管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

電車の遅延が爆増する最悪の理由5選:[自分のせいじゃないのに]

  • 2018年2月2日
  • 2020年11月12日
  • 電車

「いつまで電車遅延してるんだよぉぉぉぉぉぉぉ!」

満員電車に毎日翻弄される労働者の心の叫び。

その中の一つである。

 

朝のラッシュ時で労働者に襲い掛かる厄介なこと。

電車の遅延だ。

もちろん吾輩も普段使う路線で頻発し、非常に困っている。

そこでそもそもなんで遅延って起きるのかちょっと考えてみたよ。

残念なことに、乗客でどうにかできるものでもないので…。

まぁ言われてみればそうだなという程度の認識で読んでくだされ。

 

満員の電車は遅延が当たり前の最悪な環境

都心部~近郊の平日における、駅の人だかりはもはや日常の光景。

いわゆる通勤・退勤ラッシュだ。

尋常じゃないくらい人で駅は溢れかえり、電車の中は地獄そのもの。

満員電車に乗ると、人としての生を全うできなくなる感じが味わえる(棒)。

 

右を見ても、左を見ても、前を見ても後ろを向いても人しかいない。

狭い状況の中、すさまじい勢いで圧迫されるのは日常茶飯事。

この時点でめちゃくちゃ辛いのは、乗った人すべてが共感するレベル。

 

通常運航で半端じゃないつらさを誇るが…。

輪をかけて労働者を殺しにかかるのが”電車の遅延”。

文字通り、到着予定時刻より大小思いっきり遅れてしまう。

原因はたくさんあるが、どれもこれもほとんどの乗客には関係ない。

というか原因を作る引き金にすらならないのだが、一方的に被害がね…。

そもそもなんであんなに遅延って起きるのかな?

考えてみれば、人が集まればそれだけ何か起きる危険性って増えちゃうんだよね。

どうしようもないぜ…、地獄かここは!

 

人間が集まればゆがみはどんどん大きくなるもの

電車が遅延すると、とにかく大勢の人は困ったことになる。

始業時間にはやたらと厳しい、日本人の国民性が自分たちを大いに苦しめるよな。

えげつない職場だと、たとえ電車の遅延でも遅刻は許されないとかもあるらしい。

なにその中世の魔女狩り期みたいな理不尽さ。

それ故に、交通機関の遅延が発生すると大変な騒ぎが起きてしまう。

 

まぁ考えるとそりゃあ人が多いところは、いろんな問題が起きやすいよ。

その対処に追われるだけで、駅員側も大変なのはわかるんだけどさ。

ただ99%の乗客は、別に自分たちに火があるわけでもなんでもない。

なのに一方的に遅延という被害を被るわけで。

そりゃあ怒るのも無理ないでしょうねって話だ。

 

我輩も就職してから本格的に満員電車の一員になってしまった。

新卒で入社したあの4月から、本記事投稿の現在に至るまでおよそ一年弱。

そしてこの記事を修正した時は2020年でもう3年を超えた。

この間、幾度となく遅延に巻き込まれ嫌な思いをしてきたよ。

思い返してみると、大体この5つのパターンばっかだった気がするな。

 

 

間に合わせようとするぎりぎりの乗車が多発

通勤・通学・退勤と、殆どの企業や学校は開始時間が決まっている。

当然ながら、普通はその時間に間に合わないとあとで面倒なんだよな。

だから遅刻しないように、みんな一斉に同じような時間で動くわけ。

そんなことすると電車はパンク寸前になるわけだが…。

 

人が多いとどうしても発車時刻ギリギリに乗り込む人が増加するのね。

もうドアが閉まるって言ってるのに、それでも遅刻したくないから乗ろうとする。

ただでさえ入らないスペースに無理やり乗るわけだからなぁ…。

ドアがいつまで経っても閉まらず、発車もできなくなっちゃう。

これが各駅で地味に積み重なり、後続の電車を詰まらせる要因に。

 

ぎりぎりになる気持ちは死ぬほどわかる。

我輩も可能な限り自宅を出たくないタイプの人間だから。

それでも駅まで走ったりして、できるだけ発車寸前には乗らないようにしてるよ。

みんながみんなそうしてくれれば多少は緩和できるかもしれん。

ただ人数があまりにも多いので、全員を統制はできるわけがないのが残念。

ダッフィー
それぞれ動きの基準は違うからな…。

 

人身事故の発生率が増加 これは一番許したくない

使う人が沢山いる分、予想外の事態が発生する確率は必然的に上昇する。

そのうちの一つが人身事故だ。

 

事故未遂、事故発生にかかわらず完全に停止してしまうパターン。

この場合ノロノロですら運航しないので、非常に性質が悪い。

電車がSTOPするので、もはやこちらは一番どうしようもないよな。

しかも事故の現場検証をしないといけなく、最も復旧に時間がかかる。

なんだこれ。

 

未遂だろうがなんだろうが、個人的には一番これが許せない。

事故ってことは、起こした乗客である張本人がいるからな。

例えば、ホームに来た走行中の電車側面に体がぶつかったり…。

酷い場合、自殺するために轢かれたりな。

 

我輩が思うに、これは完全に本人の意思によるものでしかない。

見ず知らずの赤の他人に対して、死ぬ死なないでいろいろ思うことはある?

