サイト内検索はTOP左上 お問い合わせは右上のメニューからどうぞ 8月以降は過去記事修正メインのため投稿頻度が少なくなります

バイトを始めて初の給料日 管理が厳しいなら親に協力してもらうのが賢い術

「アルバイトを始めて初の給料日!、わくわくするなぁ!」

「しかしこのお金、自分で管理しきれるかどうかわからない…。」

一般的な感覚だと、万単位のお金を得る機会は一発目がここじゃないかな。

今までお小遣いをもらっていた身からすると、一気に桁が上がるというか。

 

つまり一万円以上の収入を一度に得る。

この体験を初めてするのがまさしくバイトと言うもの。

かつては吾輩も全く同じ経験をしたが、急に手にするお金は嬉しい分困惑することも。

初給料が自分で管理しきれないと少しでも思ったら、親の力を借りるべし。

お金を貯めたり使うこの感覚、少しずつ学んでいこう。

 

バイトで初めて手に入れる給料 必ず親を絡ませよう

アルバイト。

学生なら気軽に始められる、働いてお金を得る”労働”を知る場所。

もちろん責任は軽いものの、自分の時間を使う以上それ相応の対価が貰えるよ。

お金と言う形でね。

多くの人は、高校生あるいは大学生でスタートすることがメインかな。

業種や立地によって、客層やスタッフ層が全然違うからじっくり選ぼう。

 

我輩はドラッグストアの店員→市営プールの監視員というバイト経験がある。

大学生になってから、やはりバイトはしておかないとなと思い色々探したもんだ。

ネットでいくらでも探せるから便利だよね~。

 

それまでは親から小遣いをもらって、少ない中でいろいろやりくりしててさ。

働いてない分自由に使える金額も少ないので、文句を言えるわけもないのだが。

そこからバイトを始めて、月に数万円を得ることが可能に。

初の給料日に明細を見たときはかなり心がふるえたね(笑)

決して時給が高いわけじゃなくいたって普通だったけど。

コール
4桁から急に5桁の金額だもん~。びっくり~。

 

ここで怖いのは、突然大金が手に入った気分を味わってしまうこと。

自分が生きてきて急に持ったことのない金額は、やはりタガが外れやすいのね。

お金はあるといろんなことができる反面、すべてを不幸にする可能性も併せ持つ。

きっちり自己管理がある程度できないと、実は身近だけど怖いシロモノなのだ。

もし管理に自信がない!って少しでも思ったら、ぜひとも親の力を借りることをお勧め。

近しい大人に見てもらうと、多少余裕はありつつ制限もかけられる。

特に高校生は必ず親を一度通しておいたほうがいい。

際限が無くなると何をしだすか自分でもわからんからね。

 

数千円から数万円に跳ね上がるこの大きさ 結構重みが強い

大人にとっても大きい金額だが、学生にとっての1万円はまさに重鎮というべきか。

これだけの金額があれば、学生の範囲内で一日遊ぶにはおつりがくるレベル。

頑張ってこの1万円を積み重ねれば、金額のお高いものも買えちゃうという。

自分の持つ欲を満たせる自由度や、遊びの幅が大きく広がるのは間違いない。

しかしその分、歯止めが無くなるとトラブルに巻き込まれるのもお金の性質。

そのため、自分なりにうまい付き合い方を見つけるのが大きな仕事の一つだ。

健全にお金を使い、人生で消費活動を行うためにも。

 

宵越しの銭は持たない。

言葉自体はかっこいいのだが、現代でこんな事したら何が起きるかわからない。

想像もしない出来事が急に湧いて出てくることもあるからね。

その時、やっぱり余剰のお金ってのは身を救ってくれることが多い。

いざという時の備えは本当に大事なのだ。

 

しかし悲しいかな。

やっぱり人間って、欲深い生き物だから…。

お金の魔力に魅入られると、そのまま悪いほうに突っ走りやすい。

あるだけガンガン使ったりが最たる例だ。

我輩は無かったけど、たまに周りでお金にだらしない知り合いとかいたしな。

テレビとかでもそういう人の話、たまに流れるしね。

 

特にお金の価値にまだ疎めな学生のうちは、ここがつかみにくいことが多い。

いくら手に入れて、どこまでなら使って問題ないのか?

欲しいものがあってもすぐに飛びつかず、我慢することができるのか?

