管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

秋葉原で買える抱き枕カバーの店舗4選 実物を見るならここで確認して! 

 

「高い抱き枕カバー、実物で一回見たい」

「ネットだと不安だから、店頭で購入できるとこないの?」

特に初めて買うときって、どんなものか目で確認したくなるよね。

 

そこで普段自分がよく行く秋葉原で、購入できるお店を纏めてみたよ。

やっぱりネットの画像で確認するのと、実物を確認するのとじゃ興奮度合いが違うからね!

まずはここから、抱き枕カバーの世界に入ってみませんか?

 

 

抱き枕カバーはあんまり店頭に置いてない

 

いきなりちょっと残念なことなんだけど…。

抱き枕カバーって、思ったよりも店頭に置かれてないんだよね。

もちろん全く無いわけじゃないけど、他のグッズに比べればやっぱり置いているところはかなり少ない。

アニメショップで有名なアニメイト・ゲーマーズ・とらのあな等も置いてあるのは見たことが無いな…。

(通販ならまぁあるかなー程度)

 

「地方の店舗ならともかく、秋葉原場にあるショップにはそれなりに置いてるんじゃない?」

と思うかもしれないけど…。

マジで有名どころのグッズショップは、置いてあるところは0といってもいいくらい。

もっと規模が小さい準大手クラスのグッズショップの一部なら、まぁおいてあるかな…。

 

よって超多くは無いけど、カバーを置いている一部のショップを今回紹介します。

毎度アキバへ赴くたびに、ちらっとよって物色するにはちょうどいいのかもしれない。

そしてショーケース越しでも、見ればなんとなくどういう製品か分かるからね!

 

 

そもそもなんであんまり置かれてないの?

 

同じ布モノグッズでも、明らかに抱き枕カバーって全然見ないよね。

まぁ商品コンセプトや価格帯を考えると、ある意味当然とも言えるのだが。

一言で言うと、グッズの中でも購買ターゲット層が狭いからなんだよね。

 

まず商品コンセプトから行くけど、あれは可愛いヒロインorかっこいい男性キャラの等身大をイラストに使っている。

そして読んで字の如く、「抱いて一緒に寝ている感じを味わう」のを主眼においているわけ。

特に抱き枕カバーは男性向けが多く、その大半は中々いやら(ry な姿をしているよね。

オタク趣味を持っていても、ある意味一線を越えるようなグッズなので買う前に抵抗を覚える人が結構いる。

それを乗り越えた人間は、甘美な誘惑に包まれようと買うわけだが…。

まずこの時点で購買層がある程度狭まる。

ヴィーゼ
一線を超えるか超えないかで槍玉に上がりやすいグッズらしい…。

 

次に考えられるのはやはり価格帯。

作るのに手間がかかりやすいし、大量生産が非常にやりづらい。

おまけに肌に触れるものなので、手触りのよさを求めると上質な素材を使いがち。

よって、きちんとした質のカバーを買うとなると値段がどうしても高くなる。

具体的には一本10,000円~13,000円あたりが新品の相場だ。

見て分かるとおり、グッズとしては結構高い値段なのでさらに購買層が狭まるよね。

 

これらを考慮すると、やはり抱き枕カバーは常設してもそこまで大きく店頭では売れにくい類の製品かもしれない。

本当に好きな人だったらお金に糸目を付けないけど、大多数は決してそうとは言えない。

こんな事情が相まって、秋葉原でもカバーを置いている店は少ないんだと思う。

しかし、さっきも言ったように置いてあるところはちゃんと存在する。

ぜひとも興味のある人は、そのお店に足を運んでもらい気に入ったカバーの購入してくれると嬉しい!

みんな買って需要が増えれば、きっと単価も徐々に下がるんじゃないか(切望)

 

 

秋葉原でカバーを物色するならここに決めた!

 

ちゅうわけで、普段自分がカバーを見に行くお店を紹介するよ。

やっぱりどこも有名なお店ばかりだから、安心感は非常に強いね!

 

 

らしんばんはオリキャラ・絵師さんによる版権キャラが多め

 

まず一箇所目は、全国に店舗を構える”萌えのコンビニ”こと「らしんばん」

秋葉原の店舗は、ベルサール秋葉原の入り口左側の通りをはさんで向こう側に構える。

すぐそばにはあみあみやイエローサブマリン、コトブキヤなどもあり周辺は有名ショップばかり。

ビルの1~2階に入っており、1階はフィギュア系統の中古玩具が非常に多い。

ここで中古フィギュアを物色するのも楽しい。

 

件の抱き枕カバーは2階のフロア右側に集中している。

1万円以上するものはほとんどガラスケースの中に入っているけど…。

キャラの顔もしっかり見える上に、2ケース分くらいの売り場になっているよ。

他にもビニール詰めされて、ハンガーにかかっている物もあるためそっちは手に取れる。

 

足を運んだ感じ、全体的に美少女イラストレーターさんのカバーが多いかな。

覚えている限りだと、例えばKaroryせんせーのものを見たことがある。

オリキャラはもちろん、版権もののキャラが書いてあるものとか見かけたよ。

18禁のものも普通においてある。

そしてそのときによって置いてあるカバーの種類は変わるので、お目当てのものがあるとは限らないが…。

店舗においてある種類としては、比較的多めなので選べる余地はあるかなぁ。

タート
種類が多いのはありがたいところだね。

 

ただし、カバー本体の値段はわりかし変動している。

大体新品価格だと、カバーって10,000円~13,000円くらいになるのだが…。

店頭の商品の中には15,000円を越える物もたまに現れる。

前に出たやつを売り出しており、それらはちょっとプレミアが付いているようなものも。

ネットオークション等と比較しても対して変わりは無いと思うけど。

 

