管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

浪人はクズになりやすく全くお勧めできない… やらないほうがあなたのためです

 

大学受験は多くの人において、学生時代の大きな関門。

非常に優秀な成績で突破できる人もいれば、とんでもなく苦戦する人まで様々。

 

「浪人っていい話も悪い話も聞くけど、成る意味は本当にあるの?」

現役の高校三年生は、時としてそんなことを疑問に感じることもあるよね。

Omochiは絶対に浪人はお勧めしたくない。

特に自分が元々怠け者気質な持ち主は、意地でもストレートで大学に進学したほうがイイ。

 

 

大学受験は結果が明確に白と黒に分かれる

 

小学生~大学生の期間を過ごすうちに、一度も受験したことが無い人は希だろう。

多くの人は高校あるいは大学で、本格的な受験を一回は味わったことがあるんじゃないかな。

本人にとっても周りにとっても、まさしく一大事な期間だよね~。

 

特に大学受験は、シーズンになるとニュースで見ることもあり受験生の顔はこわばっているよね。

確かに自分の人生にも大きく影響してくるものだから、ガチガチになるのも当然。

 

ただ一方、残念なことに当事者にも関わらず適当に過ごす受験生も一定数存在するよ。

全員が全員、受験に臨むにあたってやる気があるとは限らない。

それでも挑戦する以上、自分を奮起させてやらないといけないのは当然なのだが…。

まぁかつての俺自身の事です。

 

やっちまったことに、俺は一度大学受験を失敗してしまい一年間浪人してたよ。

当時は現実から目を背けまくってたけど、今なら自信を持って言える。

「現役時代にやる気が無かった人間は、浪人しても向上しないので絶対にやめたほうがいい」

いや冗談抜きにマジで。

 

 

 

何とかなるだろ=死亡フラグ

 

あの時の俺は、今よりもかなり楽観主義な考えを持っていたよ。

浪人というものについても、ああ大変そうだなとしか思わず自分には関係ないと思っていた。

高校生になって怠け癖が強くなったので、どんどん成績が下降していたがそれも大して気にしていなかったのだ。

結局3年生になっても相変わらず成績が低いままだが、ぶっちゃけどうでもよかったとさえ感じてたのを思い出す。

 

件の受験が目の前にやってきても、「まぁ俺は何とかなるだろ、知らんけど」の状態のまま。

世間一般でいう中堅ランクの私立文系大学になんでもいいから受かれば、それでいいと思ってたなぁ。

ただし世の中甘くなく、当然の結果ながら全部不合格になってしまったよ。

そこで初めて、今自分が置かれている立場を再認識したワケ。

ダッフィー
あのとき、Omochiの受験失敗も含めて家の中でよろしくないことばかり起きてたな。
アナゴン
確かに家の中の空気が悪い間が続いていたな…。浪人は完全に君のせいだけど。

 

大学生活は過ごしてみたかったので、親に頼み込み浪人生になった。

さすがに高校生の頃より勉強はしたものの、自分の本質は1年ごときでそんな簡単には変わらない。

ましてや現在よりも数千倍考えが子供だったもので、とにかく自分にものすごく甘かったんだよね。

一応予備校に通ってはいたのだが、めんどくさくなって途中で抜け出すこともしばしばあった。

酷い時にはそのまま帰宅してしまったり、予備校の近くのゲーセンに入り浸ってたりしてたよ。

もちろんしばらくやった後に、親や予備校の先生にばれて大目玉を喰らったのは今でも覚えている…。

 

そんな感じで相変わらずやる気がなく、勉強にも特に身が入ってなかった。

あたり前だが成績は早々上がらず、かろうじてほんのちょっとだけ良くなったという程度。

最終的には高校生の頃目指してランクの大学に、何とか補欠合格できて滑り込めたものの…。

周りからは間違いなくこう思われていた。

「あ、だめだ。こいつ結局何の反省もしていない」

実際当時を自分で振り返っても、自身がですら全く同じ感想を思うもん。

中々レベルの高いクズだったと、改めて感じるね。

 

 

浪人を選択するなら、頑張っても目標に届かなかった人だけでいい

 

基本的に誰でも浪人という選択肢は安易にとらないほうがいい。

特に俺みたいに、自分に対してかなり甘い人ほど破滅を招きそうになりかねないからね。

いくら未成年とはいえ、10代後半になると自分が曲げられない性格の部分も出てくる。

たった1年ぽっちで、目まぐるしく変わる人なんかほとんどいないはず。

というか出来るのであれば、最初から浪人なんかすることも無いでしょう。

 

