管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

秋葉原でのグッズ巡りは楽しい! 今回見つけたこんな美少女たちを紹介!

「痛部屋は、布ものやら固形物に囲まれてこそ痛部屋である」

「とりあえず自分の好きなモノで固めておけば、それっぽくなる」

世の痛部屋主は、それぞれの持論をお持ちでしょう。

 

もちろんOmochiもそのうちの一人で、グッズ探しに余念がありません。

また秋葉原でお買い物してきたので、手に入れたグッズを晒していきます。

今宵も可愛くてえっち成分特盛の美少女しかいない。

 

布ものグッズこそ痛部屋に一番似合う

俺はね、思うのよ。

痛部屋を作るうえで、手軽に彩を加えられるものって何だろう?

と言われるとすぐさま、”布ものグッズが定番だろ”と思うワケ。

ここでいう布ものと言えばタペストリーや抱き枕カバー、タオル系といったもの。

フィギュアとかもいいんだけど、カバーを除けば中々に手ごろだ。

 

だからここ最近、秋葉原に行くととにかく馬鹿の一つ覚えみたいに

「布、布、ぬの、ぬの!」

みたいに頭がいっぱいになって、売り場を捜し歩くわけね。

そこでコーナーを見つけたら、じっくりと美少女たちを品定めするわけ。

そんな秋葉原タイムを過ごして帰ってくると、大体大きい荷物を抱えてくるのよね。

大体俺を魅了させまくるグッズやさんが悪い。

まぁそんなわけで、先日新たにグッズを購入してまいりました。

せっかくなので、それらを紹介しようと思います!

今回も可愛くてえっちな美少女ばかりだぞおおお!

 

絵師さん3人 タペ2枚と抱き枕カバー2枚

今回購入した、新たな美少女たちの戦利品はこんな感じ。

Syrohせんせーのタペストリー
・カントクせんせーのタペストリー
・しんたろーせんせーの抱き枕カバー(2枚)

全部新品で、お値段約28,000円ほど。

抱き枕カバーは相変わらず高い…。

使ったお店は、軸中心派さんとまんだらけの2か所だ。

ヴィーゼ
このままのペースで使い続けると、破綻しちゃうよ?
アザラシちゃん
ぴ~…。(ダメよ、あそこに行った主は8割くらい正気を失っているわ…。)

 

Syroh氏 軸中心派の看板娘爆誕!

まず一発目のタペストリーから。

軸中心派の看板娘の“こころちゃん”。

サイズはB2縦長。

二次元系のショップって、販促用のキャラがいるのが多いじゃない?

とらのあなだったり、メロンブックスだったりああいう感じの。

 

ただ軸中心派には、今までそういうのがいなかった。

しかしこのたび、Syrohせんせーが店のために看板娘を作り上げたようで…。

これを発売したと同時期に、秋葉原本店には彼女の等身大パネルが!

店内は全て撮影NGだが、このパネルに限りOKな模様。

しばらくのお披露目タイム。

 

肝心の絵だが、彼女の服装は普段着というより学生服かな?

パネルだとエプロン付けて、お店の制服を身にまとってたけど。

金髪ロングツインテなので、シルエットだけ見れば中々派手。

だが露出度も少なく、要所要所で見ればおとなしめな雰囲気。

しかしSyrohせんせーといえば、爆乳おっぱいのイメージ。

御多分に漏れず、服の上からでもそのおっぱいのラインが分かるほど大きい!

クロミちゃん
あんた、あいかわらず女の敵ね…。どこ見てんのよ!

 

ただ露出が少なめな服なので、いつもよりかは控えめ…。

しかし彼女は公式のプロフィールがあるのだが、バストサイズは驚異の95。

着やせするタイプで、脱ぐと相当に大きいのが容易に想像つくよね…。

更におっぱいと同じくむっちりしているのが、そのニーソックスに包まれた脚。

程よく丸みを帯びた、むちむち太ももをニーソックスが締めあげている様子はたまらない!

なんで二次元だと、ニーソックスってあんなに魅惑の装備に生まれ変わるのか謎だ…。

 

カントク氏 夕闇のビーチで彼女は何を告白するのか

次のタペストリーはコチラ。

カントクせんせーのもの。

サイズはB2縦長。

 

御覧の通り、浜辺でのシーン。

もちろん身にまとうはビキニ+スケスケのTシャツな女の子。

因みにせんせーの看板娘ではなく、このイラストだけのオリキャラだね。

海から出た着後にTシャツを着たのか、シャツも彼女もしっとりぬれぬれ。

おかげで透けてしまい、その瑞瑞しい肢体が薄い布を通して良く見える…。

Tシャツ越しなので輪郭程度だが、かなり良いおっぱいをお持ちのよう。

 

イラストの雰囲気は。ちょっぴりシリアスでロマンスな感じが…。

彼女は顔を赤く染めながら、こちらをちょっと見下ろす。

その恥ずかしげな表情から出る言葉は、こちらに寄り添いたいのか?

 

それとも、告白をできそうな雰囲気で思いを口にしてしまうのか?

はたまた何も言わずに、そっと唇を重ねてしまうのか?

色んな事が想像できる、非常に幻想的なイラストなのでございます!

