管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

【あるある現象】外出の直前になると”行きたくなくなる現象”。どうでもいい不安が積もるとこうなる。

  • 2018年10月12日
  • 2019年2月21日
  • 考察

 

 

 

親しい友達や、愛する家族と休日に外出するのはとても楽しいよね。特に社会人になると、中々出かけられる日も限られる人が多いので、一回一回が貴重な日になる。そこで手に入れた思い出や、写真は自分が年取った後に人生を懐かしむことが出来る素晴らしい材料。

 

 

なんだけど、外出直前になって襲われる謎現象がある。それは「前日になると、とたんに面倒くさくなってしまう現象」のこと。今回はそのことについて、Omochiも過去何度にも襲われたことがあるので語ってみます。行きましょう。

 

 

 

突然、行きたくなくなるのよね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予定が近づくと、なぜかどんどん行きたくなくなる

 

あなたも友達から若しくは自分から

「今度の休日どっか遊びに行かね?」

との誘いをしたり受けたりするでしょ。

 

特に先約が無ければ大体行こうと思うじゃない。

そのときは。

でも、当日がどんどん近づいていくにつれて

「なんだかだんだん、行く気が失せてきたなぁ…。行くのやめようかなぁ…。」

となぜか考えてしまうことがある。

 

この現象に、Omochiは高校生の頃から悩まされている。

一番多く感じたのは、友達とカラオケに行こうってなったとき。

「歌いたいのは当然だし、友達とわいわい騒ぎたいのも当たり前なんだけどなんでか行くまでが非常にめんどくさい…

と何べん思ったことか!

ありがちだよね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行くまでの面倒くささ(つまらなさ)と、始まった後の楽しさをすごい比べる

 

もう理由はコレに尽きるかな。

現地に着くまで(例え近場だろうが)の移動時間や全員そろうまでの待ち合わせの時間が、まず非常にめんどくさく思うの。

なんつーか、楽しい時間を感じるまでのところがわずらわしいんだよね。

ここを我慢しないと楽しい時間にたどり着けないと思うと、じゃあもういいやとなってしまいがちなのよ。

 

そして、実際に行ったら行ったで楽しい時間が待っているのはよーくわかる。

今までそのわずらわしさを乗り越えて、遊びが始まるとそんなこと完全に忘れてはしゃぎまくってたことが何度もあるからね。

そう、頭や経験談上考えなくてももはや分かりきったことなんだよ。

 

そのめんどくささと楽しさの間に存在する、ギャップが大いに自分を苦しめている。

そこから生じるギャップが、ネガティブな感情や不安を思い起こさせる。

本来なら意識する必要の無いことを、マイナスな形で頭に浮かばせるんだよね。

 

 

例えばこんな感じ。

・予定が決まっていると、それまでに用意すべきものや考えることが増える

・遊びに時間を割く分、プライベートな時間が減る

・てか時間も減れば、お金も減るなんともいえぬ不安

・単に遊ぶより、もっと自分磨きにこの時間を使えるんじゃないか

・そもそも本心から行きたいのか、はっきり答えられない焦燥感

とまぁ、考えても正直仕方の無いことだらけ。

はっきり言って、至極どうでもいい心配事なんだよね。

 

 

 

 

 

元々そういうものだと思って、割り切ったほうが楽

 

めんどくさいと思う心理って、さっきも言ったように考える必要の無い心配や不安が積み重なってネガティブになるだけ。

特に普段から、人の目を気にしてしまったり自分の主張を強く言わない人がなりやすい傾向にある。

でもぶっちゃけ、そういう人じゃなくても大多数には当てはまることだ。

あなただけではありません。

 

 

だから、行く前からネガティブになるのは程度の差はあれどみんなそう感じている。

考えるだけ無駄だってことだ。

そういうもんだと思って、なったらなったでしょうがないと割り切ったほうが楽ですよ!

大概は、行ったら楽しくて仕方ないからな!

まぁそれを手に入れるまでの試練って事にしておきましょうかね。

 

 

それでも中々割り切れない人には、荒療治ながらこんなことを。

そもそも考える時間があるから、余計な心配をするわけだ。

ならばその時間を減らせばいい。

 

 

手っ取り早いのが、気軽に遊びに行くなら前日の夜に予定を組んじゃうとかね。

そんな急に予定を組む場合って、大掛かりな準備は要らないでしょう?

だからそのことについてあれこれ考える負担は、そんなに大きくないはず。

あとは、誘いを受けたときに直感で行きたいとすぐに言えない場合は保留・若しくはすっぱりと断っちゃうとかね。

もやもやした気分がずっと続くのも、しんどいだけでしょう。

繰り返せば心理的に抵抗を感じるのは、ちょっとずつ薄れていくはずだ。

 

 

 

 

あなたも思うことは、相手も思っている

 

言われてみると、自分も似たようなことを考えてしまうってのは思い当たる節があった。

てか、んなこといちいち気にせんでも相手も同じ事を感じている可能性は結構高い。

だから必要以上に罪悪感を感じたり、自分を卑下する必要はどこにも無い。

 

それでいちいち

「俺は約束を守る気が無いだめ人間なんだ~….。」

とか思っていたら、世の中9割の人間はだめなほうにカテゴライズされるわ!

 

なんでも行動に起こすときは、必ずエネルギーが要る。

当たり前のことなんだけど、ふとしたときに忘れてしまう。

巷で言われる、ビジネスとか企業とかの話になるとよくくっ付いてくる話のはずなのに…

自分たちの身近なところになると、意外とこう言うところ忘れるもんだよね~。

まさしく「灯台下暗し」ですわ!

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

こういうあるある話って自分だけかと思っていたんだけど…。

調べてみると、結構同じような悩みを抱えている人って見つかるもんだね。

ネットの情報集約力って恐るべし…。

 

 

 

 

面倒だけど、行ったら楽しいから行くぞ!