サイト内検索はTOP左上 お問い合わせは右上のメニューからどうぞ しばらくArcaeaの攻略記事を投稿予定 5/1エアガンレビューまとめページ(TOPから)公開

長大グロック好きは超マスト!東京マルイ製グロック34をレビュー

「グロックのロングスライドバージョンが気になる」

このシリーズって、スライドの長さだけで色んな種類があるよね。

雰囲気自体はどれもかなり似ているのに、ある意味バリエがすごい。

 

今回は東京マルイ製の”グロック34”を入手。

使い心地などをレビューしていくよ。

細身ながらも長いスライドだと迫力がまた増すなぁ。

 

グロック34は同じ系列の中でも最大最長クラス

オートマチック式ハンドガンと言えば、よく見かける拳銃タイプ。

その中でもメジャーなシリーズがいくつかある。

M1911A1や、M9といった金属製の実銃は見る機会も多いと思う。

ただ時代が流れもっと耐久性・軽さを追求し始めると…。

樹脂で作ったハンドガン作ればいいんじゃね?、的な空気に。

 

そこでオーストリアのメーカーであるグロックさんが動いた。

銃器と言う発想から脱却した考えで、ポリマーフレームの銃を完成させた。

それが名銃”グロック”シリーズであり、最初に樹脂製の銃としして成功したんだって。

一部ではあるが、樹脂にしたことに耐久性と軽量化が大幅アップしたそうな。

タート
実物って対して大きくなくても平気で1.5kgとかあるからね。

 

このモデル、見た目は近しいながらもいろんな差分モデルが存在。

ベースの17からスライド、マガジンの大きさが変わったりしてね。

更にかなり有名だからか、国内外のエアガンメーカーがよく出している。

吾輩が選んだのはグロック自体はじめてなので、安心の東京マルイ製。

今回はマルイのグロック34をレビュー。

元のモデルから競技用カスタムとして、銃身が長くなったタイプだ。

大柄になったぶん、見た目の迫力は増えるよね!

 

白い背景に映える黒きグロック34の外箱

さっそく製品を見てみよう。

まずはパッケージ。

御覧のように、マルイ製のパッケとしては割とシンプル。

背景が白一色で、グロックのグレーボディとの対比が強め。

あっさりした味付けの箱だね。

 

御開帳した姿。

中身は箱の白さと打って変わって、黒い落ち着いた装いだ。

半分だけ沈むくらいの深さに収められた、ボディとマガジンが顔を出す。

写真ではマガジンが本体にも刺さっているけど、あれは買い足したもの。

これ、過去サバゲーで使ったことがあて予備マガジン一本だけ持ってるんだよ。

製品自体はマガジンが一本しかつかないので注意。

 

写真は真っ黒に見えるが灰色寄りのボディ

箱から取り出してみよう。

灰色がかった黒い色合いのボディ。

樹脂製だからなのか、全体的に曲線が多い印象。

角ばった感じではないな。

因みにベースの17モデルと比べると、スライドが少し長い。

スライドと銃身下部の銃口部分を見るとわかると思う。

少しだけ銃身よりスライドのほうが長いよね。

これがグロック34の最大の特徴といえる。

 

恐らく競技用=精密に狙うためにこうしたものと思われる。

銃身って長ければ長いほど、精密射撃がしやすくなるから。

スナイパーライフルがやたら細長いのとおんなじ感じだろうか?

 

ホールドオープンすると細身ながら迫力あり

弾を撃ち尽くすと、スライドが後方でストップするよ。

いわゆる”ホールドオープン”状態だね。

写真の位置までスライドが後退する。

ニョキっと突き出たインナーバレルも、ボディと同色。

外見も中身ものっぺりぎみ。

 

刻印は随所にあまり目立たずに彫られる

ではでは、銃に彫られた刻印を。

銃左側のボディには、グロックのロゴと国名に使用弾薬が書かれてる。

ただし大人の事情で、“GLOCK”ではなく”CLOCK”に変更?してあるの。

正式ロゴはライセンス料を払わないと使えないみたい。

ただそうすると、販売価格に影響してしまうため苦肉の策だろう。

 

右側のボディには、製造番号?かな。

それといつもの東京マルイ社製という旨の英文。

その辺は小さめで主張感はあまりない。

 

ハンマーはスライド内部にhide

スライド後方に目を移す。

御覧のように、この銃はハンマーが露出していないタイプになる。

よって何かの拍子に、ハンマーを引っかけることはないよ。

関係ないけど、写真下に映る謎のくぼみって何のためにあるんだ?