悪いけど興味ないし、自分はそこで涙を流すほど善良な人間ではない。

一方的な被害者だったらともかく、そうしたいがために電車を止めるのは…。

擁護のしようがない、ただの自分のエゴじゃないかと憤りを覚えるよ。

 

そんな身勝手なことで、ほかの多数の人間へ迷惑をかけるなと言いたい。

その張本人のせいで、自分のスケジュールが大幅に崩される不快感。

ふざけるなと言いたいよ。

マジで人身事故はいろいろ救いようがなく、完全に迷惑だ。

 

乗客同士のトラブル イライラはわかるが他所でやれ

これもさっきの人身事故と同じく、乗客が多いと発生する確率が高いもの。

つまらない乗客同士のけんかによって、電車の発車が遅れるパターン。

ご存じの通り、満員電車中は非常にストレスが溜まりやすい。

おかげで普段温厚な人でも、ちょっとの刺激に過敏に反応しやすくなる。

感情の抑えがどうしても効きにくくなっちゃうんだよね。

 

常に一触即発な状況の中、何か不愉快なことがあったとしたら?

たちまちお互い喧嘩に発展しちゃうぜ。。

やれ靴をふまれただの、カバンが当たっただの、濡れた傘が服についただのetc…。

こうなるとすぐに相手へかみつきたくなる。

しかしそれでもみんな理性で押さえつけ、ひたすら我慢するのは大人の証。

こんなんで大人扱いされたくないけどな!

 

ただ、一部の人はどうしても我慢しきれずに喧嘩をふっかける。

それがトリガーとなって、トラブル対応に駅員の時間が取られちゃう。

こうなるといったん駅で電車を止め、張本人を外へ出さないとダメだ。

いつもより長く停車する羽目になり、後続電車が詰まる原因に。

スティッチ
ほああああああ、おめえらマジで許さねえんからなぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
ダッフィー
とにかく無視して放っておくのが一番だ。イラッとするけど…。
ジェラトーニ
むかついたら冷静に煽ってもいいの?(ニヤニヤ)
コール
火に油を注ぐような真似をしないでほしいなぁ…。

 

 

体調不良者の救護 そりゃあんな状況そうなるよ

あの辛い車内の中、どうしても体調不良に陥る人は出てきてしまう。

暑さ・湿度・においなどの様々な要素がハイレベルで不快だからな。

そんなのに毎日、長時間乗っていたら誰だって体調がおかしくなるもの。

男女ともに関係なくな。

 

急病人の対応を次の駅でしなければならないので、それで時間を取られるわけ。

これも関係ない人にとっては、やっぱりイライラしちゃう原因の一つではある。

我輩もあるときまではそうだった。

 

ただ自分の目の前で失神する人を見てしまい、そこは考えを改めたかな。

あのぎゅうぎゅうな状況でも移動せざるを得ない。

我慢して乗っている人でも、やっぱり体調がおかしくなりがち。

 

ある日、帰りの満員電車でつらいながらも頑張って乗ってたのよ。

途中駅で停車した瞬間、自分の後ろから騒ぎ声が聞こえてね。

「女性が一人車内で倒れた!、誰か駅員を呼んできてくれ!」

という状況がすぐそばで起き、失神した女性の姿が見えたのよ。

 

 

乗客数人と駅員の対応で、すぐに駅の医務室へ搬送。

その時、女性の顔がちらっと見えたが白目を剥き顔に生気が宿ってなかった。

人って気絶するとあんな顔になるんだなって、初めて見てしまったよ。

ただあの満員電車だと、まったくそうなってもおかしくないからなお恐ろしい。

 

だから乗っている最中の体調不良は正直仕方ないかなと思う。

ただし、乗る前からやばいのだったらいったん落ち着いてほしいよね。

無理して乗ると自分も周りも大変なことになっちゃうから。

 

雨が降ると安全のためにゆっくり走らざるを得ない

ここは人的要因が関係しないところ。

雨が降った時って、いつにもまして電車が遅いよね?

これは天候によって、線路の路面状況が変わるから。

 

安全確保のために、どうしても速度を落として走らざるを得ないんだよね。

何故かというと路面の摩擦力が関係している。

車の免許を持った人なら必ず聞いたことがあるはず。

要は制動距離と空走距離のお話だよ。

電車も車も全く同じで、晴れた日の乾いた線路と雨に濡れた時じゃ状況が違う。

 

摩擦の力が強い乾いた状態だと、スピードを出しても制御しやすい。

しかし濡れていると、摩擦力が弱まるのでハイスピードを出すと危険なんだよ、

乾いた地面を走る時より、濡れた地面を走ると滑りやすくて転びやすくなるイメージだ。

 

当然あの人数を運ぶ電車が横転なんてしたら、大惨事どころでは済まない被害が。

のリスクを抑えるために、スピードを落として走るのは理に適っているわけだ。

こればかりは、安全を優先しているためしょうがないといえばしょうがない。

 

遅延の理由 納得できなくても受け入れざるを得ない現実

これだけ満員電車が遅れる理由っていっぱいあるんだよ。

日ごろ電車に乗っている人ならば、車内アナウンスを耳にする機会も多いだろう。

 

案の定、大体は客同士のトラブルや体調不良の救護などの人的要因ばかり。

利用する母数が多いし、どうしてもそこから起因するパターンが多くなりがち。

それでも駅員さんは、少しでも遅れないように全力で頑張ってらっしゃる。

電車が遅延するのって、殆ど乗客の利用方法が悪いパターンばっか。

 

わかっていつつも、実際遅延すると確かにストレスはたまる。

それは乗客でどうにかできる話じゃないし、どうしようもない。

でもだからと言って、駅員さんが悪いわけではないのでそこは注意。

ちょいちょい食って掛かる乗客がいるけど、あれは完全にダメな奴の典型。

やってはなりません。

 

 

今回はここまで。

とにかく現代の日本では、そんな簡単に満員電車は解消しない。

だから遅延が発生する理由についても、撲滅するのは不可能に近い。

何とかならないかなぁ…。

 

いつでも遅れているな、この電車は…。