管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

東京マルイ製デザートイーグル.50AEをレビュー 大きな存在感を放つ銀の怪物

「マルイ製のデザートイーグルって、かっこいいから気になる」

あの大きな大きなボディにあふれる中二病感。

いつ見てもすげえと思うモデルだ。

 

今回、このモデルのガスガンを手に入れたのでご紹介。

東京マルイの”デザートイーグル 50AE”だ。

因みに銀色に染まるクロームステンレスタイプ。

溢れる大きな存在感、手にしてみたくない?

 

恐ろしき破壊力を誇る東京マルイのデザートイーグル

現在普通に使われているハンドガンの中では、最大最重量を誇る巨大な銃。

商品名に使われている”.50AE”というのは、弾薬の種類の一つ。

なんでもオートマチック形式のハンドガンで使える弾薬の中では…。

相当な威力を誇る代物のようだ。

そんなとんでもない弾を使うこのモデル。

絶えられるように堅牢化した結果、かなり大きな銃となった。

 

メンテナンスのし辛さ、扱いの難しさにより公に軍隊に採用されず。

しかしそのロマンあふれる威力は病みつき。

狂信的ファンがおり、現在でも外国では実銃の販売はあるそうだ。

その人に使えるかどうかは別として。

 

そんな銃であるが、威力が高く大きくてゴツイという特徴を持っている。

故にフィクション作品で登場する機会が多く、目にしたことがあるかも。

見た目が大きく派手だからか、特に中高生に人気のある銃としても話もよく聞く。

吾輩も大きい重火器類が大好きなので、その気持ちはよくわかる。

 

俺の中でこの銃と言えば、MGSシリーズの“メリル・シルバーバーグ”さん。

初代MGSで初登場したとき、粗いポリゴンながらこの銃も出てきた。

しばらく経ったMGS4では、美麗なグラフィックでの銃は美しかったなぁ。

因みにその4で彼女は、ノーマルモデルの黒と10インチバレルの黒を使っていたよ。

めっちゃくちゃかっこよかった。

ラガン
俺のような重量パワーファイターにはうってつけだな!

 

そんなデザートイーグル。

国内メーカーでは意外と出してるところが少ない。

やはり東京マルイ製が安定か。

少々古めのモデルながらも、外観など高水準なので素晴らしい。

サバゲーでガンガン使用はもちろん、観賞用ともしてもアリだ。

 

冷たい輝きを放つ銀の怪物

さっそく製品を見ていこう。

このデザートイーグルは、カラーバリエーションが2つある。

黒とシルバーの2種だけど、今回はシルバーバージョンを紹介。

 

パッケージから。

 

黒い背景に、きらりと輝く銀色の大きいボディをあしらったパッケージ。

左下には英名で商品名がかっこよく書かれている。

因みに赤字でHARD KICKの文字が。

いつも使うリコイルユニットより、専用の大きなものを使っているらしい。

箱を空けると、こんな感じで収納されている。

 

開けると黒い固めの型抜きスチロールに、本体・マガジン・BB弾が入っている。

写真では銃本体と収納スペース両方にマガジン入り。

別に買い足したものを納めているので、本来ならば一本だけ付属する。

ただもうサバゲーはしなくなったので、2本もマガジンは正直いらねえ。

 

箱から取り出した全体像

箱から取り出して、全体を映してみる。

 

これだけだと、果たして本当にデカいのかが分かりづらいかも。

ただ明らかに普通のハンドガンより、スライドがやたら長い。

これだけでも、威圧感たっぷりの見た目であるのが分かるだろう。

 

一部のパーツとグリップ部分を除いた大半が、キラッキラのシルバーカラーになっている。

大きさも相まって、自分の目で見ると落ち着いた色合いながらも結構派手に見える。

かっけええええ!

ジェラトーニ
デカいなぁ~、まるで僕の度量の広さのようだね(ニヤニヤ)

 

ホールドオープンするとさらに巨大化

残弾が無くなった時に、スライドが開きっぱなしになるホールドオープン。

ただでさえデカいこの銃が、ホールドオープン化したらどうなる?

