管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

壁紙を複数枚並べて自分だけのオリジナルを 誰でも出来る簡単なやり方!

「画像を何枚も使った壁紙を使ってみたい」

普通パソコンの壁紙って、一枚ドン!ってやるよね。

それ用にサイズを合わせてある奴っていっぱいあるし。

 

ただ試しに2枚以上の画像を使いたい場合、どうしよう?

色んなやつを一度に並べてみたい、なんてことを考えてしまう。

その場合、画像同士を複数枚並べた新しい画像を作ればいいのだ。

一言でいえば画像の合成だが、思ったよりも簡単にできたので紹介。

並べて使うだけでも、ちょっとした自分のオリジナルになるぞ!

 

壁紙を単体の画像じゃなく複数一度に並べたい

パソコンの壁紙。

初心者でも簡単にできる、パソコンのカスタマイズの一つ。

好きな画像をデスクトップいっぱいに貼りつけるのだ。

起動したら必ず見る画面の一つだから、目にする機会は多い。

せっかくだし、そういうところにはお気に入りの壁紙にしたいよね。

 

ネットで少し検索すれば、壁紙用の画像は沢山転がっている。

可愛いもの、爽やかなもの、スタイリッシュなものと様々。

かなり使用者の個性が出やすいポイントだ。

 

よく単品の画像を使う場合が多いが、ふとこんなことを考える。

「どうせなら一枚だけじゃなく、2枚以上並べたものを使いたい。」

そこで実際、やり方を調べて実践してきた。

2枚以上の画像をくっつけて、新しい画像を作り出して壁紙化する。

それぞれの画像を直接並べられないけど、やり方は凄く簡単だ。

 

基本的に設定できるのは一枚の画像だけ

どうしてもWindowsの仕様、2枚以上をそのまま壁紙には出来ない。

Macは使ったことが無いからわからんけど、そっちも無理だろう。

やる前にちょっと調べてみても、そういう機能はなさそうだった。

なので、別々の画像をそのまま並べる方法は使えない。

普通にできそうな気もするんだけどな…。

 

一枚しか設定できない。

ということは、色々な画像が載ってるものを作ればいい。

いわゆるコラ画像化すればいいのだ。

あれって、元の画像にテキストや別の画像をとりつけるじゃない?

同じ要領で、一つの枠内に色々はめ込めばいいって寸法。

そうすると様々な画像が並んだ、一枚の画像を作成可能。

こいつを壁紙に設定すれば万事解決と言うワケ。

 

フリーソフトを用いて画像の合成をしよう

標準のソフトである”ペイント”でも出来るらしい。

けど、やってみてもイマイチやり方がよくわからなかったので…。

俺は適当に拾ったフリーの画像編集ソフトでやってみたよ。

 

いずれにせよ、まず一枚の中に収めたい画像を用意しよう。

写真でもネットから拾った画像でもなんでもいい。

とりあえず例として、以前使った写真を2枚使ってみることにしよう。

 

今回は先日レビューした、PCスピーカーの画像を2枚使う。

特に画像の解像度とかは、特段気にする必要はない。

なので一切縮小してない、デジカメで撮ったままの写真だぜ。

画像を用意したら今度は画像編集ソフトをインストール。

 

Photo Pad”というフリーソフトを見つけたので、こいつを使う。

ネットで検索すると、画像の編集はいろんなツールがある。

ブラウザ上でできたり、インストールタイプだったり…。

無料のモノでも沢山あるから、好きなモノを使ってみてね。

ここではPhoto Padでのやり方で解説するよ。

起動すると中央にファイルをドラッグとあるが…。

そこじゃなく、上のツールバーにある”コラージュ”をクリックしてくれ。

するとコラ用のメニューが立ち上がる。

 

右上には何枚の画像をどうやって並べるか。

その下には余白の間隔等の調整インジケーター。

メニュー中央には画像のレビューが出てくる。

 

まず手始めに、2枚の画像を並列に並べるように設定。

そしたら使いたい画像を入れたいところにアップロードだ、

今は片方だけ画像を追加した状態だ。

両方埋められたら、右下の作成ボタンをクリック。

 

