指からでも容易にアクセスがしやすい。

 

リアサイトから狙いを定めるとこんな見た目。

気持ち大きめなホワイトドットが3点入っている。

よってハンドガンの中では狙いを定めやすいと思う!

 

トリガーはセイフティ機能いり

次はトリガーを見ていこう。

トリガーは曲線のツメを描いたオーソドックスなモノ。

上下でパーツが分割されているのが見えるよね。

これ、トリガーでセイフティも兼ねているのだ。

上半分だけでトリガーを引こうとしても、上手く引けないようになってる。

 

トリガーガードは角ばっているものの、かどは丸みを帯びたデザインになる。

そしてボディとガードの結合部付近にあるのは、マグキャッチボタン。

位置は押しやすい。

ただグリップと模様が丸被りしており、パッと見じゃボタンに見えない。

アナゴン
このボタンは隠れるのが上手いな…。俺も見習わなければ…。
アザラシちゃん
ぴ~?、ぴぴぴー。(一体アンタは何と闘うってのよ?)

 

ボディ裏側は思ったよりパーティングラインが…

メーカーごとに、どこまで処理が丁寧化が問われるところ。

残念なところだが、結構がっつりパーティングラインが残っている。

一昔前の同社製モデルである、タクティカルマスター並みだ。

こっちはそこまで昔じゃないはずなのに、ずいぶん線が濃い…。

 

写真上に映るアンダーレイルは、各種フラッシュライト等が装備可能。

好みに合わせてオプションを装備させるのもアリだ。

 

グリップはランダムパターンのチェッカリングと曲線

気を取り直して、グリップを見ていくぞ。

一般的な銃のグリップと違い、ぶつぶつしたチェッカリングではない。

ランダムパターンの滑らかな?、滑り止めが波打つ曲線で配置されている。

一番下にはロゴマークもしっかり入っている。

このグリップだけ、ボディよりも灰色がかった色味かな。

 

パームスウェルはグリップの太さを調整できるパーツ

ここでパームスウェルについて、説明をしておこう。

パッケージを開けると右端に2つ黒い物体があったでしょ?

あれはグリップの太さを調整するためのパーツだ。

まず取り外し方からいくで。

特に工具は必要ない。

手だけで簡単に操作できるよ。

作業に入る前にマガジンを取り外しておく。

 

この黒いパーツを左回しに、90°回転させる。

すると2枚めの写真のように、パームスウェルを固定させるピンが抜けるよ。

 

後はそのまま剥がすように引っこ抜ければ外れる。

その後、好みのサイズに換装して固定すれば完了。

 

全てのパームスウェルを単品で並べると、こんな感じ。

左からS・M・Lよ。

Lだけ上部のパーツが延長されているね。

 

装着した状態で、上からS・M・Lで並べてみたよ。

握った感じとしてはこんなもん。

Sは小さいだけあって、シュッとした感じの握り具合。シルエットも、一番抉れた形状になっている。
Mは中間サイズなので、握ったらちょっとふわっとした握り具合。見た目はSよりも、抉れた角度が抑えられている。
Lは最大サイズで、握ると明らかに他二つよりも太く感じる。しかしそれでも、グリップ自体は太くないため日本人の手の大きさでも問題ない。

基本はMでいいと思うよ。

 

マガジンはシャープな斜め線が入る

最後にマガジンを。

ダブルカラムタイプの真っ黒マガジン。

実弾の数を表すインジケーターの刻印いり。

うんうん、かっこいいぜ!

 

総合評価

いつものように、各項目100点満点で採点。

その後、平均点を算出した点数が最終的な評価になります。

エアガンコレクション観点で、それぞれ評価してくよ。

 

仕上げはポリマーだからかプラスチック それよりライン残りすぎ

67点

正直、ポリマーフレームのモデルってすごく比較しづらい。

なんせ実銃ですらフレームの一部は樹脂だからな。

やっぱ金属に比べると重厚感は欠けるので、悩ましいところ。

 

仕上げとしては、落ち着いたブラックで無難な仕上がり。

重厚さはさほど感じないものの、手堅くあっさりと固めてきている。

ただパーティングラインが濃く残っているのはいただけない。

それ以外大きな不満はないかな。

 

パームスウェルで太さを調整できるのは凄くうれしい持ちやすさ

83点

パームスウェルの存在が大きい。

微妙な違いではあるが、好みの太さを選べるってのは高ポイント。

たかが数ミリ、されど数ミリ。

見た目ではわかりにくい差だけど、握ると地味に差が出るからな。

 

加えて、非常に軽量なのも魅力的。

重さが600gちょっとしかなく、とてつもなく軽い。

同社製のデザートイーグル別メーカーのコンストリクターの1/2ほど。

銃のサイズ自体は普通だが、驚くほど軽いので疲れにくいのもうけあい。

ジェラトーニ
まるで僕並みにスリムで軽い天使のような存在だね(ニヤニヤ)
ダッフィー
とりあえずお前は黙っていろ。

 

ブローバックはキレがあるがちょっと軽め?

65点

ここに関しては、素早くビシッビシッとスライドが動いてくれる。

樹脂製だから、キレも中々にあり素早いスピードを実現。

ブローバックの強さ自体は普通レベル。

だからすごい衝撃が感じるわけではないかな。

 

お値段はマルイ製でノーマルランク

67点

実売価格で約12,000円くらい。

やはり東京マルイ社製では、よくある標準的な値段帯だね。

 

最終評価

70点

手堅くまとめてきたポリマーフレーム銃であった。

良かった点は、グリップの太さをある程度任意に変えられるところ。

こうやって、ユーザーにある程度の選択肢を与えてくれる銃は嬉しよね。

もちろん実銃でも同じパームスウェルを採用してる。

その辺はリアルにこだわっていると思う。

相変わらずパーティングラインだけは本当に残念だが…。

 

今回はここまで。

今までリボルバーを主軸にしたメーカーが、頑張って参入した市場。

使い手のツボを押さえた、使いやすいオートマ銃の完成。

腐っても老舗のメーカーである、この底力は簡単に覆らん。

 

さぁ、手を挙げて伏せろ!