管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

抱き枕カバー愛好家が教えます。カバーを壁からかけて飾る方法はこれだ!

  • 2018年10月14日
  • 2019年2月21日
  • 痛部屋

 

抱き枕カバー。

それは二次元美少女系グッズの中の、布製品にカテゴライズされるもの。

その中でも、高級志向な質感と扇情的な女の子たちの姿を併せ持つ、大変魅惑の商品群と言える。

 

 

本来ならば、読んで字のごとく寝るときに使う”抱き枕にかぶせるカバー”として使うのが正しい使用用途だ。しかしOmochiは普段からあれだけ買い込んでいるにもかかわらず、その使い方をするつもりは毛頭なかった。

そう、自分は部屋を彩るインテリアとして使いたかったのだ!

そんなわけで、「抱き枕カバーを壁からかけて飾る方法」を考えてみたのでぜひとも参考にしてもらいたい。

 

 

えっちな姿の美少女が壁一面に…!

 

 

 

 

 

 

 

 

抱き枕カバーを使って痛部屋化も、十分できます

 

そもそも痛部屋を作るにあたって、あなたならどんなものを使いたいと思う?

ちょっと思い出すだけでも、キーホルダー・ラバーストラップ・ぬいぐるみ・タペストリー・タオル・フィギュアなどのモノが使いどころだよね。

その中でも、サイズが大きく目を引きやすいものと言えば、タペストリーが圧倒的でしょう。

 

ここで詳しい話はしないけど、元々壁にかけて使う用の製品として開発されたのがタペストリーだから、非常に使いやすいんだよね。

Omochiの現在の自室も、壁にから大量のタペストリーを使って美少女たちがそこら中に居る状況を作り上げている。

 

 

対して、今回の主テーマになる“抱き枕カバー”。

想定された本来の使い方とは違うけど、やろうと思えば壁から飾れます。

ちょ~っとタペストリーよりか、難儀するけど誰でもできるよ。

 

 

 

 

 

 

 

それでは具体的な方法を見ていく

 

前置きはこれくらいにして、さっそく具体的に飾る方法に移りますよ。

まず今回、恥ずかしい姿をさらしてもらうのはこの子。

閃乱カグラシリーズより、オッドアイ+ドS少女の“両備”ちゃん。

全身のお姿は、購入したときにちょこっとレビューしたので見たい方はこちらへ。

パック入りしてあるので、折り畳まれた状態から解放してあげましょう。

 

 

 

加えて、他に使う道具はこちら。

皆大好き、100均のダイソーで購入してきたハンガーと伸び縮みする突っ張り棒。

更に必要に駆られて、後で買ってきた綿のロープ。

この3つを使います。

 

基本的に、ハンガーは前半で紹介する方法で活躍する。

綿のロープは、後半の方法で活躍してもらいます。

突っ張り棒は、全編にわたって使いますよ。

 

 

1点吊りだとこうなる。

 

では初めの方法から。

壁に掛けるということは、何らかのフックが必要だ。

ここでは写真に写しておらず、タペストリーを飾る方法の記事で部屋に貼りつけたor打ち込んだフックを元に使います。

持ってない方は、そのフックたちも用意しておいてね。

 

 

まず、フックにハンガーをかけてクリップで止めて抱き枕カバーをかけてみる。

 

ハンガーのクリップ部分で、抱き枕カバーの上部を挟む。

この時、挟むところがゴムで柔らかい感じのモノじゃないと抱き枕カバーに痕が残りやすくなります。

ただでさえ布製品の中でも、抜群の手触りと引き換えに扱いに慎重を要するわけで…。

絶対に固い素材のクリップ付きハンガーを使わないように注意しましょう!

 

 

それで、実際に挟んでみると写真の通りになるんだよね。

これの全景を映すとこう。

(後ろのタペストリーは、どけるのが面倒だっただけなので気にしないでね。)

御覧の通り、壁掛けにできるはできるのだが…。

大きくたわんでしまっているのがよく分かるね。

 

抱き枕カバーは、タペストリーと違って重量があるためただ挟んでかけただけだとこうなってしまう。

これではせっかくの美しいイラストが、皺だらけで十分に楽しめないのが難点。

 

 

 

 

ここで突っ張り棒の出番!

