管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

Steam版グルコスを遊んでみた ACと同じく出来は十分だが細かい不満も残る

「グルコスを自宅でも遊んでみたい!」

ご存じグルコス(Groove Coaster)といえば、ゲーセンで遊べる音ゲー。

TAITOより提供されし、俺も長年遊んでいるゲームだ。

 

元々スマホアプリで開発されたが、後にゲーセンでデビュー。

大分経った後に、PCとNintendo Switch版もリリースされた。

この2つのどちらかを使えば、自宅でもグルコスを楽しめる。

ずっと気になっていたPC版で遊べるようになったのでレビューするよ。

ゲーセンでの日常を自宅でもできるようになったのはとても大きい!

 

アーケード準拠のグルコスもSteam経由で自宅プレイ可能

TAITOと言えば、スペースインベーダーを開発したことで有名だ。

古き良きドットとシューティングを組み合わせた、昔のゲームの金字塔。

その流れ(ジーン)を汲み、この音ゲーが製作されることに。

一番最初は携帯アプリ版で2011年7月に配信スタート。

後にアーケードへ移植され、こちらは2013年1月に稼働開始。

かなり後にPC版(Steamより)、2018年6月に配信が。

一番最後のNintendo Switich版は2019年11月にこちらも配信。

俺は初代アーケード版から地道にこのゲームをプレイし続けている。

現在の実力は何とかDIFFICULTY15(最高難易度)が解禁できた程度。

多分全体で見れば中級者レベルだと思う。

 

せっかくなら自宅でもグルコスを遊びたいと思い…。

前々からSteam版は気になっていたのね。

それで先日、Steamアカウントを取得しこれを購入。

ちょっと遊んでみたレビューのお話。

お気に入りのゲーセン音ゲーを自宅で出来るのは感動した!

安定のクオリティの高さは健在だし、優しいのから難しいのまでさまざま。

AC版と殆ど同じ感じだが、操作感は全くの別物なのでそこがどうかなって感じ。

 

アーケード版とSteam版の比較

全て非公式Wikiに載っているんだけどね。

簡単にまとめるとこんな感じだな。

AC版は常にシリーズの最前線を行く
・1プレイ100円で3曲遊べる(途中で強制終了は無しで、曲数は店の設定による)
・最も収録曲数が多い(600曲以上)
・プレイヤーデータ保存にはNESICAカードが必要(無いと各種解禁要素が全て出来ない)
・操作は専用コントローラー(ブースターと呼ばれるもの
・55インチの縦向き大画面筐体でプレイ可能
・時期によってオンラインのイベントが開催される
・一部高難易度曲に制限アリ(後述)
・各種アバターやアイテムの種類が一番多い
Steam版はAC版に近寄った作り
・ゲーム本体と追加楽曲の買いきり式(本体1,980円、追加楽曲は曲ごとの金額)
・全部そろえると割引なしで大体18,000円くらい
・全体の収録曲数は3つの中で最も少ない(それでも160曲ほどはある)
・譜面難易度はごく一部を除き、AC版と全く同じ
・操作はキーボード、あるいは市販ゲームコントローラーなど
・画面はお使いのPCモニターサイズに準拠(横・縦画面に映せる リズムゲーム中は縦画面固定)
・高難易度解放にはAC版と違う制限アリ(後述)
・アイテム等も一番少ないが、AC版と効果は同じ

 

ざっくり比較するとこんなもんか。

ちなみにSteam版のメニュー画面は、ACのバージョン3時代風味。

2020年6月現在のAC版はバージョン4.5だからなんか懐かしい。

ジェラトーニ
あれ?、君その頃まだ熱心にプレイしてなかったよね?(ニヤニヤ)

 

まずコントローラーでプレイしてみる

とりあえず実機プレイに行ってみよう。

予めSteam関係の準備を先にしておくよ。

購入・インストール等も全部済ませた。

そして忘れちゃいけないのがコントローラー。

キーボードでもプレイできるが、やっぱりこっちじゃないと。

 

上がHORI製のPS4でFPSをやるためのコントローラー。

俺はFPSやらないけど、連射機能が欲しかったので持っている。

下はPS4の純正コントローラーである、DUAL SHOCK4だね。

どちらでもプレイ可能だが、今回はHORI製のモノでやってくよ。

パソコンのUSB端子に挿して使える状態にしておく。

更にSteamアプリでコントローラーを有効にするのを忘れないように。

なんせSteam自体はじめてなもんで、ちょっと設定に苦労したわ…。

 

横画面ウィンドウ表示はデフォルト

デフォルトの画面設定で起動。

もうなんかね、起動時のこの画面が出るだけで感涙もんですよ。

ナビゲーターのリンカちゃんの掛け声がゲーセンの雰囲気を盛り上げる。

コインを入れるたびにナビの「ようこそ、グルーヴコースターへ!」の声。

やっぱりこれ聞くとテンション上がりますわ!