基本的にそれなりに忙しい高校生だろうと、やれる人はちゃんと勉強時間を確保している。

部活のあと、疲れた体を奮い立たせて少しでも知識を詰め込もうと努力するはず。

しかし自分の人生に当事者意識がない場合、やはり楽なほうにドンドン流されてしまう。

帰ってきた後も、そうなると遊んだり無駄に寝てたりするしかなくなってしまうよ。

あたり前だが、受験をするならまず挑戦するという意識をちゃんと持っておかないといけない。

 

まず受験に対する心構えとして、これが大前提となる。

出来ないならば、残念ながらあなたに待っているのは”不合格”の三文字以外ありえない。

勉強は知識を詰め込む作業が大半だから、やればやるだけ覚えるけどやらないと覚えられるわけがないよ。

結果がどうなろうが、完全に終わるまではガシガシやるべきだ。

 

無事に受かればいいけど、全員が全員合格できるなんて訳はない。

残念ながら駄目だった場合は、浪人してやり直すかそれ以外の道を進むかのどちらか。

ここで大きく迷うだろうけど、その時は現役時代自分がどれだけ奮起したかを振り返ってみてほしい。

必死にやって、それでも手が届かなった人はぜひとももう一年頑張ってチャレンジする価値はあるよ。

そういう人は勉強が高校時代の延長で、充てられる時間も増えるので成績の伸びはきっとよくなる可能性が高い。

大体このタイプは、何も言わなくても得てしてやる気があるはずなので自分でどんどんやっていける。

もう一年知識を練り直して、改めて合格をもぎ取れればそれでハッピーだね!

 

一方振り返っても、イマイチ頑張れる気にならなかったことが多かった場合。

こういう時は正直に言うと、もう一年勉強に身を投じたところで大した成果は得られない。

それこそさっきの俺みたいに、浪人してもちゃんと勉強するなんてことにはならないよ。

こういう人は性格の根っこの部分が、破滅的に自分に甘すぎるため努力がなかなかできない。

割り切ってしまえばある程度はできるかもしれないが、まずその割り切り自体が上手くいかないことも。

とすると、やっぱり浪人しても現役時代と同じく頑張れないな。

 

全く無駄な一年間…とは思わない(思いたくない)けど、ぶっちゃけ必要のない一年間だった。

相変わらず自分に甘すぎるのは特に変わらなかったし、副次効果としてすごく太ったし…。

中身は酷いままで、見た目も更に悪くなった上に同級生とは明確に一年分の差がついた。

今でもふとした時に当時のことを思い出すと、殆どが後悔の思い出しかない。

ジェラトーニ
うわあ、醜いおデブさんだ!(ニヤニヤ)

 

だからそうそう人は簡単に変わらないので、特に現役時代に頑張れなかった人は浪人しても結果なんか残せない。

まずはそうならないように、あらかじめ自分で手を打つべきだろう。

 

 

後で頑張れないなら、今必死に踏ん張れ

 

とにかく浪人時代は、過ごしていてよかったと思うことなんて本当にないよ。

人によって違うかもしれないけど、少なくともOmochiはそうだった。

だから浪人は基本的に誰でも安易に選択してはならないよ。

間違いなくその後に後悔することがすごく多いからね。

 

そして現在浪人生の人、浪人を選択肢に入れている人にこう言いたい。

ちょっと酷な言葉ではあるけど…。

浪人っていうのは体の良い言い方にしてるだけで、残念ながらあなた方には誇れるものは無いと思え。

ある程度の結果を残さないと、誰もあなたのことを見向きもしない。

それが嫌ならば現在浪人中の人は意地でも奮起して、第一目標に突っ走れ。

受験がすべて終わる前に浪人を考えている人は、そこに逃げ道を作らずに残りの期間を死ぬ気でやっとけ。

とにかく後の人生で後悔をしたくなければ、今を何とかすることに注力しろ。

何とかなるだろうと考えた時点で、あなたは他の受験生に蒔けているぞ。

頑張れ。

 

 

 

今回はここまで。

人生において人間関係以外で一番悩んだのは、まさにこの浪人時代の事。

それほど自分の中に禍根を残す可能性が高いので、何とかストレートで進学してくれ…。

 

 

マジで浪人はやめとけ。