管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

コミケは行かない! そう思った理由は労力が無駄になりやすく報われないから

 

「コミケって規模がすごいイベントだけど、現地の様子ってどうなんだろう?」

「オタクはみんな参加してるモノじゃないの?」

その手の趣味を持つ人間にとってはまさに一大イベントの一つではある。

 

だが実際コミケに向かう人間は意外と一握りなもんだよ。

来場者数を見れば確かにすごいが、サブカル系の趣味を持っている人間は死ぬほどいるし。

俺は以前までコミケに行ってみたいとは思ってたが、ある時を境に行く必要はないと感じた。

今回はそう思った理由について語っていこうと思う。

正直行くのはお勧めしないかな…。

 

 

コミケに限らず人が集まるところは行きたくない

 

コミックマーケットといえば、年に2回開催されるオタクにとっての一大イベント。

サブカル趣味の中でも有象無象のジャンルが一か所に集まるカオスな空間。

もちろんそこに集まるのは、熱の入れようが半端じゃないオタクたちだ。

 

もちろんその場の空気って、普段とは全く違う異なるもの。

同類が集まればそこから色んな楽しみへの発展につながるし、産業の成長には欠かせない。

純粋にお祭りの雰囲気を味わうこともできるわけ。

 

俺もオタク趣味を持つ人間の一人なので、毎回コミケ時期になるとこの季節が来たと感じる。

以前までは会場の空気を味わってみたいと思ったこともあり、試しにいっぺん行ってみたかった。

ただある時を境に、行こうという気力が全く無くなった。

行ったとしても欲しいものが手に入る確証は非常に少なく、徒労に終わる可能性が高いからだ。

貴重な体力と労力は本当にそこに使うべきか?

別に無理していく必要はどこにもない。

 

 

 

民度が低いオタクたちと体力が削られるのはご勘弁願いたい

 

オタクって、残念なことに一般的な人と比べて常識が欠如している部分が大きい。

大分世間に受け入れられてきたとはいえ、まだまだキモイという声もよく聞く。

同じ趣味を持っているとはいえ、頭おかしいのとひとくくりにされたくないのが本音。

大半のオタクは普通のはずだが、一部のせいでこう思われがちなんだけどね。

 

そんなオタクたちだが、ああいう非日常空間に駆り出すと暴走が一層強くなるのが問題。

日本人の悪い癖である。

これらの人間が一か所に集まると、それはそれは地獄の様相を演出する手助けになってしまう。

加えて死ぬほどの人ごみにもみくちゃにされるとか…。

体がいくらあってももつとは思えない。

わざわざこんな無法地帯に俺は足を踏み入れたいと思わないのだ。

 

 

日本人は礼儀正しいといろんなところで聞くが、割合が高いだけで出来てない奴がいっぱいいる。

特にオタクたちは感覚がずれすぎた人が多く、社会の一般的な感覚が通用しない。

この人間たちが一か所に集まると本当に何が起きるか、どんな不快な思いをされるか分からない。

せっかく言っても嫌な思いをさせられるのは非常に癪だし、だったら別のところで楽しんだほうがイイのよ。

 

 

欲しいものがあっても数が少なく手に入らない

 

コミケに行きたい人の目的の一つに、欲しい本やグッズがあるからってのがある。

サークルお手製のモノなので、気に入っているものはかなり希少価値が高いのよね。

しかし始発組に代表されるように、かなりの覚悟を持たないと手に入らない。

特に人気の大手サークル製のモノは始発でも手に入らない可能背が高いだろう。

 

更に悪質なことに始発組の中でも、純粋に欲しい人と転売厨に分かれてくる。

後者の存在はコミケに限らず、どんなところでも湧いてくるクズであり敵だ。

買占めによる値段のつり上げ、ファンでもないのに金のために利己主義に走る。

そういう奴が大嫌いだが、コミケではそれがもはや日常茶飯事。

タート
サークルっても企業じゃないから、グッズはそんなに多く用意してないとかなんとか。
クタちゃん
サークル製に限らず企業製でも転売厨の被害に遭うとかそんな話聞くクテャな。

 

始発はともかく、もっと酷いのが徹夜組。

さすがに昔に比べたら規制の対象になったみたいだが、すれすれの行為はまだ横行している。

やっぱりルールを守りつつ頑張っても、全然欲しいものが手に入らないのが普通になった。

マイナーサークルとか除くけど、大手のところはまず無理だな。

無駄な徒労に終わるのがどうしても許せない。

 

 

純粋に人が多すぎて死ぬ

 

コミケの会場を上から見下ろす映像や写真を見たことある人は分かると思う。

あれ、シャレにならないくらいの人ごみだよね?

