サイト内検索はTOP左上 お問い合わせは右上のメニューからどうぞ 8月以降は過去記事修正メインのため投稿頻度が少なくなります

職場の人とは深く関わらないのが一番面倒ごとから回避しやすい

「あー職場の人間関係マジめんどくせぇ!」

人間が持つ悩みのトップと言えば、やはり周りの人との関係。

そして状況が変わると、立ち回り方も変化させる必要がありほんと大変だ。

 

特に職場ともなると、どうしても最も気を遣わないといけなくなるよね。

我輩も毎日毎日これには常に悩まされてる。

ふと思ったんだけど、人と接する回数が増えれば増えるほど深刻化するこれ。

つまり逆に深く関わらないようにすれば、それも少しは軽減できるんじゃん?

余計なストレスの元を、ちょびっとでも取り除きたい人はお付き合いください。

 

職場ではドライにあんま関わらないのが吉 社会なんてそんなもん

日本には国民の三大義務がある。

教育・勤労・納税が生まれながらにして定められてるよね。

そのうち教育は自分が子供、あるいは親になった場合に関すること。

残りの二つは社会人になったら誰もが負うものだ。

なので、一部の人を除きほとんどの人は何らかの形で働いて税を納めるわけだ。

やとわれだろうが個人事業主だろうが関係なく。

 

 

しかし一言に働くというと、とにかく大変で面倒なことばかりではある。

やりがいになって燃える瞬間も無くはないが、多くは悩める話がほとんど。

悲しいがこれが我輩らの前に立ちはだかる現実なのです。

険しい顔・疲れた顔・無表情を浮かべながら目の前の仕事をこなす日々。

身内・先方における調整に苦労しつつ、なんとか今日も一日乗り切る。

そうして出来上がる生活はストレスにまみれたもの…。

我輩も身をもって体験しているとはいえ、なにこれ灰色の生活やんけ。

 

 

このストレス、元を辿るといろんな要因はあるけどトップはやっぱ人間関係。

それも職場の人とのやり取りで疲弊しちゃうんだよね。

我輩は現時点だと、幸い周りの人たちに恵まれているので幸運ではある。

だがそれでもしんどいものはしんどいので、何とかならないかとよく考えるよ。

 

人間は他人と上手く接せられないと、なかなか腹にため込んでしまうもの。

ということは、逆に考えればそれをある程度軽減できるはずなんだよな。

つまり最低限の関わりだけすれば達成できるんじゃね?と思ったわけなんですよ。

なるべく事務的に、話す回数は極力少なく立ち回る。

我輩なりに考え付いた、職場での過ごし方はやっぱりこれがマストかな。

 

上下関係からの気遣いはかなりキツイもの

さてさて、職場には普通の人間関係に比べ明確に違う点がある。

それは立場に起因する上下関係だね。

中にはあんま気にしない人もいるかもだが、多くは気にかけているはずだろう。

ちなみに吾輩は上に対して、自分なりにかなり気を遣っちゃうタイプです。

元々の性格も影響するが同じタイプだった場合、気疲れ半端なくない?

もしこういう性格だったら、毎日毎日顔色をうかがうばかりなのだ。

積もり積もるとかなり精神的に疲弊する要因に。

 

吾輩の場合学生時代にかなりあれこれ言われることがあってさ。

当時相当な自己中だったから、めっちゃ嫌われてて心無い言葉をよくかけれらたよ。

まぁ自業自得な部分が多かったから、今思うとそういう扱いをされて当然ではあるが。

例えば家族や友達とかかかわった人から、誰から構わず

「お前とはイライラするから話したくない。」

「話の途中で無理やり入って腰を折るなよ。」

「わからないなら黙ってろ。」

などかな…。

コール
中々の言われようだね~(笑)

 

特に2つ目を口酸っぱく言われたから、それがいまだに自分の根底に残っているからか。

話の途中で自分も加わる=嫌われる行為という変換になっちゃって。

ケースバイケースなんだけど、どうも全部のパターンでそうなる恐怖が生まれてさ。

いまだに人と話すときに尾を引いてるので、あんま会話が得意じゃなくて。

吾輩自身が相当説明下手ってのもあるから、余計に拍車がかかってるかも。

 

友達や家族ならまだしも、職場の人にそんなことをしてみたらどうなる?