 

まんだらけはエロゲー発のカバーが多い

 

次に紹介するのは、いわずと知れたオタクショップの大手である「まんだらけ」。

秋葉原と中野ブロードウェイの店舗に行ったことがある。

ちなみに秋葉原の店舗は、ベルサール秋葉原のすぐ近く。

らしんばんとは反対の通りにあるよ。

やはり品揃えはマニアなオタク向けで、Omochiみたいなにわか美少女オタクには若干層が会わないような気がするけど…。

ラガン
どことなく店内もちょっと昔な感じの雰囲気が漂うところ。

 

それでも一定数の抱き枕カバーは販売されている。

ここでは秋葉原店に言及するけど、たしか4階だったかな。

美少女グッズ系が軒を連ねるフロアがあるのだ。

そこの一番奥の通路に、ショーケースに入った抱き枕カバーたちがあるよ。

らしんばんよりも売り場のケースがちょっと多い代わりに、それ以外の外にぶら下がっている感じではない。

ここの品揃えはらしんばんと似ているラインナップではあるが…。

サークル製+エロゲーブランド製のものが多い印象を受ける。

特に”クロシェット”が発売するカバーをよく見るかな。

 

クロシェットといえば、しんたろー・御敷仁せんせー両名が描く美少女たちがまぶしいエロゲーブランド。

大体出てくる女の子たちは、めっちゃおっぱいがでかくて俺は大好きです(笑)

エロゲーブランドも、しっかり10,000円以上クラスのものを出しているところはしばしばある。

よって肌触りや印刷の綺麗さは、全く持って問題ないクオリティだ。

特典で付いてくるカバーとは違うのだよ!

(こういうやつ↓)

 

売り場はそこそこあるので、選ぶ楽しさはしっかり健在。

もちろんそのときの在庫状況によって、並ぶカバーの種類は変わるけど結構選べるよ。

こっちは18禁のもののほうが多いかもしれない。

ただしやはりこちらもカバー本体の値段は、レア度によってまちまち。

結構バラツキがあるのだが、ちょっとらしんばんよりも高めかもしれない。

記憶にあるものだと、20,000円近くのものもたまーに混じるのでよく観察しよう。

 

 

K-BOOKSは特典系のカバーが多い

 

次は秋葉原駅前にあるラジオ会館の中。

K-BOOKS秋葉原店のグッズコーナーだ。

確か3階だったと思うけど、各種グッズはかなり多岐にわたる。

タペストリーはもちろん、ぬいぐるみやプライズのグッズなども置いてあるよ。

 

そして肝心の抱き枕カバーだが、なんと同フロアに18禁専用コーナーが…。

ということは、逆に18禁のものしか扱っていないということになる。

えっちぃのしかお求めで無いならば、ある意味桃源郷とも言える異空間だ。

そして売り場はレジ前の複数列にまたがって、ずらっとぶら下がっている。

その光景はさっきの2店舗よりも数が多く、壮観な景色?かもしれない!

選べる選択肢は、自分が見てきた店舗の中でも一番多いと思うよ。

 

ただし気になるのが、扱うカバーの品質がほかと違うということ。

どういうことかって言うと、言い方が良くないけどさわり心地のあまりよろしくない系のカバーがメインなのね。

値段はやっぱりぶっちぎりに安いのに反映されている。

5,000円前後くらいで一枚買えちゃうくらいの値段だった気が。

その代わりに、印刷の綺麗さとか抱き心地のよさは二の次って言う具合。

いわゆるエロゲーの予約特典とかで付いてくる感じのカバーだね。

 

純粋に飾るだけの目的ならば、遠めで見る分には特に不足は無いはず。

数を揃えて並べたいなら、ここで買うのもありだとは思う。

ただやっぱり手触りも追求したいなら、10,000円以上のカバーを購入すべきだね!

 

 

軸中心派はたまに店頭で売ることも

 

抱き枕カバーを取り扱う通販について纏めた記事でも言ったけど…。

Omochiは日頃からここの本店をよく利用しております。

 

残念ながら基本的に店頭では常に売られていない。

むしろ売られていることのほうが希だ。

ここは主に予約されたカバーのキャンセル分が出たら、店頭で販売しますという感じ。

なので予約期間→店舗受取→受け取らなかったら、その時の来店者に放出と言った流れ。

非常に不確実性が高く、予約しないならばここで購入するのはちょっと難しい。

もちろん運よく見つかれば、素晴らしいクオリティのものが手に入るのは間違いないが。

軸中心派の場合、予約無しで見つかればラッキー程度にとどめておくべきかな。

 

因みに余談だが、出張店舗があった時に過去売られていたカバーが置かれていることがある。

キャンセル分なので数も少なく、特設サイトには紹介されていないことが多い。

実際に会場へ行かないと置いてあるかどうかは分からないが、たまに置かれているので見つけたら購入だ!

 

 

店頭で探すなら「らしんばん」or「まんだらけ」がオススメ

 

つーわけで、どうしてもお店で実物を見てから悩みたいという方はこの2つから。

らしんばんか、まんだらけで探すことをオススメします。

両方とも有名ショップなので、基本的に品質等に問題は無いよ。

だから初心者が実際に手にとって、自分の目で確かめたいならここで確認してみてね!

俺も度々このショップにはお世話になっているので、安心して抱き枕カバー沼に浸かるがいい!

 

今回はここまで。

オタクの聖地である秋葉原でも、ニッチなグッズはあまり置いてない。

抱き枕erの生き残る道は、やはり通販なのだろうか…?

 

今回の入荷物は、まさかのコレですか!