サイト内検索はTOP左上 お問い合わせは右上のメニューからどうぞ 8月以降は過去記事修正メインのため投稿頻度が少なくなります

Snow White(Arcaea初期無料曲)のFTRを攻略 円状アークの処理再び

「この円を描くアークが妙に抜けやすい!」

あんまり出てくることが多くない、こういう形のアークノート。

それゆえ対策が進みにくいので、出る譜面だと上手くいかないことも多い。

 

今回は初期無料曲の“Snow White”のFTRを攻略する。

インストール直後からプレイできる曲だから、割と簡単…。

と思っていると、でかいダメージを食らう難しさを併せ持つよ。

 

Arcaea初期収録曲Snow White 想像以上にムズイ

この曲はアプリに元々収録された曲。

開放作業も必要なく、インストールすれば誰でもプレイ可能。

我輩も初めのころ、よくこの曲のPresentをやってたな。

まだ課金すらしてなかったころだから、使える曲数が全然なくて…。

 

Presentのほうは優し目で、他音ゲープレイヤーなら初見でも余裕。

そうじゃなくとも、若干Arcaeaに慣れた人ならだれでも簡単でしょう。

言うても難易度の数字は5だからね。

 

ただ、FTRになると話は変わってくる。

数字的には8なのだが、その中でもだいぶ難しいほうだ。

Presentと同じようなノリで挑戦すると、すさまじく事故ると思う。

差の開き方が激しいんだよね。

注目すべきは円状のアークだが、タップ地帯も取りにくい配置が多め。

アークは技術、タップは地力と総合的な実力が問われやすいかな。

 

ジャケットチェック ちょっとした儚さと静けさが残る

コンポーザーはPuru氏。

先日ご紹介した無料曲の“GrimHeart”を書き下ろした方と同一。

あっちもあっちで、ぐるぐるアークが出てくるんだけどね。

アートワーク担当者がkkkfff2氏。

譜面製作者はToasterさん。

 

ジャケットの画像はコレ。

中央に曲のタイトルが大きく書かれたシンプルなもの。

六角形を上下に分割し、上段と周りは色あせたような白色。

下段はきれいな夜空を思わせる濃い青といったいで立ち。

特に下段側は、タイトル文字の色も相まってはっきりとした印象だ。

 

聞いてもらえればよくわかるんだけど、かなりしっとりとした感じの曲。

タイトル通り、雪が降る静かな外をイメージされているので…。

このジャケットは雪の色と夜空が相まって、なんとなく儚い感じ。

シンプルながらも、誰しもが想像する雪が降る夜を思い浮かべやすいかな。

音ゲーの曲と言うより、RPGの雪マップに使われてそうな気がするぜ。

ラガン
一人で考え事をするときにピッタリなBGM。

 

楽曲攻略 同時押しへの瞬時な反応+円状アークの拾い方

譜面の傾向として、サビは同時押しが多いところ。

そしてそれ以外の中盤は、一転してアークの処理が増えてくる。

それぞれ注意すべき点があり、それなりに難しい配置が多いのだ。

 

同時押しはシングルのタップに紛れてやってくるが、しれっと混ざるタイプ。

8分間隔で来るパターンが多いが、16分タップの直後に来ることもある。

ここ素早く指を動かしづらく、ちょっとFARが出やすいかな。

幸いフロアのみなので、視認性自体はまずまず良いのだが出遅れることも。

突然来た同時押しにあわてないよう、いつ来てもいい心構えはお忘れなく。

 

一方のアークは、中盤のアレを除きすさまじく激しく動くわけじゃない。

となると、厄介な円状アークを抜けることなく回収できるかがカギだな。

以前に同コンポーザーが提供した“GrimHeart”と、対策はほぼ同じ。

ただあの曲は開放作業が要るので、解禁してないと練習できてないはず。

やり方は大きく変わらないので、改めて説明を後述していくよ。

 

開幕 早速サビの同時押しがいっぱいやってくる

曲が始まって数十秒は、長い両手アークのみ。

見た目通りしっかりなぞれば問題なし。

 

すぐAメロに入るが、大半は8分タップ。

ちょいちょい16分も混ざり、途中このスピードでトリルが入る。

タイミングは特段難しくはないはず。

 

この曲、サビもすぐにやってきて移る直前に長めの片手アーク。

お尻の部分が直角にカクカク激しく動くが、見た目より小さめになぞっておk。

一瞬外れるように見えるけど、少し指を左右に動かせばつながってるから。

この辺りから、徐々にフロアの同時押しが増えてくる。

16分間隔しか空いてないところに、突然同時押しが来たりするので注意。

8分の同時押しも静かなメロディーに惑わされ、気持ち遅れやすいかも。

反対側へ出張する短いアークとの同時も厄介だ。

 

サビ終わり際にも、左右にカクカクするアークがあるが小さめなぞりで大丈夫。

省エネ気味に指を動かせばちゃんと拾ってくれるぞ。

 