あっという間に袋叩きで、吾輩の居場所がなくなってしまうわけよ。

1人に嫌われるくらいならいいけど、全員だともうどうしようもないレベル。

それだけは絶対に避けたいところなのだ。

 

そして明確な上下関係の元で、失礼なことが合ってはならないという。

変なところで慎重なのも含めて、変なことは言えないなぁ…。

と考えながら仕事を進めるうちに、さっきの事実に気づいたのよ。

喋り下手+失礼のない行動をとるとなると、極端な話しゃべらなきゃいい。

…さすがに完全に0にはできないけど、なるべく口を開く回数は減らす。

じゃないと気遣いのストレスでこっちがつぶれてしまうよ。

 

事務的・どうしても必要がある会話以外は自分から振らない

そんな残念な性格と考えを持つ我輩が、職場でどう過ごすべきか?

正直一言もしゃべらなくても、個人的には大丈夫なんだけど仕事じゃそうはいかない。

だからこそ最低限の会話をして、仕事を何とか回すということにしたよ。

そのためには、事務的な話や報告など必要のある会話のみすること。

残りの無駄な雑談とかは、自分からは振る回数を少なくするのだ。

 

喋るのが得意ではない人だったら、喋ること自体がストレスなので…。

その回数をがっつり減らせれば御の字ってわけ。

代わりでもないけど、仕事はまじめにきちんとこなすように心がける。

口を滑らして職場で炎上するより、まだこっちのほうがマシじゃないかと。

別にしゃべりにも遊びにも来てるわけじゃないので、こう割り切るのもアリかな~。

 

ただずっと黙ってるのも、場合によっては変に思われるかもしれない。

そんなちょっとした恐怖も全くないわけじゃないので、その場合はこれをプラスしよう。

相手から話を振られたら、なるべく柔らかい対応で話に乗ること。

シリアスな話以外だった場合は笑いながら話すだけでもだいぶ印象が違うので。

それさえ意識すれば、極端に嫌われる可能性はだいぶ減るだろうな。

ラガン
ちゃんと話には乗りますよスタンスだけは保っておくべき。

 

関係性が深まるほど、たとえ職場でもフランクには接することができるかもしれない。

ただ吾輩みたいなタイプは、そこに行きつくまでに挫折しちゃうだろう。

というか、今までの経験で大体そうだったから。

だから上下関係が如実に出る場所だと、面倒だから喋る回数少なくていいやになる。

 

案外、職場の人でもめちゃくちゃ他人に興味を持つことは大してないよ。

恋愛感情とか以外ならば、ぶっちゃけあんま喋んなくてもさして困らないし。

あそこの人間関係は基本仕事柄での関係なので、私生活にまで来るわけじゃない。

我輩が上司の立場だったと仮定しても、わざわざ突っ込む気も起きないから…。

あくまで吾輩の場合ではあるけど、大半の人はそんなもんだ。

ダッフィー
思ってるほどみんな他人に興味はないということか。

 

職場はどっぷり関わらずドライな関係くらいでちょうどいい

というわけで、職場の人とあまりしゃべりたくないタイプはこうしよう。

なるべくドライな関係を作るため、必要以上に深いかかわりを持たないこと。

そのためには、自分から能動的に雑談を振る必要はない。

仕事を進めるうえで必要な会話のみに絞ることで、好きでも嫌いでもない関係を。

職場の人との間柄なんてそれくらいが一番しっくりくるんだよ。

仲が良くも悪くもないのがベスト。

 

仕事のゴールに向かう時は助け合う。

でもそれ以外の時は、特に仲良くもない他人同士。

お互いそこまで興味がないから、余計なおせっかいとかも発生しにくい環境。

我輩が理想として抱きたくなるのはこういう職場ですね(笑)

すっげえ冷めてるように見えるけど、社会なんてそんなもんだよ。

 

今回はここまで。

別に大して喋ってなくても、やることはこなす姿勢と努力さえ怠らなければ。

あれこれ文句を言われる筋合いもないので、そこだけは守ろうと日々意識しております。

たまに忘れちゃうけど人間だからな!

そういうときもあらぁな。

我輩はもくもくと仕事をこなす、そんな人間になりたいです。

 

今日もやるべきことをやってさっさと帰ろう。