管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

マルゼンのワルサーPPK/Sブラックをレビュー スパイに欠かせない相棒

「タキシードに似合う小型の拳銃、カッコイイ!」

そんな恰好をした拳銃使いと言えば、有名なのが一人いる。

 

そう、イギリスで生まれた架空の名スパイ。

ジェームズ・ボンドが愛用するハンドガン。

国内メーカーのマルゼンさんが、精巧に作ってくれました。

ワルサーPPK/S ブラックバージョンのレビューだ!

色男には隠し持つ小さいハンドガンがよく似あう。

 

マルゼンのワルサーPPK/Sもワルサー社から図面を提供されしもの

冒頭にも話した通り、イギリスの名スパイであるボンドさん。

彼がシリーズ初期から愛用する銃と言えば、やはりこいつ。

ドイツのワルサー社が1929年に開発した、ワルサーPPだ。

後に元々小さいボディがさらに小型化したPPK/Sを開発。

ボンドは作中で幾度となくこれを取り、様々な窮地を脱してきた。

 

まぁ俺はN64のソフト。

ゴールデンアイ007の知識しかないニワカなので…。

彼のこれ以上のお話はここで終わり。

 

このモデル、国内ではマルゼンがエアガン化している。

ワルサーP38ワルサーP99と並び、正式な銃の図面提供を受けているため…。

とっても精巧に作られているのは、エアガン界では有名な話。

今回はPPK/Sのブラックバージョンを紹介するよ。

3バリエーションある中で、最もお安く手に入る代物だ。

 

実際の製品がコレ

パッケージから最初に行くよ。

ワインレッドのカラーを施した、非常にシンプルなパッケージ。

似たようなパッケージのカラーに、ワルサーP99のモノがあるけどあちらより紫色が強めだね。

高級感あふれる、センスのある色使いである。

 

開封すると、ビニールに包まれた銃本体や付属のBB弾が入っている。

マルゼンさんの梱包は、今まで持っている銃を見ると全てビニール袋入りだね。

箱との擦れで、銃が傷つかないようにする心遣いが嬉しいところ。

 

外観

箱から取り出して、銃本体の全景を。

御覧のように、殆ど真っ黒なボディを持つ。

この銃のカラーバリエーションに、同じブラックでもブラックメタルverもあり。

今回のは普通のブラックタイプだよ。

 

さらっとして、光を鈍く反射するのがノーマルブラックの特徴かな。

小さいハンドガンだからか、トリガーから発射口までが短めでキュッとしているね。

ラガン
クロミちゃんの顔面もこれくらい引き締まっていればなぁ…。
クロミちゃん
アンタ一日に何回アタイに喧嘩売ってるのよ…。

 

ホールドオープンしてもちっちゃい!

弾を撃ち切った後は、この姿に変身する。

小さいハンドガンだから、スライドも思ったより後方まで下がるわけではない。

それでもホールドオープン後の、ニョキッと突き出たアウターバレルはカッコイイ!

 

ただし一点注意してほしいことがある。

オートマチック式のハンドガンは、ホールドオープンするとスライドが止まる。

解除するには、側面にスライドを止めるレバーがあるんだけど…。

このモデルにはそのレバーがそもそもない。

やり方はホールドオープンしたらマガジンを抜いて、更にスライドを引っ張る。

そうすると元に戻ります。

他の銃と違う操作感なので、そこは注意しておいてほしい。

正直かなりやりづらい。

 

刻印類

マルゼン製のワルサーシリーズとあるだけに、リアルな刻印は大きなウリ。

その自信に満ち溢れた、刻印の処理を見ていこう。

左側面にはワルサー社の社名ロゴと、カール・ワルサーが云々かんぬんの英文入り。

正式なメーカーのロゴが入っているだけで、ぐっと高級感が増すのは気のせいだろうか?

 

ボディ左側には、このような刻印が。

写真右の英文は、正式にワルサー社とライセンス契約を結んでいますよとのこと。

左のアルファベットと数字は、製造番号なのかな?

刻印のカッコよさは申し分ないのだが、全体的に彫りが薄い気がする。

個人的にはもっと深く掘ってくれたほうがイイかな~。

 

ハンマー周辺

次はスライド後方部のハンマー周りを見ていくぞ。

丸いリング状のハンマーが、ここに露出している。

そのすぐそばには、この銃の安全装置のレバーがあるよ。

つか若干グリスが拭きとり切れてないかも。

 

レバーを下に下げると、トリガーにロックがかかり発射が出来なくなる。

片手で構えたままでも、十分親指のみで操作できる位置にあるので触りやすいよ。

 

ハンマーの後ろに回り込んで、リアサイトから覗くとこう見える。

特段ホワイトドット等は入っていないため、狙いやすさは普通。

 

トリガー周辺

次はトリガーだ。

トリガー自体は、シンプルなツメ状のタイプ。

可動範囲はまずまず広め。

トリガーガードは、楕円形の曲線を帯びたものになるよ。

 

ほんで、マグキャッチボタンが右上の丸い黒いパーツね。

ここを押すと、マガジンが外れるのだが…。

位置があまりにも上なので、親指からアクセスがまともにできない。

トリガーガード下段部分の真横でよかったんじゃないのか?

