管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

スポーツジムに通い続けて感じたデメリット6選… 全てが良く感じるわけではない。

  • 2018年1月23日
  • 2019年7月20日
  • 体験談

 

「スポーツジムに通えば、メリットがあるのはよくわかったが本当にいいことだけ?」

「運動するのはいいことだけど、やりすぎるのも決して良くないよね?」

と地味にマイナス面が気になることもあるだろう。

 

Omochiも数年間ジムに通い続けて、これは良くないなぁと思う場面もあった。

今回は通っていてデメリットに感じたことを紹介するよ。

自分に原因があるのか、環境に原因があるのか…。

 

 

 

何もいいことだらけではなく、必ずデメリットも存在する

 

運動習慣をつけるのはとっても良いことだ。

特に社会人以降になると、ぐっと運動する機会が減り健康にもよろしくない。

俺も紆余曲折あったが、大きく太ってしまったのを期に通い始めたのは長い目で見れば確かに良かった。

通っていなければ、今のほっそりした体力バカの自分は形成されなかっただろう。

 

ずっと続けてきて、色々沢山のメリットがあったことは間違いない。

それが享受できていなければ、今も通い続けているかは何とも言えなかったし。

 

ただね、やっぱりやり続けるとだんだん悪いところも気になってくるのはしょうがない。

それが自分のことや、周りのこと問わずね。

全てが良いことだらけではなく、必ず悪い側面も存在する。

ここでは自分がスポーツジムで運動し続けて、これは良くない!と思ったデメリットを紹介するよ。

 

 

 

 

自惚れ・燃費の悪さ・お金と地味~に効いてきます(笑)

 

主に良くないなぁと思ったのが、大体このあたりに集約されたかな。

・お金はかかる
・習慣づけるまでがキツイ
・めちゃくちゃ頑強な体になる保証はない
・相手に対する攻撃性の増加

これから細かく説明するが、身体面と精神面に一部悪影響を与えております。

ただ精神面に関しては、もしかしたらOmochiにしか当てはまらないかもしれないけどね!

 

 

①固定費が必ず発生する

 

当然だけど、ジムを利用するなら月会費が必ず発生します。

契約する場所ごとや、内部での有料レッスン等に参加するなどでばらつきは出ると思うが。

毎月毎月、決して安くはない金額がどうしても出ちゃう。

 

ジムの種類・その中のプランにもよるけどあまり気兼ねなく毎日使える状態なら…。

やはり一人8,000円~10,000円ちょっとくらいはかかってしまうだろう。

これが毎月必ずかかるとなると、人によってはちょっと高いなぁと感じてしまうかも。

(それでも、毎週飲み会にいくとかよりは大分安く収まると俺は思うけどね!)

 

因みに俺の場合は、現在使っているところだと…。

普通の正規会員ならやはり10,000円。

しかし若い年齢だと、その区分に応じてもっと安い金額で使える制度があるため…。

現在は6,000円ほどで使えている。

そのかわり、平日は夕方以降などと時間制限はある程度付きまとうけどね。

ダッフィー
ただ、こいつの場合は今週4回行っているから思ったより安上がりなんじゃね?

 

とにかく元を取りたいなら、暇なときにガンガン参加すれば月会費以上の効果は跳ね返ってくるよ。

最悪お風呂に入りに行くでもいいしな!

ここまでみて、高いとみるか安いとみるかはあなた次第かしらね?

 

 

 

②習慣づけるまではやっぱり大変

 

人間って、週間さえつけてしまえばよっぽどのことが無い限り苦労せずに続けられる。

しかし逆を言えば、そこにたどり着くまでがかなり大変なんだよね。

どんなことでも言えるけど。

 

どこかで見た記憶があるのだが、スポーツジムって通い始めて一年で辞める人の割合は高いらしい。

たしか8~9割くらい辞めるとかなんとか見た記憶があったような…。

言うまでもなく、習慣化する前の段階で挫折してしまい辞めてしまうのが原因なのだ。

全く持って、ブログ運営と本当に似ているな!

 

幸い俺は、楽しさを見出すことが出来たのでやめることなく数年通っております。

そのコツはコチラにまとめたので、通ってもやめてしまうか心配な人は見てみてね。

ただそれでも、俺も最初の頃は通ってて別に楽しくもなんともなかったけどね…。

その状態で続けるのは、地味~にしんどかった。

兄にスタジオレッスンに誘われてなかったら、今頃はやめていてもおかしくないな…。

ジェラトーニ
せっかく通い始めたのに、もう逃げちゃうの?。ダメだなぁ(ニヤニヤ)

 

 

③風邪にかかりにくくなるわけではない

 

体を鍛えていれば、体調不良に陥りやすくなる。

そんな話を聞いたことはないだろうか?

俺も過去に何度か聞いたことがある。

 

ただし、調べてみるとどうもそうではないようだ。

特に激しい運動をしている人ほど、却って風邪をひきやすい体になっているとの話が出ている。

スポーツ医学に詳しいわけではないけど、激しく疲れていると体の免疫力が低下するみたいだ。

そこに風邪のウイルスが入ると、普通にしている人よりも体内の抵抗力が弱まっているため…。

結果として風邪をひきやすいみたい。

 

実際自分自身も、ちょいちょい風邪をひいているのでそれは事実なんだと思う。

特に社会人一年目の時なんか、慣れない会社員生活も相まっていたため…。

一年で5~6回くらい風邪をひいていた記憶があるよ。

二年目以降は慣れからか頻度は減ったけど、それでも3回くらいひいているしね。

 

体を鍛えに鍛えまくっても、風邪をひかなくなるわけではないためそこは期待しないほうがいい。

一番は適度な運動で辞めるのがちょうどいいとか?