抱き枕カバー内部の一番上に、さっき用意した突っ張り棒を突っ込みましょう。

横向きにして突っ込んだら、カバー内部で棒の長さをピーンと張る状態になるまで伸ばす。

そうすると、一番上がたわみにくくなるよ。

 

 

その後にカバーの上から先ほどのハンガークリップで、棒ごと挟んでフックに掛ける。

するとこうなる。

さっきに比べて、たわみが劇的に改善されたね!

特に突っ張り棒がある、一番上の部分は横一直線になりかなりイラストがしっかり見えるようになった。

まごうことなき、“両備ちゃん”の美しく丸みと肉感を帯びたTバックぱんつ尻が拝めますね!

ありがたやありがたや…。

 

 

ここでダメ押しのもう一工夫。

だいぶ皺がなくなってきたものの、カバー下の部分がまだしわしわになっている。

ここに、もう一本同じような突っ張り棒をいれて中で伸ばしてピーンと張ると、上と同じくらい皺が一気になくなる。

よりイラストが、全面にたっぷり楽しめる仕様に進化します。

 

 

一枚のカバーにつき、突っ張り棒を1本ずつ計2本をつかうと一番カバーの見栄えが良くなるよ。

いうても、200円分ですからね!

コスパ良し。

もちろんこの棒が2本入った状態で、後半の方法も行ってみましょう。

 

 

 

みっちり2点吊りで天井付近まで伸ばしたい!

 

ここからは、後半戦になります。

Omochiはね、飾る前にこう考えていたの。

「何とかして、タペストリーみたいに天井ぎりぎりのところから飾れないだろうか?

 

 

タペストリーは布の上下部分にポールを通す用の穴が開いている上に、飛び出たポール部分に対してクリップと2つのフックを使って飾れた。

こんな具合にできたんだけど、抱き枕カバーにはそもそもポールが無い。

おまけにそれを通す用の穴も一切空いていないので、この方法が通用しない。

さてこまった…。

 

 

 

そこでひらめいた。

「ならフックになんか紐で適当に括りつけるしかなくね?」

とね。

内部に仕込んだ突っ張り棒を、カバーごと紐でフックとつなげてつるすという方法だ。

括りつけた部分は、どうしてもカバーがたわんでしまうがそれは仕方ない。

とりあえず試しにやってみることに。

 

 

盛大に失敗した

 

まずは失敗例から。

とりあえず適当な紐を引っ張り出して、カバーごと突っ張り棒にぐるぐる紐を巻いた。

それをフックに結び付けてみることに。

出来たよ。

出来たけどさぁ…。

いやね、パッと見は確かに壁掛け出来たんだよ。

だがよく見てくれ。

物凄く斜めっているので、非常にバランスが悪い。

 

 

 

おまけに紐部分をアップで撮るとこうなっている。

何というか、非常に不格好なうえに紐が細すぎて耐久性が大いに心配だ…。

頑張って蝶々結びでやってみたんだが、非常にやりづらかった。

なんで右と左のひもの長さが違うかっていうと、元々B2サイズのタペストリーの長さで使っていたフックを流用しているために、カバーの横幅と違うんだよね。

 

B2縦長の横幅=530mm(ポールの長さ自体が600mmほど)

カバーの横幅=500mm(最近主流の横幅なんだよね)

なので、どうしてもぴったりにはならないのは仕方ない。

最初からカバーをかけるつもりなら、その長さでフックを貼りつけたり打ち込んだりしてね。

 

 

そんで、結び辛い上に紐の調整がかなり難しくとても均一に括りつけるなんてできません。

だからこんだけ、雑な調整で斜めったまま括りつけるとカバー全体のバランスがおかしくなるんだよね…。

加えて強めに縛ったので、紐を外す時が非常に大変。

ただでさえ抱き枕カバーは、つめのひっかき等による傷に弱い素材なのに紐が超食い込んでほどきづらい。

何とか外せたけど、油断すると簡単にカバーにダメージが入りやすいのでこれは全然だめだ…。

 

 

なんかいい方法ないかなぁ…。

と思って、ネットを漁ってみると…。

これ使えるんじゃね?、という方法を見つけた。

 

 

 

もやい結びに光明が差した

 

安定感があるうえに、ほどきやすく調整しやすい結び方。

そんなものが存在するのかと思ったら、本当に存在した。

そう、“もやい結び”というやり方を使ってみよう!

