管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

休日の昼寝が凄くもったいない! 社会人になってそう思い始めてきたワケ

 

「休日に昼寝するのって超もったいなくね?」

俺、学生時代はこんなこと1mmたりとも考えたことが無かった。

ただ社会人になり生活に慣れ始めてから段々そう思い始めてね。

 

昼寝はすごく気持ちいいが、今考えると時間の無駄に思う。

どうしてそう思い始めたのか本記事で綴るよ。

多分あなたも似たようなことを感じてるんじゃないかな。

 

 

休日の昼寝がすっげえもったいない

 

人によって日ごろの忙しさは全然違う。

忙殺される日々の人もいれば、もはや暇を持て余した人まで。

その人のライフスタイルによって時間はかなり変わってくるよね。

 

俺はひとまず大学を卒業し、就職も無事に?出来ている。

大学生の頃と違い、仕事を始めると色々時間の使い方も変わるよね。

平日の日中はほぼ95パーセントくらい仕事に費やす。

残りの5パーセントは休みが取れた時くらいか。

すると通常時だと、概ね週2日の休みがまさにオアシス。

この休みのために仕事をしているっていう感覚の人もいるくらい。

 

そこで休日を過ごしててあることに気づいた。

「休みに昼寝するって超絶もったいない時間の使い方じゃ…。」

こんな事実に気づいてしまい、それから俺は極力昼寝をしなくなった。

どうしてもったいないと思う?

話半分に聞いてくれ。

 

 

休日は自分のために活動できる唯一の時間

 

社会人は大半の人が雇われての労働者だ。

すると会社で決められた時間・曜日は働かないといけない。

仕事をしているときってあたり前だけど自分の時間は過ごしてないよな。

その代わりに賃金と言う対価を得ているんだけど。

 

逆に休日は働いていないので、賃金が無い代わりに自分の自由に過ごせる。

この時間こそ社会人が好きなことに時間を使えるのだ。

確かにその時間を使い、何かの活動をするのも休息を取るのもいい。

ただ俺は休みこそ普段できないことをたっぷり時間をかけたい。

お昼寝をしてしまうと休息にはなるが、活動的なことが全くできなくなる。

どうしてもそれがもったいなく感じてしまうのだ。

ヴィーゼ
とにかく何かしたいんだね。

 

特に趣味が多かったり、かなり凝ったりする人はその典型ともいえる。

一人でもやりたいことが沢山あればあるほど、時間がとにかくほしい。

しかし平日は仕事でまとまった自由時間がかなり取りづらい。

そしたらガッツリできるのは必然的に休日となるわけ。

この日に寝て時間を過ごすってのは、どうしても納得いかなくて(笑)

お昼寝が気持ちいいのはすごくわかるんだけど…。

正直な気持ち、その時間を使ってやれることを出来る限りやっていきたい。

これが強いから休日のお昼寝はやりたくないのね。

社会人の人なら一度くらい同じことを思ったことないかな~?

 

 

やりたいことが多すぎて時間が足らん!

 

例えば俺の場合だと、現在自分の時間はこういうことに割り振ってる。

しがない独身男のやりたい放題生活をエンジョイしております。

・手に入れたゲームの消化
・当ブログの練り込み
・時期によっては資格の勉強
・ネットで情報集め
・アニメや動画サイトの視聴
・お部屋の整理整頓
・スポーツジム通い
・お買い物(殆ど秋葉原)

 

大きく分けると大体この辺。

特に赤字で書いた部分は、ほぼ毎日手を付けているレベルの作業。

まだ実家暮らしの社会人だし、一人暮らしに比べれば時間は確保しやすい。

それでも平日はこの中から一つしか作業が出来ない。

一部だけどんな感じか抜粋するね。

 

ゲームの消化は昔からやり続ける

 

この中で一番小さいころからずっとやり続けている趣味。

お兄様と共に子供時代はゲームにのめり込み、今でもずっと継続中。

Nintendo Switch、PS4をはじめやりたいゲームをやりまくってる。

ここ数年は後述のブログに時間を取られているが、プレイは欠かさない。

最近のゲームはやり込み要素もかなり多く、一本消化するまでが長い。

しかもPS4に至っては、プラチナトロフィーまで頑張って取ろうとしているので…。

一本一本がものすごい時間がかかる。

一度プレイを始めると、現在でも数時間ぶっ続けはザラ。

 

ソフトの単価はそれなりに高いものの、終わるまでが長い。

よって趣味としてはそこまでお金がかかるわけじゃない。

代表的な時間の消費の仕方ともいえるね。

ただ基本的にゲームは特に生産性のある時間ではない。

楽しいけど!

ラガン
純粋な快楽を得るためにゲームをしているからな!

