管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

長い通勤時間が無駄だと思ったときに読んでほしい話:[冷静になると悲しい]

  • 2018年2月7日
  • 2020年11月12日
  • 電車

「通勤するための時間って実はすごく無駄なんじゃ…。」

仕事をするためには定められた場所に行き、あれこれこなす。

そしてそこから自宅へ帰るというサイクルが社会人にはあるよね。

 

おそらくよくよく考えてみると、ほとんどの方はなんとなく気づいているはず。

通勤のための時間って、基本的にかなり無駄じゃないか?という事実ね。

我輩も冷静に自分のことを考えると、まさにそう思う。

移動中も有意義にって思うけど、集中しづらいから効果が薄いのよね。

悲しいことに…。

 

長い通勤時間 大概は無駄に終わる可能性が高い

オフィスに向かうため、朝からとんでもない人ごみに紛れながら移動する。

満員電車の中では、些細なことでつまらんトラブルに発展しやすい異空間。

それこそ枚挙に暇がない。

常に乗客はカリカリしていてかなり恐ろしいよ。

もちろんその一員である吾輩も例外ではないです。

 

そして仕事をするために家を出て、会社の事務所に行く毎日。

もちろんやっている内容によっては外じゃないとできないことも。

逆にそうじゃなく、自宅で代わりにやろうと思えば…。

いろんな思いが頭をよぎりながら、それでも満員電車に揺られる労働者。

あああ、なんか無常な世の中だぁ…。

クロミちゃん
悟りを開くにはまだちょっと早すぎるんじゃないの?

 

んでふと思ったんだけど、この移動に費やす時間って行き帰りがあるじゃない。

これ、あなたは何か有効活用するためにやってることはある?

せっかくだし読書や何かしらしてる人は多いと思うんだけど…。

正直電車というストレス空間、集中できなくない?

どう頑張っても頭に入れるのが難しくて、吾輩全然できないタイプ。

この通退勤の移動時間にいろいろやるって言っても、正直不可能だと思う。

だからなおさら、移動している最中って無駄だと思っちゃうよ!

それだったら素直にあきらめて、帰宅後に頑張って集中しません?

 

あの人混みで集中しながら何かする←普通できない

その人の特徴にもよるけど、移動しながら何かに集中ってできる?

周りに何も邪魔する要因が無い状態と同じくらい、がっつり集中できる?

ほとんどの人はそんなことできないよ。

集中してるって言っても、移動中は高確率で邪念が混じっちゃうはず。

 

 

 

中にはこう思う人もいるかもしれない。

「いや電車だったら乗ってるだけで移動できるし、集中できるけど?」

確かにそういうパターンも無いわけじゃない。

ただがっつり勉強とか、しっかり頭に刷り込む作業とかはどだい無理だよ。

やっても後で想像以上に頭へ入らなかったってことばっかり。

360°周りが人間に囲まれるだけで、想像以上に集中力は散漫になるもの。

 

この状況で有意義なことをやれるって、天性の化け物じゃないと無理無理。

我輩含め大多数の普通人にはそんな集中力備わってないです。

移動中何かをすることは否定しないけど、がっつり学習とかは効果が薄い。

それだったら自宅で誘惑を断ち切った部屋を使い、思いっきりやったほうがいい。

通退勤中の電車って、乗ってるだけで体力を使うしな…。

無理してやることは無いよ。

 

時間を換算するとおぞましい事実が

試しに通退勤の時間を測ってみるとよくわかる。

どれだけ一日の中で、あまり集中できない時間があるかが。

果たしてこの時間の最中、やった作業に対する成果がどれだけ出るのか疑問。

 

 

例えば今の吾輩の場合だと、現在の職場に家からたどり着くまでおよそ70分ほど。

電車の乗り換えがスムーズに行くとか、色々細かい要件はあるけど大体これくらい。

それらを2倍にして、行き帰りを合わせると単純に計算しても140分。

仕事がある一日だけで、二時間半弱を移動のためだけに費やしていることに。

 

24時間から大体の睡眠時間である7時間を差し引くと、日中の活動時間は17時間。

その中の2時間半弱を、この通退勤のためだけに時間を当ててるのね。

実に1/8もの大きな時間を移動の時間にしてるって、割と正気の沙汰じゃない。

タート
もったいないね…。この時間お昼寝で来たらどれだけ幸せか!