まるで会場である東京ビッグサイトがまるまる満員電車化したような感じ。

 

満員電車って乗っているとホントすさまじいストレスに晒されるんだよ。

ずっといるとマジで頭がおかしくなるし、体調もあっという間に悪くなる。

屈強な男性ですらみんなすぐに弱音を吐きたくなるレベル。

俺は毎日の通勤でその地獄を味わっているから、どれだけ辛いかをよく知っている。

 

めちゃくちゃしんどい満員電車を、プライベートでも体験する羽目には遭いたくない。

永遠に人ごみに翻弄される続けるとかばかばかしくて仕方ないもん。

耐える必要性を感じない。

 

 

知らない相手に失礼な態度を取りまくるしょうもないオタクたち

 

お祭りごと+キモイと思われやすいオタクたちが集まるととんでもないことになる。

お互いが平気で相手に対して失礼な行動を取りまくる人間が加速度的に増える。

どういうことかというと、代表的なのは体がぶつかった時に起きる出来事だ。

 

我先にの考えが多く、周りのことを全然顧みない。

人ごみの中なので当然ぶつかる可能性がめちゃくちゃ高くなる。

しかしぶつかったとしても謝らず、無視or文句をつけてくる輩ばかり。

それを学生っぽいのはもちろん、下手するといい年こいた大人が平然とやるわけだ。

 

もう一つ思い当たるのが、コスプレイヤーに対する非道無礼な行い。

この手の話はネットでググると腐るほど出てくると思う。

コミケはコスプレOKとなっているので、レイヤーたちがこぞって現れる。

キャラになりきって即席の撮影会みたいなのがいっぱい行われるのね、

だがオタクたちはここでもやらかすことが非常に多い。

 

例えば女性コスプレイヤーに対して、平気でスカートの中を撮影しようと迫ったりする。

もちろん撮られる側は了承すらしていないにも関わらずだ。

普通に考えたらやられた側は嫌だってわかるはずだし、そもそもそれって犯罪じゃん?

なのに平気でそれをやろうとするオタクが大量に現れており、民度の低さを思い知らされる。

 

まず真っ当な人間として疑われるような行動を悪気なしに行う。

自覚のない悪意って救いようがないし、俺から近づきたいとも思わない。

あんな馬鹿どもと一緒にされたくない。

アイツらはオタクでもなんでもない、ただの迷惑モノだ。

 

 

開催時期が悪すぎる

 

コミケは夏と冬に毎年行われる。

なんでわざわざ死ぬほど暑いか寒いかの時期に行うんだ…。

冬だと外はもちろん、会場の中も打ちっぱなしのコンクリートで寒い。

行列を待っている間はその寒さに耐える必要がある。

寒いと人間どうしてもトイレに行きたくなるが、あの人数を対処できるトイレは…。

そんなキャパシティありません。

 

冬はまだましかもしれないが、夏は地獄の一言。

8月ともなると、東京でも平気で35~40度近くになることもしばしば。

もちろん炎天下でじりじり肌は焼かれ、日陰に入ってももわっとする。

中は人の汗が大量に飛び散り、どうしてもにおいが発生しやすい。

場合によっては長時間並ぶ必要もあるが、マジで倒れるよ。

熱中症で本当に人が死んでしまう可能性も十分にある。

にもかかわらず開催時期はかたくなに変更しないんだよな。

絶対10月とかにやったほうが、サークルも客も楽だろうに…。

そんな死地へ赴きたくない。

コール
僕ら溶けちゃうよ~。

 

 

関連イベントに参加して知った過酷な会場の実態

 

実は俺コミケ自体には一回も行ったことが無い。

その代りではないけど、コミティアっていうイベントに参加したことがあるのね。

GW中に大学時代の友達に誘われて初めて行ったんだ。

 

ざっくりいえばコミケのもっと規模が小さいバージョン。

友達に聞いたらコミティアはコミケの1/10くらいの人数らしい。

会場は両者とも東京ビッグサイトで行われるから、コミケに参加したときの前哨戦になるかと思ったの。

 

ちょっと違うけど、内容は同人誌・グッズの即売会だからあんまり変わらない。

そこまですさまじくも無いって聞いてたから、まぁ大丈夫だろうと思ってたんだ…。

もちろん楽しかった部分もあったけど、嫌に思ったことのほうが多かった。

上で書いたように、知らない奴に激突されて謝罪もなかったし5月なのに死ぬほど暑かったし…。

人混みは相変わらず激しすぎて、午前中はまともに会場内を散策できずかなりイライラした。

当然男性用トイレすらも全然あかない上に、昼飯を食べる余裕もなかった。

欲しいなと思ったサークルのモノはやっぱり完売してた…。

 

労力をかけた割には思ったほどの収穫も無く、ちょっと無駄足感が強かった。

いい経験にはなったと思うけど。

コミティアですらこれだったから、コミケなんか行ったらどうしようもないのが目に見える。

どっちにしろ一部の大手サークル製グッズは昨今だと、通販で受注生産してくれるところもあるし。

今すぐに欲しいものでもないので、無理して会場に行き不快な思いをしながら頑張る必要はあるか?

これについては、俺自身無駄な努力にしか思えない。

 

 

ムリしてコミケに行く必要はない

 

ここまで読んでもらって、うっすらとでも会場のイメージはついたかな?

とりあえずすし詰め・暑さと寒さ・常識の欠如したオタクの集団が集まりやすい場所がコミケ。

最後の一つは大半が普通の人なんだけど、一部の迷惑ものが目立つからな…。

確固たる理由がなければ、あそこに行くのは全くお勧めできないからやめとけ。

 

後で通販にならぶ可能性が低い。

マイナーサークルで同人誌の委託販売が見込めない。

そういった理由があれば行ってもいいけど、客の民度の低さと気温は我慢するしかないよ。

もうちょっと統制のとれたイベントだったらいいんだけどね…。

 

 

今回はここまで。

とにもかくにも同じオタクであるからこそ、嫌なところが目につきやすい。

調子に乗ったオタクたちは本当にどうしようもない存在だ。

そういうことばっかすると、産業が衰退するから止めてほしい。

 

 

またオタクが問題起こしたって騒がれたくない。