管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

【貯める以外に思いつかせる】貯金以外に、どうすればうまくお金を使って有意義な生活をできるか考えるよ

  • 2018年8月15日
  • 2019年2月20日
  • 考察

 

 

 

 

あなたは今年の夏のボーナスがもらえた?。労働者の収入を大きく左右するボーナスって、もらうときは格別の喜びがあるよね。業績が良い会社や、基本給が高ければ高いほどもらえる額も増える。(だから若手のうちは、給料より更に差が出るわけだが…。)

 

 

そんなボーナスや毎月の給料の使い方って、人ごとにかなり差が出る。消費行動にお金を使うのが最も一般的だが、使い道が決まらなくてやきもきしている人も。今回は、その「もらったけど使い道が思い浮かばなくて、どうするか迷う」って事にスポットを当てようと思います。行きましょう。

 

 

どこにお金を流せ(使え)ばいいんだろうか…?

 

 

 

 

 

 

消費や貯金が全てか?

 

給料の使い道といえば、日々の生活費や遊興費が主たるもの。

特に一家の大黒柱や、一人暮らしの方々にとっては生活費の見直しは生命線を握る。

だからみんな、何か良い節約方法を日々探しているんだよ!

 

残ったお金は、貯金に回したり人生に潤いを持たせるようなものやサービスに使うでしょ。

Omochiの場合は、殆ど趣味関係の物にお金が消えるけどね!

(痛部屋グッズとか、エアソフトガンとか、ゲームソフトとか…。)

 

これらは全て、消費のためにお金を使っているわけだ。

それについてお金を使うと、増えて戻っては基本的にこないでしょ?

(まぁ、商品レビューをして謝礼を貰うみたいな一部例外はあるけどさ)

 

 

となると、更にそこから残ったお金は大体貯金に回る。

やっぱり余剰資金は、いざというときのために残しておきたいし。

でも、今の世の中は銀行に貯金をしただけでは利息が無いに等しいので昔とはだいぶ違う。

というわけで本当に貯金のみが今後正しい選択といえるのか?、ということについてOmochiが考えることを紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

お金についての新たな知識の吸収をもって、資産を作りたい

 

貯金自体はもちろん大事。

これが無いと、困窮しそうな場面に陥ったらマジで生活できなくなるかもしれんからね。

半年~1年くらいは、とりあえず困らないような金額は確保しておきたいところ。

 

 

でもそれ以外は、何か別のことに使うといいよ。

貯金じゃなくて、新たな趣味とか資格やお金の勉強、資産作りとか。

そういったことに、時間とお金をかけておくと新たな世界が広がる。

 

なぜかっていうと、正直お金を溜め込みすぎても幸せに近づくとは思えない。

もちろん、気持ちの余裕は十分に生まれると思うが…。

これ、何も20代の若者に限った話じゃない。

Omochiがよく敵視する、40代以降の人たちだってやろうと思えばできなくは無いでしょ?

確かに、家庭を持っていたらフットワークは重いかもしれないけどさ。

 

 

新しい趣味を見つけてハマれば、雑学としての知識は増える。

それを使って、新たな領域に足を踏み入れることが可能だ。

場合によっちゃ、それが何かのビジネスチャンス等に変化するかもしれない。

(Omochiの場合は、この当ブログが当てはまるかな)

 

資格の勉強だって、純粋に自分の知識が増えることを意味する。

これは社会人として行動する上では、あればあるだけ選択肢が広がるだろう。

転職でも独立でも、知識(と経験があればなおさら)があれば一目置かれる存在になる可能性が高まる。

 

現在Omochiがその中でも一番気になっているのは、投資信託である。

まだ始めてはいないんだけどね。

これは、どういった制度なのかまだ知識が無いがやってみたいと思ったきっかけがあってね…。

 

 

 

 

 

営業さんの話を聞いて、興味がわくってあるんだな

 

ある日、仕事をしていたら労働組合から連絡が来たの。

「ろうきんの営業さんがいらっしゃって、資産運用についての講習会をやるから参加してみないか?」

という内容だった。

せっかくなので、話を聞いてみることに。

 

そこで説明を受けたのが、IDECO(確定拠出年金)NISA(小額投資非課税制度)についてだったのよ。

IDECOは、もはや自分たちが60代になる頃には機能していないであろう国民年金の代替措置みたいなもの。

これも将来的にやっておくべきだと思ったが…。

NISAのほうが、より強い興味を持ったんだよね。

 

これは

「毎年一定額の金融商品を運用して、得た利益が非課税の対象になるよ」

っていうやつ。

運用の結果、収益が発生してもある範囲内ならば税金を持ってかれることが無いってこと。

NISAは制度として確立されたものの、イマイチ民間での運用が浸透していないので更に初心者用に調整された”積立NISA”なるものがつい最近現れて…。

主にそっちの説明をよく聞いていたな。

 

投資信託自体は、必ず元本割れが発生するリスクは0にできない。

でもこの積立NISAは、可能な限りそのリスクを抑えた金融商品を初心者向けに提供する制度のこと。

だから、金融庁が投資をしたこと無い人をターゲットに

「ぜひ、投資の世界へ足を踏み入れてほしい」

とのメッセージを発信した制度と思っている。

 

今のOmochiは、まだこれくらいの超初歩的なことしか知らないけど説明を受けなければ興味も知識も得られなかった。

そう、世間で注目されている資産運用についてのことなんだよね。

これはお金を増やす仕組みを作りたい人にとっては、またとないチャンス到来である!

(さすがに考えにくいが)不労収入の一つの柱になる…かも?

 

 

 

 

 

 

だから貯金ばかりが正しい選択じゃない

 

自分がこれに興味を持つって事は、中々自発的には難しかったかもしれない。

それでも外的要因だろうがなんだろうが、興味さえ持ってしまえば勝ちだよ。

この件をもって

「何でもかんでも懐に貯めて置くばかりじゃねえな」

と思えた、良い出来事だった。

 

特に誰もがうらやむような成功を収めている人って、人より好奇心が強いのもよく聞く話。

人生を更に豊かにするなら、元々自分の中に眠るものを極めても良いし、新しく始めるってのも多いにアリ。

そのために、お金を使うのはとっても賢い選択だよ。

何事もはじめるのに費用は、多かれ少なかれかかるもんだからね!

必要投資と思って、まずは手を付けてみよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

お金の使い道が分からないなら、とりあえず興味の出ることを探せ!

そして行動するって、難しいけど出来れば他の人よりも一歩前に出れるよ。

結局のところ、考えて行動する力次第ってところか。

 

 

 

 

買うだけじゃもったいないから、運用してみるか!