管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

【しがむべきか、手を放すべきか】雇われるならずっと会社に飼いならされる感覚を捨てる。洗脳される前に。

  • 2018年9月13日
  • 2019年2月20日
  • 考察

 

 

 

あなたは今働いている会社に、何時まで在籍しようと思う?。定年まで、30までみたいに人それぞれなんとなく区切りはあると思う。もちろん、何か突発的な事態になれば辞めざるを得ないとかそういう時は別よ。ちなみにOmochiは、本業のほかに収入源が出来たらいますぐにでも辞めたいと毎日思っております。

 

 

 

現在の20代は、多くの会社の倒産をニュースやネットで目にしてきた。もちろんTOSHIBAやSHARPと言った、名だたる知名度を誇る大企業だって例外じゃない(倒産じゃないくて、経営の悪化だけどね)。だから自分たちが今働いている場所が、定年までずっと残っていると考える人がだいぶ少なくなっている。そこから、「会社に雇って養われるではなく、自分のために会社を利用する感覚を持つ」と言うことについて、考えていこうと思います。行きましょう。

 

 

 

いつまでもしがみついていられるか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の人生を変える為には

 

 

現代の世界で人が生きていくためには、最低限お金が無いといけない。

それが無いと、食べ物も着る服も住居も構えられず最低限の生理的欲求が満たせない。

よって、(犯罪以外で)お金を得る手段を見つけるのは何事にも変え難いわけだ。

 

Omochiを含め、多くの人間は雇われて労働者になって働くことを選ぶ。

だいぶネットが発達したから、そこから外れてもっと違う手段でお金を手に入れる人の生活ぶりも見れるようになっては来たが…。

実際にそこにたどり着こうとしても、身近にロールモデルが居る人のほうが少ないのでイメージがわかないんだよね。

その中でも色々試してみようとする人も、一定数居るわけだが。

 

 

そこで思う。

もし今の会社員人生を変化させたいなら

「会社に雇われるではなく、会社を利用するようにしないといけない」

と、最近感じ始めた。

ごめんね、現在Omochiは隣の芝が青く見えまくって仕方が無い状況だからこんなことばかり考えている。

まぁ考えるだけならタダだし、別に問題ないよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

養われている感覚だと一生抜け出せません

 

 

誰だって、欲の差はあるかもしれないけどお金持ちになって自由に生きる人生”をすごしたいと思うはず。

会社で貰う給料よりもはるかに高い金額、会社勤めで受ける膨大なストレスと自由の無い時間は真逆なものに変えたい。

会社員経験のある人なら、一度や二度どころじゃない回数考えたことがあるでしょう。

Omochiだって、まだ1年半弱しか働いていないのに何度考えたか分からない。

 

 

とにかく会社員って、0ではないが勤め続けていればリスクは超絶大きいわけじゃない。

企業にも寄るが、お金の面だけで言えばね。

(精神面では多大なリスクがあるけどさ!)

裏を返せば、例えよっぽどの悪事をしでかさない限り解雇されることが少ないので多少適当にしても給料がもらえるってのがあるわけだ。

ここに会社に養われている感覚に陥る落とし穴がある。

 

この感覚を持ってしまうと、とりあえず会社にしがみつけば生きていくことは出来るからまぁいいか”という思考に陥る。

そうなったら人間って、大体向上心や他の事にチャレンジするなんていうやる気が消えうせる可能性がかなり高くなる。

 

 

Omochiはその考えは大いに否定したい。

ブログをはじめてから、この考えがいっそう強くなったよ。

だって自分の考える今の幸せって、雇われ労働者のままだと全然描けないんだもん。

しょせん20数年しか生きたことの無い世間知らずの若造が言う戯言だから、上の世代にとっては馬鹿みたいなことと嘲笑されるかもしれない。

でもあなたたちの考える幸せと、今の自分が考える幸せは殆ど合致しないのはうすうす分かっていたから別にいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄様も、似たようなことを最近漏らす

 

最近Omochiのお兄様も、会うたびに仕事の不満を漏らす回数が増えてきた。

確かにOmochiよりも数倍しんどいハードワークをこなしているから、言いたくなるのも当然であるのでまぁ弟として話に付き合うくらいはするよ。

 

彼曰く

「結局使われている立場の人間じゃ、自由にものも言えないからこんなところから脱却しなきゃこっちの身がもたないぜ!」

どうも客先常駐と言う形で働くので、ユーザー側の無理難題に散々応えて疲弊しているようだ。

恐らく、似たような働き方をされている人は共感するかも。

 

 

そして実際に本人の気持ちや、家族の意向も相まって転職が決まり現在の状況から脱しつつある。

願いがかなってよかったね。

ただし、Omochiと決定的に違う点が一つある。

Omochiは将来、一人で仕事が出来るフリーランスになってみたいと思うがお兄様の場合は違った。

どうやら本人は

「俺は会社の中で人を動かす側に回りたい」

といっていたので、会社と言う組織にとどまり続ける選択をしたいみたいだ。

もちろんやとわれであることは変わりないのだが、その台詞のようにいずれは大きな曽木の中で人材を回すようなことを目指すと。

 

確かにこれなら、惰性で仕事をこなして会社に養われていると言う感覚とは違う感じがするね。

会社員だろうが、独立した人であろうが普段思っていることを変えるだけでその養われる感覚を捨てることが出来るわけだ。

その思いが、自然とその人の行動になって表れるんでしょう。

自分で言えば、ブログを続けることみたいにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境を変えるなら、まず考えを改めて行動に移せ

 

会社員人生に嫌気が差している大多数の労働者に告ぐ。

嫌だと文句を言うのは構わないが、それだけで終わってないか?

一時的にはすっきりするかもしれないけど、それじゃ今の状態を変えられないぞ。

 

 

時間がかかってもいいから、ちょっとずつ会社以外の事に目を向けてみよう。

あなたの考える幸せは、他の人には理解されるかもしれないし理解されないかもしれない。

でもあなたの人生なんだから、最終的に全てを決めるのはあなた自身。

そのために、会社に不満があるならば日々の業務だけを淡々とこなして養われると言う感覚を早く捨てよう。

その感覚を捨てた先にあるのが幸せと感じるならば、早急に家に帰ってから新しいことをはじめましょう。

そう、プライベート重視な生活にシフトチェンジしよう!

 

 

何でもいいです。

新しい趣味でも、ネットで情報発信でも今の時代はやれることに事欠かない。

便利な時代をすごしているならば、全力でそれに享受しましょう!

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

雇われていたほうが幸せなこともあるし、独立したほうが幸せかもしれない。

あなたが考える働く幸せは、どちらに重点を置きますか?

 

 

 

 

そうだよね、ずっとぶら下がっているわけには行かないだろう…。