多分1,5倍分くらい全長が伸びる。

 

一般的なハンドガンと違って、スライドは組み合わせてある一部のみ後退する。

前の部分は特に動かないため、アウターバレルが銃口から飛び出すこともない。

更なる巨大化をへて、より威圧的な姿へ変貌したデザートイーグル。

怖すぎいいいい!

 

刻印も銀色に輝く

彫られている刻印類はこうなっている。

 

1枚目は「イスラエル インダストリアル ミリタリー」と英語で書かれている。

これはこの銃を開発したメーカーの名前だね。

2枚めは、2行目に「メイドインジャパン」との英文字。

これは日本国内で作られたおもちゃという意味だろうか。

3枚めは、シリアルナンバーと左に小さく「ASGK」の文字。

ちゃんと法規に則ったおもちゃの銃ですよという証拠である。

 

HOPUPの調整はここ!

BB弾に浮力を持たせて少ないパワーで、より遠くへ飛ばせるようにする仕組みがHOPUP。

その調整は、各おもちゃメーカー・各モデルによってさまざまである。

東京マルイ社でいうと、比較的スライドをちょこっと分解してから調整する場合が多い。

しかしデザートイーグルは、わざわざ分解せずとも調整が出来るんだよね。

 

ホールドオープンして、真上からのぞき込むと真ん中あたりに動かせるカバーがあるんだよ。

そこを後ろに引くと、HOP⇒と書かれたダイヤルが出てくる。

これを右に動かせば、どんどんそのかかりが強くなって遠くに飛びやすくなる。

その代り、弾道が不安定になりやすくなるけどね。

ものぐさには楽ちんな仕様。

クタちゃん
楽なのは良いことだクテャ!

 

ハンマー周り

スライド後方部にある、ハンマー周りはこんな感じ。

ハンマーも、ちゃんと銀メッキされた状態になっているよ。

横から見れば、ちょこっと細めの感じに仕上がっている形状。

その左側にあるのは、セーフティレバーだね。

写真の状態だと、射撃可能になるがこれを下に下げるとトリガーが引けなくなる。

因みにこのレバーは、反対側からでも簡単に操作が可能です。

 

リアサイトからフロントサイトを通して、狙いをつけるとこう見える。

両方のサイトは、黒いパーツで染め上げられている。

御覧のように特にホワイトドット等は入っていない。

なので慣れていないととっさの狙いはつけにくいかもしれない。

特段見やすいわけではない。

 

トリガー周辺

それでは着眼点を下にずらして、トリガー周りを見る。

トリガー本体は、銀色で三日月を縦に細くしたような感じ。

デフォルトでこの位置なので、実際の可動範囲は狭めなのよ。

ただし、引くとカチッと音がするので発射が分かりやすいね。

トリガーガードも銀色になっており、少々角ばった形状になっている。

トリガーの右側にある突起が、マグキャッチボタン。

ここを押すと、マガジンは勝手に外れるよ。

 

ボディ裏側はわずかに残るパーティングライン

ここはメーカーごとに、仕上げの丁寧さが如実に分かれやすい部分。

御覧のように、超絶くっきり…ではないもののパーティングラインが残ってる。

特にバレル下部より、トリガーガードのあたりがわかりやすいかも。

マルイさんは他の国内メーカーより、商品の値段が良心的。

その代り、コストダウンするために外観が犠牲になることも多い。

新しめのモデルでは頑張ってくれているんだけどね。

これは発売されたのが古めのモデルだから、まだその辺がちょっと甘め。

それでも、同時期の別モデルよりはきちんと処理されているほうだ。

 

グリップは手触りの良いラバータイプ

一番黒い部分が多い、グリップ部分だね。

 

マーク入りで、ストレートなラバーグリップ。

ラバーの質感が中々気持ちいい上に、滑りにくい材質なのでこれは良いものだ。

しかし、実際に握ってみると滑りやすさよりも太さのほうが気になるかな。

これは実銃も殆ど同じ悩みを抱える。

マガジンが太いので、グリップも比例して太くなってしまい握りづらい。

ぶっちゃけ日本人サイズではないけどしょうがない

 

Omochiの手のサイズは、一般的な男性よりも若干小さいくらいか。

それで握ってみると、やはり指は届くものの届きにくいという事態になる。

女性だと、まるまる手で覆いながら握るのは不可能かもしれん。

 