俺だったら、そっと彼女を抱きしめて何も言わずに数分間じっとしていたい。

 

しんたろー氏 メイド服と白いレース下着のコラボ

さてさて、これより先は抱き枕カバーゾーンに入ります。

今回紹介する2枚は両方とも18禁バージョンだぞ。

 

まず初めの一枚はコチラ。

しんたろーせんせーが描く、金髪ロングツインテの女の子。

名前が“丹羽 茉莉”ちゃんという。

せんせーお抱えのエロゲーブランドである「クロシェット」より。

(写真には写っていないけど)

そこが発売しているエロゲーの中のどれかのヒロイン…。

かと思っていたが、該当するキャラが見つからない。

 

どうやらクロシェットとソフマップがコラボした際に作られたもの。

つーことはほぼオリキャラ扱いでいいのかなぁ?

 

今からだいぶ前の製品なので、ネットではあまり出回っていない印象。

よって、秋葉原のまんだらけで購入してまいりました。

もちろんしんたろーせんせーが描いたという、その一点で購入に至った品物。

ダッフィー
まさしくジャケ買い極まるな…。

 

コンセプトがメイド服を着て、あなたの元にお邪魔したというにメイドさんの格好。

オーソドックスなカラーリングの白黒で、あなたのことを迎えてくれる天使だ。

すでにあられもない姿で、非常に目のやり場に困るというかなんというか…。

おっぱいは大きいが、せんせー基準で考えるとそこまでデカくは見えない。

あとガーターベルトは、やっぱりセクシーさを際立たせる絶妙なスパイス。

表情もキョトンとしたあどけなさを残してくれるのが可愛い。

 

ひっくり返したお姿。

打って変わって、メイド服を全て脱ぎ去り心もとない布のみを残した姿に。

表情も少し淫靡な笑みを浮かべており、一層雰囲気がちょっと怪しい感じに。

これはいやらしい。

 

ブラジャーを肩に引っかけたままだが、二次元にしては珍しくフロントホック。

あのカップとカップのつなぎ目が取れて、着脱が容易とかいうやつ。

おかげでご丁寧にも、ブラジャーの内側もしっかり描写されているこだわりよう。

ブラの表面はよく見るけど、裏面ってそんなに多くないから新鮮かも。

特に男なんか、リア充でもない限り裏側を熟知しているはずないからな。

あるいはただの変態か。

 

あと気になるのが、足元の白い紐?みたいなやつ。

ファンタジー世界の女神さまとか、ああいう組み合わせの紐多いよね。

何のためにアレをしているのかよくわからないんだけど、オシャレのためか?

引き締まった足っぽく見せる視覚効果があるのか?

俺にはよくわからない。

 

銀髪ロングハーフ娘もおっぱいがはじける

ダメ押しにもう一枚。

同じくクロシェットから発売されたエロゲー。

「プリズム◇リコレクション!」のキャラクターだ。

名前が“アイナ・アシュウィン”ちゃん。

名前を見て分かる通り、日本人ではなくハーフのようだ。

母親が日本人なので、日本語をしゃべるには全く問題ないらしい。

 

学生服を身にまとっているモノの、やっぱり前は全開のキャストオフ仕様。

いうまでもなくおっぱいは白日の下に晒されております。

因みに同ゲーム中、4人いるヒロインの中でおっぱいサイズは3番目に大きい。

それでも90cmを誇るので、相当に大きいのは間違いないのだが!

にしても、きれいで真ん丸でしろいおっぱいだぁ…。

コール
たった5行の間におっぱいを3回も連呼してくれちゃって~。

 

裏面がこれ。

急に和服へジョブチェンジ。

赤い着物だが、まぁ全く体をなしていない。

おかげで、体の前面が御開帳フルミックスである。

そしてせんせーは、ほぼぱんつを脱ぎ掛けにする。

一応足にかかってますよという事実は、それはそれで妄想が…。

直前まで履いていた、彼女の温かさを生で(ry

これ以上は酷いので言及しません。

 

着物を着た外国人美少女。

和服と銀髪のコラボというのは、これはこれで相性がいい。

ぜひともその大きい和服の中に、俺を包んでくれませんかね?

甘い香りと大きなおっぱい、すべすべの肌のぬくもりに骨抜きされたい。

 

まんだらけはカバー集めには一考の余地があるかも

最後に余談。

最近抱き枕カバー集めにも着々とハマりつつあり、非常に悩ましい。

金額的な面ではもちろんだが、常に売っているお店を探すのもちょっと厄介。

店頭で探したい場合、グッズとしてはニッチになりやすいのが抱き枕カバー。

どうしても売っていないor売り場が狭くて選択肢が少ないのが店頭での悩み。

 

自分がよく使う軸中心派さんも、抱き枕カバーは常に店頭で売っていない。

そこで今回使ったのが、秋葉原のまんだらけである。

実際行ってみると、そこそこの量を誇るカバー陳列棚が。

今後抱き枕カバーをアキバで見るときは、あそこもじっくり見てもいいかも。

もちろん10,000円以上するが、正規品の抱き枕カバーなのでご安心。

後日抱き枕カバーをアキバで購入できる店舗をまとめました。

 

今回はここまで。

タペストリーも捨てがたいが、希少性故抱き枕カバーは目が血走る。

お気に入りのモノを見つけたら、すぐに確保する勢いを常に保っておかないと。

 

目で見て楽しむおっぱいおっぱい!