管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

PCモニターの高さ調整って機能は必要? 搭載済が便利だから是非アリで

「PCモニターの高さ調整機能っている?」

スタンドを併用する場合、この機能があったりなかったり製品ごとに様々。

 

高さ調整っつうのは、単に画面の位置を上げ下げできるかどうか。

やってることは超シンプルな機能の一つ。

ただこの機能はぜひあったほうが便利だ。

モニターを選ぶ時は出来るだけ搭載されているものをお勧めよ。

 

PCモニターの高さ調整 見る位置は結構大事

PCモニターって、それぞれ内面外面の仕様が全然違う。

外のハード面だけ見ても、各社によって形や可動域が変わってくる。

デザインもそうだし相当なバリエーションがあるんだよね。

ただモニターのカラバリだけは本当に全然ないのが個人的に不満だが…。

 

今回はモニターに付属するスタンドについてのお話。

画面を支える足になるのだが、ここも主に4つ動く箇所がある。

チルトピポットスイベル・高さ調整だね。

ここでは高さ調整機能って必要かどうかを考えていくよ。

 

しばらくPCモニターを使い始めてよくわかった。

高さ調整はぜひ欲しいスタンドの機能だ。

画面の高さって、PC作業のしやすさにかなり直結するよ。

これがあるとないとでは相当違うな。

 

画面の高さは座って見るときに見やすさへの影響が大きい

PCでお仕事、あるいはゲームに熱中する人は特に顕著。

大体何時間と画面の前に座っていることが多いはずだ。

ということは、その間体の姿勢って同じ状態で固まるよね。

 

ここなんだけど、自分の目線に画面がどう映るか?

それによって自然と姿勢って固定されるんだよ。

だから姿勢が適切だと疲れにくいし、不適切だと体がバッキバキになる。

しかもしばらく経たないと自分で良くない姿勢ってわかりづらいんだよな…。

 

もちろんキーボードとかマウスの位置も関係するものの…。

画面の高さはかなり大きな割合で影響がある。

てか高すぎたり低すぎたりすると普通にやりづらいのよね(笑)

クタちゃん
首と肩に鈍痛が走るクテャ…。いてえクテャ。

 

PCモニターを使う以前は、こんな感じでノートPCだけをボンと。

画面の高さはさすがに調整できない。

けど机の高さと俺の体格が割とあっていたからだと思うが。

長時間いじっていても、首や肩の疲れを感じた覚えは殆どない。

画面はちっちゃいからそういう意味では使いづらかったが。

 

この状態で長い間使って、ようやっとPCモニタを導入。

現在の机の上はかなりぎっちぎちになった。

 

画面が大きくなり、スタンドで高さも調整できるように。

座る場所や顔から画面までの距離は大きく変わってない。

 

モニターの高さを比べてみると疲れ方が違う感じに

大事なのは長時間使ってても疲れにくい位置にすること。

じゃあPCの作業時にモニタの高さを変えて試してみよう。

今使っているのがASUSのTUF GAMING VG27AQと言うモデル。

スタンドの高さは0mm~130mmの間で調整可能。

 

背筋をまっすぐ伸ばして床に座ると、俺だと約75cmほど。

机の高さが37cmでその上にモニタがある。

一番下まで画面を下げても、机の天板からわずかに上だ。

よって、画面は一番下で高さが40cmくらいの位置に。

 

イメージしやすいように、わが仲間たちに協力を要請。

椅子の上にイルカ2匹が居るのが見えるよね。

大体上の水色イルカあたりが実際の自分の目線の高さかな。

ラガン
おいおい、コールは普段俺の上に乗っからないだろ?
コール
誰かの上に乗りかかるのはやっぱり気持ちいいね~。

この状態でもう少し机に寄った位置から画面を見てみよう。

試して分かったけど、高さって首周りの負担に影響与えすぎ。

位置が適切ならば長時間地べたに座りっぱなしでも、上半身は疲れにくい。

ただし上手く調節できないと特に腰と首への鈍痛がどんどん蓄積されるぞ…。

 

一番低い状態 まっすぐ見ると目線はモニター上部に

まずは一番低い状態の画面から。

大体この写真のように見えるよ。

 

さっきの机の上と若干変わっているが気にしないでくれ。

こんな具合に、かなり低い位置に画面が鎮座してくる。

まっすぐ前を向くと、画面の上部分が自然と目に入る。

Google Chromeのタブと、モニターの上ベゼルあたりだな。

だから画面中央に視線をずらすとちょっと首が下に向く。

特に下のタスクバーを見ようとすると、結構首が下向きに。

 

ただいろいろ調べてみると、どうやらこの位置は適正みたいだ。

自分の目線が画面中央を見るとき、若干下に向くのが最も望ましい。

今の俺の環境でいうと、ほぼ一番下の高さで良いってことか?

