管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

ネタを振られたら、敢えて全力で応えたほうが逆に恥ずかしくない

  • 2018年11月14日
  • 2019年11月21日
  • 体験談

 

「誰かに何かを振られたとき、どうも恥ずかしがってしまう…。」

「ネタを振られると滑るのがめっちゃ怖いんだよね…。」

わかるわかる、ああいう無茶ぶりってホント困るよ~。

 

どっかで人と接していれば、時にはそんな場面に襲われることがある。

俺も過去に散々フリを受けてきたが、今回は心構えのお話をしようと思う。

もしネタを振られたら、例え滑っても構わない精神の下に全力でやったほうがケガが少ないよ。

下手に恥ずかしがるほうが逆に変な目で見られやすい。

こういう時はな。

 

 

 

ネタを振られるということは、ある意味期待されてる

 

一発芸とか今のご時世全く流行らない。

それを強要した時点で立派なハラスメントとして扱われるようになった世の中。

そういう風潮が広がるのは、下っ端としては助かるところだ。

無理やりはよくないよね…。

 

と言っても、一発芸では無いもののちょっとしたネタフリなんていくらでもある。

あれやってだのこれやってだの。

小さいことでも振られたほうは結構厄介なのだが…。

必死に断りまくると周りから「ええ~。」みたいに扱われるのがもっと困る。

もちろんやりたいわけでもない。

こういうときって、退いても押してもいい方向に転ばないイメージしか湧かないよな。

結局どっちか選ぶしかないんだけど。

 

ここで俺は思うのだが、正直ちょっと無理してでもやったほうが収まりが良いことが多いと思う。

どっち選んでも苦しいなら、いっそのこと開き直ってそのフリに応えたほうが楽だよ。

その時なるべく全力でやっているように魅せることが大事。

 

 

 

恥ずかしがると却ってダメなほうに目立つ

 

当然無茶ぶりはやりたくないが、どうしてもやらなきゃいけない事態になった時。

必死こいて断りたい気持ちは重々わかる。

だってやりたくねえもん。

 

それでも立場上断れないときに限って、こういうのって必ずと言っていいほどやってくる。

この時に拒みたくなるが大体逃げ切れないんだよね。

残念ながら日本は同町圧力が強く、そういう場面では非常に厄介に働く。

おかげでやらざるを得なくなるのだが、ここでもじもじしながらやると逆に恥を掻きやすいのだ。

 

極度に恥ずかしがったり、もじもじするとパフォーマンスが非常にグダグダになりやすい。

小さい声で何を言っているのか、小さい動きで何がしたいのか相手に伝わりにくいんだよね。

すると周りがしらけたりイライラする可能性が高く、自分はもっといたたまれない空気に包まれる。

こうなるともう顰蹙ものだ。

別にやった本人が悪いことをしているわけでもないのがさらに性質が悪い。

一方的にこっちが損しやすいけど、そういうのっていまだにあるんだよね。

友達間なら別に気にする必要はないが、職場だとそうにもいかない。

ラガン
古そう。職場の体質が。

 

どうしてもそういう無茶ぶりを要求する層っているんだよね。

特に俺なんか、いじられやすいキャラで今まで生きてきたからその憂き目はちょっと多め。

目を付けられるたびに何かやれと小さいころはよく言われてた。

当然その時はやっぱりやりたくない気持ちが前面に出すぎたからか…。

恥ずかしがってやらされてる感満載だったから、相手をイラつかせることがよくあったよ。

しかもその時自分はとにかく弱いし自信も無かったので、余計それが増長したんだろうね。

 

 

全力でやるほうがウケはいい たとえ滑ったとしても

 

これが今だと嫌いな相手だったら、相手にするつもりは一切ない。

逆に困るのが嫌いじゃない相手にそういうフリを要求されたときだ。

このケースになると、逆に今となっては全力で応えたくなってしまう気持ちが強まる。

嫌じゃない相手だと、多少無茶な要求をされても応えるのは道理…だと思ってる。

 

わかっているけど、その気持ちになるにはどうしたらいいの?

シンプルに考えれば、お笑い芸人になった自分を思い浮かべてみよう。

もちろん素人なので、狙ったように笑いを取りに行くのは難しい。

下手すれば滑る可能性が高いけど、全力でやる熱意は結構相手に伝わるもの。

それさえあれば、とりあえず何がしたいのかはわかってもらえる可能性が高いよ。

加えて自分のために全力でやってくれるって、やっぱり相手からすると地味にうれしいもの。

たとえ面白くなくとも相手からの好意はアップしやすいかな!

クロミちゃん
アタイのためにいろいろやってくれるとは、健気じゃないの!
タート
ま、まぁ悪い気はしないかな。

実際あなたも他人がそのフリに応えようとする姿を見たことはあるだろう。

めちゃくちゃでも一生懸命やっていれば、少なくとも頑張っている感じは伝わるよね。

それが自分のためにやってくれるとわかっていたらどうだ?