 

 

ここで使うひもをチェンジ。

冒頭に紹介した、もっと太い綿のロープを使うことにしたよ。

 

 

 

まず結び方を解説する。

紐を用意したら、この手順でやってみて。

 

 

①わっかをつくる

まずは結ばずに紐でわっかをつくる。

ぐるんとループさせて、交差するところは長いほうが上で。

 

 

 

②紐の先をわっかに通す

長い先のほうのひもを、先ほど作ったわっかの中に通す。

この時、下の2つめのわっかは大きい丸を描くようにしておくとフックに引っかける場所になる。

完成形を見れば、なんとなくわかるから先に進んでみて。

 

 

 

③長い先のひもを、短い先のひもの首にかけるように回した後にまた1つめのわっかの中に通す

長いほうの紐の先を、短いほうのひもの裏を通るようにする。

イメージとしては、女性用の水着であるビキニのブラ上のひもを首の後ろで結ぶ感じ。

(例えが酷い)

その後に、一つ目のわっかに長いほうの紐の先をくぐらす。

 

 

 

④上下の紐の先を引っ張って、縛れば完成!

最後に両端のひもを引っ張って、固く結べば完成するよ。

②のところで、2つめのわっかの長さによって完成形が変わってくる。

結構強固な結び目なうえに、ほどくのもそこまで苦にはならない。

 

 

この結び方を使って、カバーごと突っ張り棒に括りつけてみよう。

最初のわっかの部分で、突っ張り棒をその中に入れておくように結び始めてね。

 

 

イイ感じじゃないか?

 

先ほどの“もやい結び”を、突っ張り棒の両端に施してみたのちに残ったわっかの部分にフックをかけてみる。

するとこうなった。

上部両端のみ、どうしても紐がある以上たわんでしまうもののさして大きな影響ではない。

大分バランスよくかけられた上に、ロープが太いので耐久性も期待できる!

 

 

結んだところをアップで映すとこう。

 

多少の無理やり感は否めないものの、失敗例の蝶々結びとかに比べたら断然楽に括れた。

予め紐を結んでおけば、あとは残ったわっかをフックに括るだけだからね!

フック同士の長さが、抱き枕カバー用になっていればなおパーフェクトと言ってもいいくらい。

 

 

今回は1枚のみで試してみたけど、この方法で複数枚を並べてみるとそれはそれは壮観な光景になるだろう…。

もともとフック以外は、100均のものオンリーなので環境を整えるだけならかなり安く済むはず。

メインとなる抱き枕カバーは、やっぱ高価なんだけどね!

 

 

 

ね?、やろうと思えばできるやろ?

 

こんな感じで、抱き枕カバーをタペストリーみたいに壁掛けしてみたよ。

そもそも抱き枕カバーは最初にも言った通り、壁に飾ることを想定された商品ではないので飾りづらくて当然なのだ。

 

 

しかし、痛部屋製作者において抱き枕カバーはメジャーなもの。

とにかくえっちな美少女たちを、複数人並べて舐めまわす様に飾れるようにしたいのも本音の一つ。

それが高じて、カバーを飾ってみたい人が表れるのだ!

Omochiもそのうちの一人です。

確かに飾りづらかったが、大した出費もなく飾る方法は存在した!

一部無理やりなところはあったが、正直十分な成果ではないだろうか?

ぜひとも抱き枕カバーを集めている同士には、同じように飾って心行くままに痛部屋ライフを送ってほしい。

もちろん本来の抱き枕用として使うのも、大いにアリだからな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

いつかやろうと思っていたことを、ようやく消化できていつもよりすっきりしております。

しかし、まだまだ痛部屋製作者の飽くなき探求は続く…。

 

 

 

何という、すりすりしたい壁なんだ!