この辺の感覚、就職や独立するまでにはなんとなくでも押さえておきたい。

 

親にしばらく管理してもらうのは合理的である

参考までに我輩の収入(学生時代)を書いとくね。

確か中学生のうちは、ひと月1,500円くらい。

高校の頃はバイトじゃなく部活をしてたので、小遣い制は変わらず。

あの時は1年生で3,000円、3年時には5,000円だったかな。

割と一般的な小遣い水準だと思う。

ダッフィー
やっぱり1万円は遠いな…。

 

ただ、まぁ高校生でのこの収入もちろん足りるわけがない。

当時からオタクだったし、高校の帰り道にアニメイトがあったもので…。

友達と寄っては何も買わず、指をくわえてみてるだけなんてことが多かった。

他にもコンビニで気軽に買い食いとかもほとんどしなかったし。

たまに行く秋葉で、一気に散財スタイルが付いたのもこれの影響だな。

普段は死ぬほど支出を絞り、頑張って貯めてを繰り返す。

 

しかし少なくとも3年はそうしていたため、大学生になってからは一変。

バイトを始めて、とうとう来た初の給料日。

月の途中からスタートのため、初任給としてはだいぶ少ないながらも…。

確か3万円くらい手に入ったんだっけな?

 

今まで良くて5,000円だったのが、急に桁が飛んで大きな金額に。

さぁこんなものを持ってしまうと、今までの反動が非常に強く表れる。

直近数か月間は、手に入れたら一ヶ月の間に使い切るなんてことがザラだったよ。

 

突然金遣いが荒くなると、やはり周りからは怪しい目で見られがち。

「羽振りが急によくなりすぎ。」

「おまえちゃんと貯めるクセつけないとあとで困るぞ」

などなどありがたいお言葉をいっぱい貰ったもんだ。

そのたびにやかましいと反発してたが(笑)

 

ただね、当時のことを今考えるとあれはやっぱりよろしくない。

いざという時の最低限の備えすら残さない、そんな生活をしてたからな。

何かが掛け違えば、途端に困窮者の仲間入りになる危険な綱渡り。

回りも不幸にするし、何より自分自身が一番つらいのは明白。

そうなりたい?

ヴィーゼ
せめて普通だと思われる生活水準は保ちたい!

 

中々学生のうちは、こういう歯止めが自分で利かせるのも難しいところ。

こういう時にありがたい存在がまさしく”親”だ。

身近な大人だが、お金を預けるには一番もってこいな存在でもあろう。

シンプルに必要な分だけ取っておいて、残りはすべて渡せばおk。

取り出そうにも親と言う壁を乗り越える必要があるので、これはかなり効果がある。

実際吾輩も、途中からその方式にしてちょっとずつ貯めるクセを付けなおしたよ。

 

おかげで突発的にお金が必要になっても、慌てることはほとんどなくなったぜ。

誰かと遠出する約束が突然発生しようが、全く問題なく対応可能。

ご飯を食べに行くのも、気軽に行けるようになったしね。

そして相変わらず普段の支出は絞ることは欠かさない。

 

社会人になってもその辺は大きく変わらない。

当然毎日働きに出るので、その分の給料もバイトとは比べ物にならなくなった。

趣味に使えるお金も増やしたが、ある程度の貯蓄はしておりますよ。

おまけに上司に勧められた財形貯蓄もあり、強制天引きでスキがない(笑)

まぁ貯めすぎも正直意味はないので、最低ラインだけ確保しときゃいいが。

 

一人暮らしだとさらにこの辺シビアになるだろう。

我輩はいまだに実家で甘えているので、アレではあるがやりようによる。

 

まとまったお金は扱いが難しい 上手に付き合おう

人生初のバイトをすると、最初の給料は結構衝撃的なこと。

多くの人にとって、一回で一万円以上得るのはこういうところがほとんど。

つつましいのかどうなのかよくわからんところではあるが、気にするな。

今までで持ったことない金額が手に入ったら、いったん冷静になるべし。

自己管理が難しいなら、そう簡単に手の届かないところへ置くのが単純。

その時親がそばにいるなら、お金の管理に協力してもらうのが便利かな。

 

お金の魅力はすさまじい分怖いのがつきもの。

自己管理が最初からできればありがたいけど、なかなか難しいよな。

学生のうちは、周りに頼れるものがあればガンガン使おう。

 

今回はここまで。

しかし、初めて得たバイト代の金額は衝撃が大きかったな。

人前で働くとこれだけお金がもらえるのかと感動しちゃったよ。

…慣れるとこれじゃ足りないとなるのもお約束か。

 

これが一ヶ月で得た自分のバイト代か~!