 

MENU画面はまさにバージョン3時代のUIだね。

リンカちゃんも右側にでかでかと鎮座するこの姿。

アーケードだと右下なんだけど、細かいことは気にするな。

因みに全楽曲購入済みでございます。

 

左側にアーケードにはない機能。

前回プレイした曲とお勧め曲、一番下のNonstop Remixモード。

このモードは10曲のプレイリストを作成後、ぶっ通しプレイをするやつ。

真ん中右には世界中のランキングが一部乗っかっている。

1位~3位と自分の順位、それに自分より一つ下の人が出てるね。

一番上とか頭おかしいやろ(棒)

ラガン
多分ゲーセンのランカーで、傍から見ると意味不明な動きをする人たちだな

 

ショップを覗くとゲーム内通貨でお買い物が可能。

アイテムはアーケードと同じものを一部だけ使える。

楽曲はこの4つだけ通貨で解放かな?

上から3つは個人的に思い入れのある曲だぜ。

アバターもアーケードと同じようなものが並ぶ。

 

設定はグラフィックだけ説明しよう。

残りは見ればわかるから。

今は横画面でウィンドウ表示。

フルスクリーンにすれば当然画面いっぱいゲームに切り替わる。

MENU画面内では横置きでもウィンドウギリギリまで表示されるよ。

まぁ元々グルコスは縦置きディスプレイ用のゲームなんだけどね。

 

だから縦置きにしたい場合は、真ん中の縦置きを選択しよう。

※のとおり、次回起動時から縦画面形式でゲームが出来る。

それと同時に、スクリーン自体の設定も縦にしないとだめだぞ。

ゲーム・ディスプレイ両方とも設定を揃えないと変な表示になるで。

 

楽曲選択はやっぱりアーケードと同じ感じ。

ただデフォルトでカテゴリ順のソートになっている模様。

後は難易度順、あるいはスコア順での並び替えが可能。

 

難易度についてだ。

Steam版では御覧のように、最初は低難易度しか解放されていない。

スコアに関係なく単にクリアすれば、上の難易度に挑める。

アーケード版だと難易度10までは何でも挑戦が可能。

11以上は制限が設けられている。

解放には一つ下の難易度で、どの曲でもいいからSランクをとること。

こんな違いがあるので注意。

 

一部の曲にはやっぱりEXTRAの難易度もある。

これもSteam版なら、一つ下のHARDをクリアすればOK。

アーケードだと同じ楽曲内で全ての難易度をSランク取得が必須。

 

横画面表示でプレイしても、リズムゲーム中は縦画面。

ただ御覧のように、横に黒帯が出てしまうのはしょうがない。

もちろんフルスクリーンにしても横だと出てくるので注意。

 

プレイ終了時におなじみのリザルト画面。

スコア算出・ランクに関してはやっぱりAC版と同様。

クリアすれば上の難易度がこんな感じで解放される。

 

縦画面表示にするとアーケード版により近づく

ついでに縦画面表示でもやってみたよ。

やっぱりグルコスと言ったら縦じゃないとな。

 

ディスプレイ・ゲーム共に縦画面表示に設定。

ウィンドウ状態で起動すると、ちゃんと縦画面に出てくるね。

壁紙には突っ込まないでください。

 

おお、リンカちゃんがまんまアーケード版の位置にいるじゃないか。

やはりこの表示がアーケード版のメニュー画面だよな!

 

更にフルスクリーンにすると、画面一杯にグルコス一色。

これぞまさに求めていた家庭用グルコスじゃないか!

 

縦画面+フルスクリーンにすると当然横の黒帯は無し。

画面を見ればゲーセンでプレイする感覚がそのまま自宅で!

 

リザルトもしっかり縦表示されるね。

よいよい!