 

更にここから普通に一週間勤務したとしよう。

月曜日~金曜日の5日間で、5×2,5時間=12.5時間。

この時点で、純粋に半日をあの移動に時間を割くことになる。

 

もっと突き詰めれば、一ヶ月やった場合はどうだろう?

22日間勤務したと仮定すると、22×12,5=275時間。

10日以上もまるまる通勤に費やす。

さらに一年間これを繰り返したら、12×275=3250時間…。

(祝日とか度外視した単純計算だけど)

 

一年で換算すると、平気で100日以上移動だけの時間だ。

いや、営業とかやっている人だともっとこれが跳ね上がるね。

これだけまとまった時間があれば、かなりの量を好きな作業に費やせるな…。

正直死ぬほどそんな時間を確保したいところ。

 

もちろんこの時間、さっきも言った通り多数の人に囲まれる空間の中で。

しかも乗った電車や時間によっては、身動きすら取れない可能性が出てくる。

スマホすらも取り出せないかもしれない。

まず乗るだけで死ぬ思いをするレベルでな。

ラガン
それじゃそもそも何もできねーじゃねーか。

 

仮にそうじゃなかったとしても、周りは人だらけ。

いろいろ雑音は多いし、すぐそばは知らない人だらけ。

何か突発的な事態が起こる可能性も0じゃないし、集中は削がれやすい。

我輩が必要以上に気にするタイプ、ってこともあるんだけどさ。

 

もし何かをするなら頭に刷り込む作業以外をおすすめ

それでも移動中は何かをしたい。

その気持ちはよくわかりますわ。

我輩だって無駄なところはなるべく有効活用したいし。

そういう場合は、なるべく頭を使わない作業をしたほうがいいかな。

ガッと集中を必要としないことね。

 

例えばざっくり興味のある分野の情報収集とか。

Twitterでもニュースサイトでもなんでもいいけど。

我輩はせっかくだから、ブログのネタになりそうなこととか探してるよ。

意外とぼーっと眺めてても面白いしねぇ。

 

後は目を閉じて、これからやりたいことをゆったり考えるとか。

もちろん熟考するほどでもなく、適当にこれがいいな程度だけど。

あのゲームどこまで進めようとか、次の休日の計画を大雑把に考えるetc…。

いずれもまじめに考えなきゃいけないことじゃないものがいい。

考え始めて悩むところまで行っちゃうと、また集中力が要るだろうから。

適当でいいんすよ、この時くらい。

 

電車移動は時間が無駄になりやすい 諦めることもまた肝心

時間を計算してみると、どれだけ移動に費やしているかがよくわかるよ。

そしてあの普段の状況の中、よっぽど集中できる人はほとんどいねえ。

ガチガチに無駄にしない!、って意識は却って苦しいだけだよ。

無駄にはしたくないけど、集中するほどでもないことだけやろう。

そのほうが意外と健全な気持ちになったりするから。

時にはどうしようもないからまぁ適当にあきらめることも大事。

 

 

その代わり、帰宅後に集中してやりたいことをやるのがベスト。

仕事帰りだから体力も消耗していると思うけど…。

よっぽど体調が悪くなければ、手を付け始めると意外としっかりやるから。

最初のとっかかりさえ突破すれば、不思議と地味に集中するもんだわ。

無理なときは素直に休んでもいいし、帰ったら自分に強制する必要はないよ。

 

今回はここまで。

時間はお金以上にひしひしと重要、だという実感がわき始めております。

これが大人への仲間入りをしたという自覚なのだろうか?

 

 

この長い通勤時間から卒業したい。