中々嬉しいと思わないか?

(悪意がある場合はもちろん除くが)

それに頑張って応えようとすると、結構相手がフォローしてくれたりするんだよね。

すると悪い意味で目立つことも少なくなり、結果的に恥を掻きにくいわけだ。

そしたらこっちのほうが得だと思うな。

まぁちょっとしたサービス精神みたいなものよ。

 

 

嫌な一発芸 でも全力でやったらあとでほめてもらえた

 

Omochiも会社に入ってこんなことがあった。

入社一年目の社員は、野球部の大会前夜祭で一発芸をしろと言われてたのよ。

色々文句を言いたいこともあったが、もう慣習みたいなものなのでどうしようもない。

現実は非情である。

当然やりたいわけがなかったが避けようがないので、他の同僚とどうするか揉めたのよね。

 

結局人前で脱いで、リアクション芸人のまねごとをしたのよ。

(この時日ごろからジムに通い、心底体を鍛えておいてよかったと思う)

冷静に考えたら全く面白くも無いネタだったのだが、めちゃくちゃ全力でやっておいた。

すげえでかい声を上げながら、リアクションを体全体でおもいきりとる。

完全にプライドを捨てた瞬間である。

 

観客の反応は正直覚えていない。

ちゃんとそっちのほうを見てなかったから。

しかし後々になって、別部署のおばちゃんから褒められつつ謝られたんだよね。

「あれだけ全力でやってくれて有り難かった。本当に嫌な思いをさせてごめんね」

そういわれただけで俺としては必死にやったかいはあったかなと思ったよ。

その言葉だけでちょっとは報われた気がする。

ヴィーゼ
本音は?
アナゴン
聞こえる…。聞こえる…。最初からやらせるなって。

 

 

スポーツジムでのコスプレ大会 かなりウケが良かった

 

もう一つある。

俺ね、スポーツジムで「リトモス」っていうダンスレッスンを兄と一緒に受けることが多いのよ。

ダンスだからか参加者も陽気な人達が多い。

皆季節のイベントになると、色々ノリ(悪ノリ?)に乗っちゃうんだ。

 

例えばハロウィン。

最近やりたい人は仮装するのが普通になってきてるよな。

この時期はどこもかしこもオレンジと黒に染まる。

ついでに人々の抑圧された感情が解放されやすい。

ジムでも同じ?で、レッスン参加者も仮装したがるんだよね。

 

参加して間もないころは気にしてなかった。

しかし期間が長くなって他の参加者と仲良くなるとこんなことを言われるようになった。

「そこの兄弟は仮装しないの? せっかくだからやろうよ~」

と誘われるのである。

当然仮装する気はないけど、やれと言われたらそうそう断れない。

だからやってやりました。

時系列的には本記事を投稿したのが2018年の11月。

実際に仮装をしたのが2019年の10月で、本記事をリライトした後の話になる。

 

 

丁度その時、過去サバゲー用の装備(迷彩服)を持っていたのよ。

もちろんやめてしまった後だから、もう着ることはないと思っていたが役に立った。

軍人コスプレ(ハンドガンつき)の格好をしたところ、思ったよりウケが良かったのね。

色んな人から

「え?、本職(自衛隊)の人なの?」

「ぜひとも被災地の支援に行ってきてほしい格好ね~」

「あの服って、この時のために用意したの? 凄い気合入ってたね!」

なんてお声をもらったよ。

まぁ迷彩を着た人間なんて、普通生で見ることはないからな…。

かなりインパクトも強く、他の人の印象に残ったみたいで大変気持ちよかった….。

 

やる気がないながらも敢えて全力に舵を切ると、こんな体験をすることが出来たりね。

色々予想外だったけど、こんなことを言ってもらえるとこちらとしても嬉しい!

 

 

 

サービス精神旺盛の気持ちで、ネタフリには全力で応える

 

こんな感じで、ネタを振られたらあえて全力でやってみると副産物が生まれてくれた。

確かに恥ずかしかったり、やりたくない気持ちは今だってあるよ。

でも逆に吹っ切れてやってしまうと、周りに必ず見てくれる人がいる。

誰かのためではなく、振ってくれた相手にだけやるつもりでやってみよう。

嫌な相手じゃなければきっとその頑張りを認めてくれることだろう。

 

無茶ぶりは出来るだけ止めてほしいが、来てしまったら全力でぶち当たってみる。

下手に避けようとするより、後でいい結果が生まれる可能性は高いから…。

一時の恥を受け入れてやってみるしかないだろ!

 

 

今回はここまで。

とはいえ無茶ぶり自体するものでもないので、他人に強要しないであげようね。

悪ノリは受ける側が凄い大変なんだからな!

 

お笑い芸人の根性を見習え!