 

 

④汗っかき体質に拍車がかかる

 

ジムで運動をするようになってから、日常生活で汗を掻く量が増えた気がする。

日ごろから汗を掻くことにより、体のエネルギー燃焼効率がアップ。

じっとしていても、普通の人よりカロリー消費が多分高い状態だ。

 

もちろんいいことでもあるのだが、その熱量は体の外に放散されないといけない。

人間は体にたまった熱を排出するため。水分を使って”汗”として放出するよね。

これのサイクルや量が割と早く、簡単に汗を掻くようになってしまったのよ。

 

すると特に気になるのが夏場。

やっぱり汗臭くなってないかが気になるのと、服の内側の不快感が半端じゃないんだよね。

そして誰かと一緒の空間だと、とりあえず暑くてそこにいるのが辛かったり。

色んな所に気が回ってしまい、全然落ち着かなくなる副次効果が…。

 

だから色々と制汗対策は必死になる。

余計な手間なのだ…。

ヴィーゼ
とりあえず、汗が乾いていない状態で絶対に僕たちを抱きしめるなよ!

 

 

⑤食べる量が全然減らない

 

さっき言ったように、体のエネルギー効率が良いということはガス欠も早い。

人間でいうガス欠状態は、要するに“腹減った状態”だと思っている。

とにかく腹が減るのが早く、量を食べないと満足できないカラダになっております。

 

すると量を食べるということは、人よりも食費に金がかかりやすくなり困ることに。

食べられるだけ幸せなのはよくわかるんだけどね。

俺は食費よりも娯楽費にお金を掛けたいタイプだが、あまりケチると腹減りによるイライラが…。

よってある程度維持するためには、ご飯大盛じゃないとダメなんすよ!

 

グッズにお金かけたいのに、地味に頼んだ食事+αのお金がかかるのはちょっとねぇ…。

更に元々食べるスピードも遅く、量は多いのでいつまでも最後まで食べていることが多い。

友達と飯に行くと、毎回俺が最後まで口をもぐもぐしているので…。

ラガン
早く喰い終われよ(怒)

と突っ込まれることもしばしばあります。

すまんな、早食いは苦手なんだ…。

 

 

⑥気に入らない相手に対して、かなり暴力的な思考になってしまった

 

最後は精神的な話だ。

多分これは自分だけかもしれないので、あまり運動で得るデメリットではないかもしれないけど。

 

運動して体が鍛えられると、自分に対して自信がだんだんついてくる。

ここまでは良い話なのだ。

しかし、それがだんだん自惚れになってきて相手へ向ける考えがだんだん変わってきた。

何かあるとすぐに好戦的な言葉が頭を覆い尽くし、それが顔に出やすくなってしまったのだ。

 

元々気に入らない相手に対して、かなりえり好みをしてしまう性格なのだが…。

体を鍛えて多少なりとも自信がついたことにより、その悪い部分がちょっとずつ増長してきた。

相手に対しての態度の差が、いつにもましてかなり激しくなったんだよね。

 

何かあると相手にわかるように悪態をついたり、毒舌を吐くようになったり…。

恐らく自信だけでなく、社会人生活でのストレスも要因の一つにはなっていると思うんだけど。

その辺りが却って自分が幼稚になってしまった、悪いことなんだよね。

自覚はあるんだけど、どうしても腹を立てると相手を死ぬほど煽りたくなって仕方が無くなる。

これはひどい。

コール
よく妹様に「ホントあんたと外にいるとそういう言葉を吐きやすいから、勘弁してほしい」と突っ込まれているよね~。

 

まぁここは人の性格の部分もあるから、もっとも当てはまるかどうかが分かれやすいと思うよ。

大半の人はこうならないはずだから、そこまで気にしなくてもいいかも。

 

 

一番ネックなのは一般的に見れば”お金”なのかなぁ…

 

これらはOmochiが感じた、個人的なデメリットたち。

自分としては、一番最後の精神的な部分が増長したところがダメかなぁと思うけど。

多分一般的には、この月会費が結構かかるっていうのが一番デメリットとして大きいと思うよ。

 

人間って得するよりも、損することのほうが圧倒的に嫌だと感じやすい。

ましてや払っても、見返りのある成果が必ず帰ってくる保証はない。

その辺は自分の努力次第にもよるし、胸を張って「努力家です」と言える人はそう多くない。

すると必然的に、自分がきちんと努力できるかどうかがどうしても心配になる。

出来ないと自己嫌悪に陥るばかりか、払った会費も無駄になりお金へのダメージも現れる。

上手くデメリットと真正面から付き合うのも難しいけど、そこらはきっちり見据えるようにね!

 

 

今回はここまで。

必ず良くない部分も物事には潜んでおり、しっかりそこを確認すると自分の妥協ラインが見える。

その駆け引きこそ、本当に自分に必要かどうかが分かりやすくなるので確認しておいて~。

 

 

うーむ、一部思ったのと違うけどしょうがないにゃあ…。