なぜワルサー社はこの位置にしたのか疑問が残る。

 

銃本体の裏側

さてさて、仕上げの丁寧さに関わる銃の裏側を見る。

さすが、パーティングラインが全く見当たらない!

安定のマルゼン製である。

きちんと製品作成の時点で手入れが行き届いている証拠だ。

 

グリップ

持ち手となるグリップ部分。

ぶつぶつした、シンプルなチェッカリングが全面に施されている。

樹脂製で、両側面上部にやはりワルサー社の社名ロゴ入り。

シンプルながらに、ワルサー社の猛々しい雰囲気を感じるな…。

 

マガジンも本体に合わせて小さい

最後はマガジンだ。

マガジンの厚さは確保されているが、コンパクトな銃なので全長は短い。

ただ見た目もよりもずっとずっしりと重量感があり。

やはりここにもワルサー社のロゴがあるので、リアルさはUP!

 

総合評価

各項目100点満点換算。

その合計値を平均したものが、本モデルの最終評価点となります。

やっぱり俺はどうも観賞する目線で評価してしまう。

 

仕上げの美しさ

68点

やはり仕上げの丁寧さは、力を入れているだけあって順当なモノ。

刻印の文字もかっこいいし、パーティングラインは全然ない。

この辺は手慣れているマルゼンさんならではというところ。

 

ただちょっと不満なところを言えば、刻印が思いのほか薄いように見えたこと。

個人の好みなんだろうけど、他の銃に比べてだいぶ薄い気がしたんだよね。

油断してたら、いつの間にか刻印が消えていそうなくらいうっすい。

 

持ちやすさ

60点

まず銃本体が軽いので、持っていて疲れにくいのは高ポイントだ。

しかしだからと言って、チープな軽さではないので満足感も確かにある。

ただ、構えたときに気になった点が2つほど。

まず小型ゆえ、日本人でもグリップを握ると小指が余るかも。

まぁ隠し持つのがコンセプトの銃だから、その辺は大きな問題にはならないと思うけど。

 

更に気になったのが、マグキャッチボタンの位置だね。

実銃がそうなっているから仕方ないけど、あの位置だと構えたままボタンが押せない。

大分上の位置にあるので、指が届かないんだよね…。

ここは明確に不満だ。

クタちゃん
手が届かんクテャ…。必要な部分が指から遠いクテャ…。

 

ブローバックの強さ

58点

ブローバックのパワーに関しては、水準こそ十分に満たしている。

ただしボディのサイズ通り、大きな迫力があるわけではないのでそこは注意してほしい。

 

だからパワーを求める人には、そこまでお勧めは出来ないけど…。

その代わりと言っては何だが、スライドスピードはパワー型よりも圧倒的に早い。

パシッパシッと鋭く少々軽めな反動は、連射すると中々面白いとは思うよ。

 

お値段

74点

大よそ、8,500~10,000円届かないくらいの値段設定。

気軽に買えるガスブローバックとしては、ポイントをついた値段と言える。

ガスブロでぎりぎり10,000円行かない国内産のハンドガン。

という感じで探すと、思いのほかラインナップが無い。

ただし、ノーマルなブラックに限った話だから注意してね。

それ以外のカラーだと、10,000円は超えるのでご注意を。

 

最終評価

70点

マルゼン社のガスブロ製品の中では、比較的安価のお求めやすいモデル。

気軽な値段の割には、しっかりと丁寧なモノづくりをされている感じはばっちり伝わるよ。

細かい不満点が無いわけではなかったが、どっちかっていうと実銃の時点でのポイントが多かった。

 

落ち着きのあるブラックが欲しいなら、ノーマルブラック。

もう一方のブラックメタルは、更に高級感を求めたい人向け。

つやつやと光を反射する黒なので、あれはあれで良さそうだなぁ…。

 

今回はここまで。

イギリスのスパイになりきりたいなら、やはりこのモデルは外せない。

ボンドになり切るなら、是非触って見てほしい。

 

あんな泥水をすするから大英帝国が衰退したんだ!