 

モノはマジでアーケード 操作感は別物

ゲーム画面は本当にアーケードそっくり。

なので元々の印象とほとんど変わりはないが…。

やっぱり自宅で出来るってのは感動するよね。

そこが一番の売りだもん。

 

あれだけ気に入っているゲーム。

しかし俺にはゲーセンでしかプレイできる環境が無かった。

(いやアプリ版もやろうと思えばできたけど)

それが家に帰ればいつでも好きなタイミングで出来る。

わざわざお金を手元に用意する必要も無く。

素晴らしいぜ…。

相変わらず豪華な演出はあっちと同じだから凄いまんまだし。

音ゲーとしてはいつも通りのクオリティで安心した!

 

一応俺のショボいノートパソコンでもプレイは出来たよ。

動きはあるけど、3Dゲームではないしハイスペックは要求されない。

CPUの性能が相対的に低いからか、若干カクカクするけどね。

今売られている普通のノートPCならその辺も問題ないだろう。

Core i3以上のCPUならなおよろしいと思う。

ゲーム用デスクトップPCだったら言わずもがな余裕で動かせる。

 

ただ操作感はやはり全然違うね。

コントローラーだと連打が間に合わないので、結局キーボードに戻った。

そっちだとスライドがまた難儀するが、まぁしょうがない。

二方向がバンバン出てくると、アーケードよりさらに混乱しやすいかも

 

いくつか気になる不満点もあり

ただどうしても気になる点はやっぱあるな。

一つは難易度解放について。

ここが最も不満だな。

正直低難易度からしか遊べないのはかな~り面倒。

特にシリーズ経験者なら、最初からHARDを選ばせてほしかった。

全ての曲で低難易度をやらないと考えると無駄に労力がかかる…。

なぜこういう仕様にしたのか理解できない。

 

欲を言えばナビゲーターも複数用意してほしかった。

Steam版はさんざん出ていたリンカちゃんしか使えない。

アーケード、Switch版はいろんなキャラがナビしてくれるのだが。

 

楽曲だとVOCALOID曲が一切収録・配信されてないこと。

他のグルコスならそこもきっちり入っているのだが…。

何故かSteam版には全く無い。

なのでボカロ好きプレイヤーからは敬遠される原因だな。

 

操作については、アーケード譜面をコントローラーでやるのは結構厳しい。

一番厄介なのは、高難易度になればなるほど増えるスライドだ。

コンフィグで割り当てられるが、アーケード版と似た感じにすると…。

とてもじゃないがスライドを拾う余裕が無い。

 

AC版だとその方向にブースターを傾ける。

同じようにコントローラーだと、スティックを傾けるようにした。

そして連打を担うボタンは左の十字キーか、右の4ボタンでとしたのね。

グルコスは連打の直後にスライドが来ることが多い。

とすると、全然別の入力箇所に親指だけで移動しなきゃならない。

いくらなんでもそれを素早い動作でやるのは不可能。

おまけに連打も親指だけVS手首から先全体ではやりやすさも違うし。

どうしても操作感は別物になってしまうのだ。

キーボードであんまり大差ないし。

こればっかりはしょうがないんだけど。

 

ゲームにおける入力デバイスの慣れってかなり大きいからね。

さすがにAC版と同じようなプレイをSteamでやるのはほぼ不可能だ。

ブースターを自作しない限り無理だと思う。

ゲームの面白さと言うより、外部の仕様による不満だな(笑)

ダッフィー
そこまで求めるのはさすがに酷じゃねえか?

 

操作感は変わるがアーケードのグルコスを家で楽しめるのは○

アーケード版をほぼそのまま。

それを自宅PCで出来るというのは何度も言うが大きいこと。

中々感動の渦に一人巻き込まれておりました。

ところどころ不親切な部分もあるけど…。

自宅でちょっとリッチな音ゲーをお探しなら、グルコスが適任だな。

相変わらず初心者から上級者までガッツリ楽しめる。

 

ぜひとも家でTAITOが作った芸術作品を愛でてみない?

ご参加お待ちしておりますよ。

 

今回はここまで。

余談だが、この件をきっかけにSteamを使い始めた。

前々から凄いと周りから聞いていたが、これはゲーム廃人がはかどりそう。

あまりハマりすぎないように注意しないとな…。

 

間近で大画面音ゲーは楽しすぎる!