 

ハンマーからリアサイトを覗く。

Uの字型にホワイトラインが入っており、狙いが付けやすい。

細かく地味だがこういう配慮は嬉しい。

 

トリガーはセイフティの役割も兼ねる

次はトリガー周辺部。

トリガーは一般的なツメ状である。

実はこのトリガー、セイフティの役割も持っている。

一部出っ張った部分があるが、引き金全てを引かないと弾が発射されない。

少しでも暴発を防ぐための安全装置だな。

 

そして、デフォルトのままだとこの位置からトリガーが動かない。

一度スライドを引いて戻さないと、引けるようにならないぞ。

 

裏側にはまだパーティングラインが残り気味

さてさて、銃の裏側を見ると仕上げの丁寧さが分かりやすい。

どうかな?

残念ながら濃くはないけどパーティングラインが残ってしまった。

出来ればぜひとも消していただけると有り難いところ。

 

銃の先端にはアンダーレイルがついており、フラッシュライト等が装備可能。

加えて銀色の番号が書かれたプレートが見えるよね。

シリアルナンバーが彫られていて、ボディ側に動かすとトリガーロックがかかる。

このモデル、二重にセイフティがある慎重仕様なのだ。

因みに実銃にはプレートのセイフティが無い。

 

グリップは浅目ながらフィンガーチャネル入り

持ち手となるグリップがコレ。

両側面にランダムパターン、後方にはぶつぶつと直線のチェッカリングが。

タクティカルマスターと同じように、フィンガーチャネルも存在。

これは握った時に、指が自然と来る位置の区切りみたいなもの。

握りやすさが少しUPする配慮だな。

 

マガジンは真っ黒 思いのほかブ厚め

最後はマガジン。

パッと見分厚いように見えるマガジン。

ただ見た目ほど厚くなく、グリップに装填しても太くならない。

手が小さ目な日本人でも十分握れる厚みなので、心配いらぬ。

因みに同社製のグロックシリーズと全く同じマガジン。

マルイ製の別のグロックガスガンをお持ちなら、使いまわしが可能。

 

 

大きくてもグロックの扱いやすさは不変なモデル

我輩が独自に設定した項目を4つに分類。

全て各100点満点換算で、最後に平均したものを最終評価に。

購入の参考にどうぞ。

・外観=68点
・扱いやすさ=78点
・ブローバックの心地よさ=70点
・値段=66点
・最終評価=70点

 

実銃がポリマーだから見た目はある意味リアルかも?

がポリマーの銃なので、おもちゃにしてもパッと見はリアル感が薄い。

でも言い換えれば、おそらく実銃もこんな感じなんだろう。

とすると、ある意味ではリアルの質感に忠実なのかもしれない。

刻印類も、アレンジこそされているものの実銃に似せる努力はあるし。

 

ただしやっぱりパーティングラインはマイナスに映る。

ベースモデルの17が発売してから、大分経った後の製品。

だから完全には無理でも、もっと目立たなくできる技術はすでにあるはず…。

ダッフィー
とまぁ、線については文句の多い主であるな…
クタちゃん
褒めつつ文句を言うのが、このブログでのOmochiだからなクテャ。

 

大きいが適度に軽く疲れにくいのがGOOD

グリップ自体は可もなく不可もないさわり心地。

だがフィンガーチャネル入りなので、自然と指が入り込み握りやすい!

その工夫があるだけで、構えたときにしっくりくる感じが全然違うから。

ここは良いポイント。

 

そして例によって樹脂製なので、重量は大分軽い。

一般的なハンドガンのサイズより大きめだが、想像以上に軽い。

これは金属製(に似せようとすると)では難しい芸当だろうな。

 

ブローバックは最近のマルイ製品の如くキレあり

まぁまぁ最近の商品なので、ブローバックエンジンはそこそこ新しい。

バシッバシッと重くはないが、鋭いブローバックの反動が手に心地いい。

大きな特徴こそ無いものの、手軽に打つには十分な優等生といった具合。

コール
古いモデルもエンジンを刷新してほしいな~。

 

お値段は中堅グレードクラス

実売価格で11,000円~12,000円の間くらい。

マルイさんの製品の中では標準的な価格帯。

流通量も多く普通のラインナップに入るので、入手性は問題なし。

ベースのグロック17とも値段が近いため、もう完全に好みだな。

 

でっかいグロック好きなら一考の余地あり

手堅くまとめた一丁という感じ。

無難に無難を重ねたガスブロだった。

まぁ見た目の質感は、実銃も樹脂だからある程度はしょうがない。

逆にいえば、思っちゃっぽくとも実銃よりではあるという証拠か?

 

今回はここまで。

やはり、マルイさんは安定した品質が素晴らしい。

普通のグロックに飽きてきたら、ちょっと違うグロックを。

そういうあなたには選択肢に入るかもな。

 

長い銃身のハンドガン大好き!

(エアガンレビューまとめページはこちら)