管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

【許せても、データを追加するもののみ】DLCについて、なんでこんなのがまかり通るのかを考えてみる

  • 2018年3月28日
  • 2019年2月17日
  • 考察

 

 

 

 

最近のコンシューマーゲームって、何かとこの要素があるよね。そう、DLC(ダウンロードコンテンツ)

 

何かと賛否両論になるこれについて、今回は取り上げるよ。ゲーマーの端くれとしては、無視できないことだからね!。行きましょう。

 

 

なんで最初から収録してねえんだよ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもDLC(課金)とは

 

簡単にいうと製品版のゲームに追加のお金を払って手に入れる、拡張要素みたいなもの。

例えば、キャラの衣装・消費アイテム・ミニストーリーとかね。

 

 

似たようなものでいえば、ソーシャルゲームやネットゲームにおける課金だろうか。

これも、追加のお金を払って強力なガチャが引けるチケット・強い武器防具・経験値○倍とか。

内容は実に多岐に渡る。

これがあるので、時間をお金で買って早期育成や解放をするもよし。

時間をかけて、ゲーム内の方法でアンロックするもよし。

楽しみ方に、幅が広がったのは認めよう。

 

 

 

だがな

Omochiはね、このDLC関係はものすごい嫌い。

正直、その商法を採用するメーカー側はユーザーを馬鹿にしているようにしか見えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物売りとしてはいろいろおかしくない?

 

ひとまず、基本プレイ無料系のゲームは一度置いといてほしい。

ここでは、PS4やSwitchなどの所謂ゲーム機のソフトに絞るぞ。

 

 

最も大きな理由として

ダウンロード版でもパッケージ版でも、要は1つの製品として既に完成されているはず。

だから、出荷された時点で本来は未完成品なんぞ存在しないのだが…。

(これは、日商簿記2級の工業簿記を知ると、イメージが付きやすいかも)

 

 

基本的に、一部を除いてフルプライスでしょ、お値段は。

だったら、そのゲームのすべての要素はその時点で詰まっていなきゃいけないだろ?

そう、完成度が100%の状態で売られているのが普通のはずなのに…。

 

 

DLC要素があるということは、完璧な意味で製品版でないわけだ。

民衆へ売り出す者として出しているので、あからさまな未完成品はあかんやろ。

百歩譲って、追加のデータをDLCで半場するならまだしも

特に、データアンロック式のゲームなんか擁護する価値もない。

 

 

 

 

 

 

未完成品ってこういうことだよ

 

例えばこういうこと。

後から追加したい要素として、更に10%分のデータを販売するとしよう。

だから、それをユーザーが手に入れると製品の完成度が単純に110%になる。

まぁ、これも正直どうかなぁ…とは思うよ。

だって、最初から入れておけよと言ってしまえばそれで終わりだからね。

企業側も消費者の射幸心を刺激するための行為だ、と言えばあまりああもこうも言えんが。

 

 

一番許せないのは、80%位の完成度で製品を売り出すこと。

それにDLCとして残りの20%分を補てんするようなやり方をすること。

 

ユーザーとしては、未完成品を買わされたという意識が非常に強くなる。

せっかく面白そうなゲームでも、これが発覚するとネットで袋叩きにされるよね。

 

 

だってそもそも100%の価値にするため、追加のお金を払わないといけない状況が不可避なんだよ?

それは、売る側の認識としてはいかがなものかと思う。

期待していたゲームならなおさら。

そんなユーザーを馬鹿にするような態度をとるメーカーは、自分の首が絞まっている。

そうして、倒産の危機もしくは本当に倒産したゲームメーカーがどれだけいるやら…。

 

 

だから、基本的にDLCは反対なの。

製品版で安くないお金を払っているからね。

これ以上余計なお金は払いたくないだろ。

消費者目線で考えれば、すぐにわかることなのに…。

一部の有名メーカーは昔からこの商法を採ることが多い。

ゲーム自体は素晴らしいものを作ってらっしゃるのに。

もったいない。

 

 

 

似たようなソーシャルゲームの課金は?

 

これもさっきと同じく、Omochiは否定派。

 

ただ、営利企業としてこの手法をとるのは当然だよね。

そこはそう思う。

ソシャゲやネトゲって、どちらかというと基本プレイ無料なものが多いじゃない?

だから、基本無料と銘打っているモノはどこで利益を得るか。

と言ったらやっぱりユーザーの課金が大きい。

 

 

ええ、ガチャが猛威を振るうわけですよ。

あれって、少ない時間で強力なアイテムやカードが手に入るでしょ。

社会人だと、特に有料ガチャを回しているイメージあるよね?

お金をかけて早く強くなるルートを辿るわけですよね。

そこに、やはり企業側は目を付けざるを得なくなる。

 

 

元々、プレイ自体に金はかかっていないわけだから、課金への抵抗もDLCに比べれば少ないと思う。

前提条件が違うから、一概に比較できるわけではないが…。

 

ただし、DLCよりよっぽど性質が悪いのもガチャである。

課金するのに際限がなくなりやすいからね。

課金するなとは言わないが、自制心は必ず持たなきゃ大変なことになるよ。

 

 

 

 

 

 

この商法は、早く撲滅してほしい

 

せっかく買ったゲームに、水を差すような存在であるDLC。

正直、見つけた瞬間に萎えるからいっそのこと実装しないでほしいなー…。

 

 

特に、未完成疑惑が強くなるデータのアンロック式は次回作から買いたくなくなる。

あと、似たような完全版商法もね…。

(モンスター○ンターワールドG?とかね)

 

といろいろ言ってみたが、やはり日本経済の低迷が大きい部分なのかなとも思う。

だって、この業界に限らずいろんな分野で海外に追い抜かれているからね…。

この国は少々停滞気味であることは明らか。

 

 

それでも、きちんと作り込まれたゲームならちゃんと新品フルプライスで買いますから!!

おねがいだからそうやってゲームを作って下せえ!。

ソ○ー様・S○GA様・バンナ○様etc…。

 

 

 

 

 

今回はここまで。

あなたはDLCや課金に賛成ですか?、反対ですか?

ゲーム好きにとっては、本当に頭を悩ませる問題である。

 

 

 

 

 

リセマラとかしたくないんだけど…