無事に作成されると、もっと大きな画面で画像のレビューが出来る。

そしたら画像の上にカーソルを合わせて右クリック。

サイズの変更メニューを呼び起こし、任意のサイズに合わせよう。

左のほうに細かく設定できる項目が出てくるよ。

 

とりあえずピクセル表記にして、縦横の数値を好きに入力してみよう。

俺の場合、モニターの最大解像度に合わせて設定しているよ。

WQHD(2560×1440)に数字を合わせた。

若干画像が横に太ってしまうが、許容できるレベルならおk。

 

好みのサイズに出来たら、また画像の上にカーソルを合わせて右クリック。

“名前を付けて保存”を選択すると、有料にしろと出るが後で購入にしておこう。

そうすれば無料のままずっと使えるから。

(追記:どうやらお試し期間だったようで、しばらくすると全機能が使用できず。

また別のフリーソフトを見つけたから、今度本記事にくっつけておきます)

 

保存したい場所を指定し、画像形式はJPEGでいいでしょう。

OKを押したら、最後に画質設定が出るので最高のままで大丈夫。

 

きっちり保存できていれば、合成した画像が保存場所にあるはず。

これで複数の画像を並べたものを、一枚の画像として作成できた。

後は前に解説したとおり、壁紙として設定していこう。

 

最短で設定するなら、作った画像の上にカーソルを合わせて…。

右クリックして“デスクトップの背景にする”を選択。

すると一発で壁紙が使いたいやつに早変わりだ!

 

御覧の通り、これで2枚以上の画像を使った壁紙にすることが出来た。

これで想定通りの並んだ壁紙になるよね!

 

2枚ではなくもっとたくさん集めて画像合成もできる

因みにこのソフトだと、一枚の壁紙に画像は8枚まで設定が可能。

あと四角形じゃなく、丸型にくりぬいた感じに作ることもできる。

ただし、画像が多くなれば多くなるほどPCに負荷がかかりやすい。

よって邸スペックPCだと、編集時にめちゃくちゃカクついて重たくなる。

吾輩の古いノートPCで8枚に挑戦したら、物凄い動きが悪くなった…。

 

画像編集だし、PCパーツのGPUが担当しているのだが…。

オンボードでもできるけど、大量に画像を使う壁紙は厳しいかも?

もしかしたら今の最新ノートPCだったらそうでもないかもしれないが…。

古いパソコンの人は注意しておいたほうがイイかもな。

コール
カックカクになるとストレスたまるよね~。動きが遅いのはちょっと~。
クタちゃん
コールはしゃべりも動きも遅いじゃないクテャ…。

 

画像の解像度については気にする必要がなかった

もう一つ確認したことがあった。

大元の画像なんだけど、解像度自体は気にする必要がなかったな。

例えば3,000×2,000の解像度を持つ画像があったとする。

それを2560×1440サイズの壁紙の一部に設定したとしよう。

 

そうすると、極端に一枚だけドンと大きく表示されると思うじゃない?

それがそうでもなく、あくまで枠組みの中に納まるように補正してくれる。

縦にめっちゃ長かったり、横に恐ろしいほど長い画像じゃない限り…。

大体小さめの枠でも全部表示してくれるよ。

 

なので最初から画像の解像度を調整する必要はない。

わざわざリサイズする手間をかけなくて済むのは楽ちん。

ラガン
いちいち違う解像度の画像を全部調整してらんないもんな…。

 

自分が好きな画像を合成した豪華な壁紙を

上の手順でやれば、一枚だけの画像じゃない壁紙を使用できる。

色んな画像をちょっと組み合わせるだけで、かなり毛色が違うものも。

カッコイイ×かわいいにしたり、更に爽やか×爽やかにしたり…。

手元にある画像の数だけ、思いのままの組み合わせを作れる。

 

普通に壁紙を使うより、かなり多彩性が広がるね。

もし一枚だけじゃ物足りなければ、ぜひ自分で作ってみてくれ。

やりようによってはかなりカオスなことになるぜ(笑)

 

今回はここまで。

おかげで使いたかった画像を何枚も並べて壁紙にできた。

めっちゃ圧巻なものが何枚も作れたので大満足!

 

これとこれを同時に使った壁紙にしてやる!