 

この状態でしばらくブログの執筆をしてみる。

…。

なるほど、言われた通り確かに上半身は疲れにくいね。

そう考えるとノートPCだけの時と似たような感覚だな。

あれも首が少し下に向いている状態で見るのがデフォだったから。

それに画面を上を見るとき、ちょっと目線を動かすだけで十分。

首を上に向けなくても画面のすべてがおおよそ網羅できる。

使いやすいね~。

 

ただモニターの周辺機器の配置にちょっと問題がある。

今の状態だと画面を下まで下げると、スピーカーの前にもろ被り。

せっかくPC用のスピーカー使ってるのに、物理的な邪魔になるんだよな。

まぁそれは机が狭いだけだから、そこさえ何とかすればいいだけだが。

クロミちゃん
そこを考えないなら一番下が見やすいのね。アタイにも優しいワ。

 

中段ほどの高さ 座った時にまっすぐ見た目線はモニター真ん中あたり

次は可動域の半分の高さ。

70mmくらいに設定した状態だとこう見える。

 

まっすぐ座った状態だと目線が丁度画面の中央に。

首も自然に伸びたところ+目で上下を追うことが出来る。

またこれでブログの記事作成をしばらくやってみよう。

 

…。

うんうん、こんな感じか。

まぁできなくもないが、少々画面が高いかなと感じるね。

画面上部は少し首を上に向けないときびしいかもしれない。

逆に下部はさっきよりも却って見やすい気がする。

先ほどのモノに比べて、メリットが少し増加。

デメリットがそれ以上に増加といった具合。

どちらかと言うマイナス面が目立つような…。

 

一番下が低すぎるという人は、この0mm~70mm間。

この範囲で上手く調整するのが良いだろう。

適正な高さはあるけど、人の好みも要因にあるからね。

タート
首を上に向けなきゃいけないとちょっと大変だ!

 

一番上の高さ 目線はモニター下部に来て見上げないと辛い

最後は一番高いところに固定。

高さ130mmの画面は俺の目線からだとこう映る。

 

一目でわかる通りかなり高い。

この状態で作業を進めてみようか。

…。

まぁ思った通りと言うか、純粋に一番使いづらいなぁ。

まっすぐ画面を見ると、中央より少し下にくる。

画面上を見ようとすると結構首を上向きにしないと見えない。

Chromeのタブ切り替えをカーソルで行うと、非常にやりづらい。

ブログ執筆なら、文字のほかに装飾とか使いたいときのボタンが上に。

イチイチ首を動かして探すのは地味にストレスが溜まる。

 

後もう一つ問題が。

一般的に目線が上向きのままだと、目の乾燥を招くとか。

うんまぁ俺が感じるところは、目の乾燥もあるんだけど…。

なんか画面が異様にまぶしく感じるのが辛い。

これが長時間の作業を不向きにさせる原因の一つなのかもしれない。

画面を下に固定すると損なことないんだけどねぇ…。

 

高さ調整機能付きのPCモニターなら柔軟に対応可

ただ高さ調整が出来るスタンドはこういう違いも感じ取れる。

変更可能ならば手軽に自分の体格にあった高さにできるし。

調整できなくて、どうもしっくりこないといった事態も回避可能。

それにこれ以上余計なものを買い足す必要もないし。

体格は人によって細かく違うから、目線の高さはかなり大事。

それを手助けするためにも、スタンドの高さ調整機能が欲しいワケだ。

 

スタンドの機能としてはまずまず搭載されている傾向に。

2020年4月時点での価格comを参照してみる。

1,378件中高さ調整付きがそのうち397件。

チルト機能に続き、高さ調整はヒット件数が多い。

 

だから選択肢としては十分だろう。

モニターアームを使わないなら、特に欲しい機能の一つ。

もしモニターを選ぶ際の基準にしてみていはどう?

 

今回はここまで。

なるべく良い姿勢を維持できるなら、PC作業も楽に。

俺は文字を打つ時間がながいものでね~…。

 

ちょうどいい画面の高さは理想の環境の一歩!