管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

手軽に痛部屋を作りたい人に タペストリーから使うことをお勧めしたいワケ

 

「是非とも二次元美少女に囲まれた部屋を作ってみたい!」

「まずはどんなグッズを使ってみたほうがいいのかな?」

関連したグッズは沢山ありすぎて、どこから手を付けていいか分かりにくいよね…。

 

何もない状態から、手っ取り早く痛部屋にしたい場合どうすればいいのか。

ここではそれについてのお話をしたいと思うよ。

はじめて痛部屋を作りたい方は、まずはタペストリーを使ってみることをお勧めするぞ!

 

 

痛部屋初心者はまずはじめにタペストリーから!

 

痛部屋

それは麗しき二次元美少女たちが360°自分を囲ってくれるとんでもない空間。

好きな女の子がいっぱいいるステキ空間は、哀しい男の一種の癒し(泣)

 

せっかく作るなら、心行くまで満足する部屋にしたいよね。

インターネットだと、色んな人がすさまじい部屋の中身を晒してくれており感嘆する。

おおおおおお!、すっげええええ!と共学すること請け合いだ。

 

しかしそもそも自分の中でやり方が不明瞭だと、イマイチどう進めていいかわからないよね。

そこで今回、痛部屋をこれから作りたい人に向けて手軽に作る方法を教えるよ。

まず初めに使うグッズは、ぜひともタペストリーを使うことをお勧めするぞ!

 

 

 

紙より布のほうが総合的に扱いやすいため

 

サクッと痛部屋にしたいならば、一つのサイズが大きいグッズを使えばいい。

細かいものを複数よりも、大きいものを一つのほうが色々手間がかかりにくい。

加えて本体は薄く、壁の平面に沿わせて使えるものだとなおよろしい。

こう考えると、該当するのがタペストリー・ポスター・タオル等になるだろうか。

とにかく形がシートになっているモノならば、正直なんでもありっちゃありなのよ。

 

そこからさらに深く考えてみると、どういう材質で出来ているかに着目してもらいたいのね。

例えばポスターならが紙製・タペストリーやタオルならば布製といった具合に…。

使うならば断然、布製のグッズがお勧めなのよ。

 

壁に貼るならば、別にポスターでも決してダメなわけではない。

ただし収納性・耐久性を考えると断然布のほうに軍配が上がりやすいためだ。

 

まず収納性の部分から言及すると、タペストリーはポスターに比べてかなり細い状態にできるのだ。

タペの場合だと、上下にポールがありどちらか一方からくるくる回して収納する。

丸めても抵抗する力がほとんどかからないため、ポールに布部分を思いっきり巻き付けるように出来る。

すると丸め終わった一本がかなり細くできるんだよね。

 

何本も細く丸め直して、タペストリー収納用のバッグにしまった後の写真なんだが…。

こう見ると一本当たり、あまりスペースを取ることが無いのはなんとなくわかると思う。

ポスターだと残念ながらこうは上手くいかなくなる。

模造紙を細くしようとするときのイメージをしてほしいが、紙はちょっともとに戻ろうとする性質があるよね。

細くしすぎると紙の一部が凹んだり、折れ目が着きやすかったりでやりづらい。

逆にそれを防止しようとすると、太く巻くしかなくなってしまう。

本数が増えると、中々圧迫するぞ…。

クタちゃん
出来ればスリムになりたいクテャね。

 

 

そして耐久性についてだが、こちらも布のほうが当然紙より高いのは分かるよね。

紙は水や汚れに非常に弱く、一度付着するとほぼもとには戻らない。

しかし布ならば、その被害は紙より少ない状態である程度復元することも十分できる。

自分の手を切る心配もないし、飾るという観点でいえばタペストリーのほうがいいわけよ。

 

 

一つで大きい面積を手軽に確保!

 

そもそもタペストリー自体は、壁に使う装飾品なので使い勝手がすごくいいんだよ。

壁にかけやすいし、買うのも割と手ごろである。

二次元趣味をお持ちの方なら、買った商品の特典として一本持っているなんて人も多いと思うよ。

実際に飾ってみると、一例としてはこんな感じ。

 

複数枚をざっと壁から吊っているが、こう見ると一枚で壁の面積をまずまず占めてくれるでしょ?

この写真に写っているのは、全てB2サイズで大きさとしては一般的。

これより大きいものもあるので、単品の大きさで考えるとかなりがっつり占有してくれる。

もちろん壁にフィギュアスペースを作ったり、別のモノを飾ったりという芸当もアリだけど…。

その場合、どうしてもサイズ感がイマイチ合わなかったりちょっとした加工が必要だったりする。

本当に始めて痛部屋を作る人にとっては、若干手間がかかりやすいと思うよ。

 

それに代わってタペストリーだと、写真のようにサクッと壁に彩を加えられるぞ。

もちろん薄いので、壁から一部が出っ張るなんてことも無い。

大きいので見ごたえも結構あり、飾るのも使いやすい。

何より存在感が中々強いので、一枚飾るだけでその周辺が一気に痛い雰囲気に変わりやすい(笑)

クロミちゃん
なるほどね、アタイのような強烈な存在感を放つ存在と言えるのね!

 

 

痛部屋作りたてならばやはりタペストリーが一番手軽

 

種類も非常に豊富、値段もまずまず手ごろで手に入れやすい。

収納する時もそんなにスペースは要らないし、初心者にとってかなり扱いやすいよ。

だからまずは部屋を作る際には、タペストリーから入ることをお勧めします。

ダッフィー
一枚手に入れて気に入ったら、どうせあとで増えるのがオチだからやっとけやっとけ。
アザラシちゃん
ぴーぴぴぴーー…。(ダッフィーもあの部屋の惨状に慣れてきたのか、適当になってるわね…。)

 

Omochiも部屋を作りたての頃は、やっぱりタペから始めたよ。

気付けばそれ以外にも手を出すようになったが、初めてならばここからで全く問題なかろう!

あなたのお好みの美少女たちを、壁からいっぱいつるしてみてね。

 

 

今回はここまで。

そこそこリーズナブルな価格で、こうも大きく部屋の雰囲気を変えられるのはそうそう無い。

初心者はもちろん、作り慣れてきた人にもすごく強い味方になってくれるのがタペストリーだ!

 

飾ってみると、これだけで部屋の痛さが大きく上がるな…。