クロームステンレスに映えるギンギラのマガジン

最後のパーツはマガジンだ。

こちらもボディカラーと合わせて、殆どが銀色になっている。

表側は、数字の弾数を表している刻印。

裏側は、東京マルイ社製であるという文字の刻印が入っている。

装弾数は27+1発だね。

さすがに大きいだけあって、他の銃よりすこしガスの容量が多い。

 

本モデルの評価

各項目100点満点。

合計して平均した点数を、総合評価とします。

評価の基準は、エアガンコレクションに使えるかどうか?に重きを置いております。

 

古めのモデルながらメッキは意外と綺麗な外装

70点

 

銀色のクロームステンレスは、東京マルイ社製の中でも中々綺麗なメッキ具合。

きちんと光を反射するほどの光沢を持っており、シルバーカラー好きには中々たまらないだろう。

同社製の他シルバーモデルの中では、比較的綺麗なメッキだと思う。

反面、薄いけど未処理?のパーティングラインが気になるところ。

本体価格を抑える+ラインナップが古めなモデルということもあってしょうがないが。

今の技術なら新しく製造したやつでも、ライン処理は出来る気がするが…。

どう昇華して反映させることが課題だと思う。

アザラシちゃん
ぴー、ピ~。(古いと難しいよね。)

 

握りやすさは重い上に太いのでイマイチ

58点

 

グリップ部分のラバーコーティングに関しては、良いものだと思う。

ぴったり張り付く、独特のあの質感が好きだから個人的には好感が持てる作り。

ただし、実銃がそうだから仕方ないと言えば仕方ないのだが…。

やはりグリップが太くて結構握りづらい。

おまけに重量自体もあるため、構え辛いところも難点。

因みにこの銃、おもちゃでも1.1kgほどある。

実銃だと2kg超えてしまうという重さっぽいよ。

そりゃあ人を選ぶキワモノ扱いになるわけだわ…。

 

強力なブローバックはガッコンガッコン動く

82点

 

やはりデザートイーグルと言えば、最大級と言われる手首への衝撃が気になるところ。

まぁあくまでもガスガンとしても範疇で考えてみれば…だけれども。

確かに同社製のガスガンに比べて、明らかに反動と音がデカいのは分かる。

トリガーを引けば、ズガン!とした衝撃と・バコン!と派手な音が広がる。

ただし、ブローバックのキレ自体は大して無いので力任せ感があるけれど。

 

サバゲーで使うとなると、射撃音がデカいので扱いが厄介かもしれないが…。

部屋で楽しむならば、これはまんま長所に変わる。

一発一発、音と反動について体の五感で楽しむ分には素晴らしいと思うよ!

コール
まるでクロミちゃんのようにうるさい音が…。
クロミちゃん
わかったわ、あんたそんなにしばかれたいのね。

 

お値段は東京マルイ製のガスブロハンドガンでは若干高め

63点

 

同社製のハンドガンの中では、比較的高めの設定になっている。

実売価格だと新品でおおよそ、12,000~13,000円ってところか。

ちょっと古めということを見越しても、値段グレード的には、1,000円高いかな?

元のカラーリングであるブラックは、これより少しだけ安いよ。

 

最終評価

63点

 

古めだということを考えても、メッキはきれいだし射撃時の満足度も高め。

最近のモデルの中にも埋もれない、大きな個性を持っている。

やはり元々の人気の高さがうかがい知れるね。

眺めるにしても、飾るにしても東京マルイ製の中では高めな水準。

 

ただしかなり細かい部分を見ると、やっぱり若干外観の詰めは甘いかも?

欲を言えばパーティングラインはきっちり見えなくなるまで処理してほしい。

が、値段がその分跳ね上がるとなるとトレードオフか…。

かなり悩ましいところだ。

 

今回はここまで。

大きいだけあって、非常に威圧感あり・見ごたえありの名銃。

ロマンをひたすら求めたいなら、このオートマチックピストルは良いぞ~。

 

最後に余談だが、デザートイーグルのカスタムモデル。

バイオハザードシリーズに出る、ライトニングホークもあるよ。

気になる方はそちらもぜひどうぞ。

 

 

ぎんぎらで太くておっきいよぉ!