 

出来れば休日には時間を確保し、じっくり腰を据えてやりたい。

どうせ平日はまともにできないからね。

 

 

ブログは死ぬほど労力がかかる

 

今自分が持っている趣味の中で、最も時間が消費されるのは間違いなくこれ。

当ブログの作り込みである。

将来自分を変えてくれるきっかけになるものと信じて、ひたすら力を注いでいる。

 

もちろんブログ自体は中々面白いよ。

色々やっていると利点がいっぱい出てくる。

・自分が口に出せない本音を文章で表現できるストレス発散
・文章を考えることについての練習になる
・相手に上手く説明するという意識が強くなる
・(もしかしたら)収入や仕事を得ることが出来るかもしれない
・読んでくれた誰かを助けることが出来るかもしれない
・趣味としては無料、あるいは少し有料で十分できる

 

ざっと一例を挙げたけど、こんな利点に魅力を感じブログを作ってるよ。

もちろんほかにもあるけどね。

 

しかしこれと引き換えに、膨大な労力と時間がかかる。

記事を一つずつ書き、人に見せるためにどうすればいいか?

ひたすらこれを繰り返すのだがいかんせん作業量がかなり多い。

このブログを運営しているのは、俺自身しかいない。

つまり俺がやらなければ一切作業が進まないという意味を表すよね。

クタちゃん
特に誰かの手を借りるわけではないクテャからにゃあ。

 

どうあがいても手を入れられない日以外は、極力何かするようにしている。

自宅に戻ったら一番優先にしているのはブログの作業だ。

平日帰宅後にブログに手を出すと、もうそれ以外は何もできない。

休日もブログについてあれこれやると、他にやる時間がが大幅に削られるのだ。

当然ながら昼寝なんかしている暇なんて一分も無い。

早くこのブログを大きくしたい一心しかないからさ!

頑張りたいんですよ。

 

 

資格の勉強も時間は絶対に必要

 

世の中に出回る資格について。

必要かどうかはともかく、取るとなったら相応の勉強時間は欲しい。

しかも同じ資格でも人によって、勉強時間はブレが出てくるからね。

 

俺はあまり知識の飲み込みが早いほうではなく、時間をかけないとダメなタイプ。

普段の生活に資格勉強なんかぶち込んだら、趣味の時間がかなり圧迫される。

勉強開始から受かるまでは本当に修行している気分だ。

あれこれやりたいからもちろん昼寝なんかする暇がない。

 

 

スポーツジムは日課だから休みたくない

 

大学生になりたてから現在まで続けているジム通い。

もうデブに戻りたくないし、体型維持のためにずっと運動し続ける。

それに動き回るのが純粋に楽しいから、今は辞めるつもりが無い。

 

曜日固定のレッスンに参加しているので、その日は運動しかできない。

なるべく行くと決めた曜日のモノは全て参加したい。

平日は仕事から帰宅後の夜なので、ジムから帰ったらあとは寝るだけ。

よって平日はそれ以外何もできない。

休日も24時間のうち4時間くらいは運動に費やす。

他にやりたいことが多すぎるため、結局昼寝するのはもったいない。

 

 

と自分の生活を見返すと、大体家では何かしらやってるんだよね。

なるべく色々やろうと思うと、俺の体が一つでは全く足りない。

よって少しでも時間を確保すべく、昼寝なんかしている暇はない。

特に時間が有り余っていた文系大学生時代ならともかく…。

自分の自由が少ない社会人は、休日も一分一秒が凄い大切なんですよ。

社会人の方々はどこかしら共感してくれると思う。

 

 

昼寝するのもしないのも自由 俺は削る

 

もちろん昼寝すること自体が悪いことではないよ。

休日は字の通り、本来は体を休める日だからね。

日ごろの仕事で疲れているならきっちり休んだほうがイイ。

 

ただ余力があったり、やりたいことが多い人は時間が惜しい。

出来る限りその日にやれることは色々やっておきたい。

そういうタイプの人は、昼寝がもったいないと感じやすいんだね。

 

まぁこれは俺自身の考えなので、共感するもしないもあなた次第。

もったいないと思う人はガンガン自分のやりたいことに力を費やせ!

 

余談:眠気に勝てないとき

 

最後に余談なんだけど、昼寝がしたくなくても眠気がきついとき。

毎回じゃないけどちょくちょくそういうときが俺にもある。

そういう場合は、ほんの少しだけ寝たほうがロスは少ないよ。

ダッフィー
敢えて少し寝てスッキリするんだな。

 

俺のやり方は、椅子に座って前かがみで寝る体制に入ること。

うつらうつらしながら10分くらい寝ると、凄くスッキリしやすい。

こうすると浅い睡眠だけど起きた後の眠気が大分緩和される。

仕事の眠気を抑える方法でも詳しく紹介しているよ。

昼寝したくなくても眠い場合は、試しにやってみてくれ。

 

 

今回はここまで。

こういう考えの持ち主なので、親が昼寝で時間を潰すのを見るとね…。

やっぱりもったいないなぁと感じてしまう。

だって時間は平等だけど有限だしなぁ…。

ただ人によっては生き急ぎすぎだと思われなくもないかもしれない。

 

さて、今日はどこまで作業や遊びが進められるかな?