束の間の休憩 運指的には交差するのが正解

さらにメロディーがおとなしくなり、一端の休憩と言ってもいい場所。

ロングをつかみつつ、階段状のタップを処理しよう。

タップはすべて、フリーになった手で回収していくべき。

なので、最後のスカイを取ろうとすると腕を交差させるがそれが正解。

力業でロングの指を入れ替えてもいいけど、却って混乱しそうだ。

普通に階段状をタップすればよろし。

 

アークとタップが、少しずつ近づきこれまた腕交互状態になるところ。

とは言いつつ、ものすごい遠いターゲットではないので問題なかろう。

 

問題の回転アーク 見た目より小さい円を作るイメージ

そのまま右手アークが続き、中心レーンで時計回りに回転。

ここは見た目よりも一回り小さく、指を動かせばつながりやすいかな。

逆に大きすぎると、盛大に外れることが多い気がする。

もちろんほとんど動かさないようにしちゃうと、全部抜けるのでやらないように

円を描くスピードが微妙に変わるので、曲の音を頼りに早めたり遅めたりを。

 

次は左手の長いアークから、回転につながる部分。

円状の部分でする対策はさっきと同じだが、途中で回転方向が変わる。

よく見ると、最初の2回は時計回りだがそれ以降は反時計回りに。

同時に出るタップは少しだけなので、アークをじっくり注視すべきだ。

 

直後に16分タップが4レーンにまたがって振ってくる。

曲がゆったりしてるが、指は大忙しなので惑わされないように。

さらに右手アークなぞりからの、またまた回転アークが。

ここは回すスピードが最も速いので、なおさら小さめの円を描くイメージで。

大きすぎるともはや間に合わなくなる。

 

とどめに両手アークが大きく左右に振れる。

ここは見た目通りに、大げさに指を動かしてなぞろう。

若干赤く光って外れそうになっても、かまわずなぞり続けるべし。

そうすれば結構つながってくれるよ。

 

曲中もっとも忙しいサビ二回目 回転と16分の嵐

さっきの回転アーク地帯に、いっぱいおまけ要素を足したサビへ。

ここが一番この曲で忙しく、難しい箇所であろう。

 

片手アークをつかんですぐに、ぐるぐると回転アーク。

やることは変わらないのだが、ロングノートが一緒にくっつくので…。

下段の判定ラインについて、少し上でロングを取った場合少々危ない。

ぐるぐるアークに、ロングで取った指が反応する恐れがある。

判定線より、若干下あたりに指を置いてみると解決するかも?

必ず線には指で触るようにはしておいてね。

 

それが終わると、16分と8分のタップ混合。

ただ全体的に16分が多く、結構せわしない動きが要求される。

大概は左右交互で取れるが、まれに縦連が入ることも。

今までの曲で培った技術を使い、しっかり突破したいところ。

ゲージが削られる場面ではないが、地力が足らないとFARを量産しがち。

 

またもや左手アークのぐるぐるが登場。

ここは最初速く、後ろはゆっくりという円のスピードが特徴。

やはり小さめの円をなぞるイメージで対処したい。

そのあと、大きく左右に振ってくるので一点大げさに動く。

指動かしの意識をガンガン切り替えないと、わけわからなくなりがち…。

 

ラスト 最初のメロディーだがこっちのほうが忙しい

また曲は最初の部分に戻る。

相変わらず8分主体ではあるが、満遍なくタップが入るので少し忙しい。

連続して同時押しがやってくることもアリ、思ったほどゆっくりできない。

終わりは近いが、まだ密度はあるので集中は切らさないように。

 

相変わらず超短いが、出張気味のアークもあり距離が遠い。

この直後に、元の方向からタップも流れてくるので行ったり来たりが大変。

すぐ次が来ることを忘れずに、機械的にタップを処理していこう。

 

最後の最後は、左手アーク+右のタップや短い右アーク。

段々左手は、画面右側によるので画面の奥が隠れがち。

動きは緩いので右手側に意識と視線を置きたい。

これが終わったらフィニッシュ。

 

円状アークはクセが強い もちろん他も油断できない難易度

この譜面は、全体的に難しい場面が続く感じ。

同時押しの連続・円状のアークが特に厄介で、ここが取れないと厳しい。

無料曲とは言えど、決してやさしい部類の譜面ではないな。

8っつっても、結構な難易度を誇るのは納得。

穏やかな曲調であるし、譜面も激烈に激しくないが静かに難しいという。

 

なので最初からプレイできるとはいえ、舐めてかかると悲惨なことに。

FTR8もだいぶこなせるようになってからの挑戦をお勧め。

できれば、何度も出てるけど”GrimHeart”で練習してからがよりベスト。

あそこくらいでしか回転アークの練習ができないからな…。

 

今回はここまで。

雪降る深夜に、しんみりした気分に浸りたいときに聞きたい曲。

そこで夜空でも眺めながら、冷たい空気に身を預けるのも一興かも。

たまには時間を忘れ、静かにぼーっと過ごす時間も大事だよね。

 

白い雪のプリンセス。

(Arcaeaまとめはこちら)