管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

KJ WORKSのガスガン Mk-1 22のレビュー あっさりした完成度?

「MGS4に出てくる麻酔銃と言えば?」

同作をプレイしたことがある人なら、ノーキルクリアでお世話になったはず。

むろん俺もプレイ中はこの銃が手放せなかった。

 

細かく言うと、ゲーム中のモデルより1世代前のモノなんだけど。

かなり形が似ており、最初見た時はまさにMGS4を思い出す。

今回はKJ WORKS製作の“Mk-1 22 Target Pistol”のレビューだ。

これはそのままよりも自分好みに染め上げたほうが愛着湧くかも。

 

Mk-1 米国における銃初心者のための銃

1949年にアメリカで生まれたスターム・ルガー社という銃器メーカー。

この会社が初めて世に送り出しのがこのモデル。

スタームルガー Mk-1だ。

元々売り出された値段も安く、動作も快調なので結構普及したそうな。

古いモデルでありながら、今でも米国では根強い人気を誇る銃だ。

 

アメリカは銃社会だが、全ての人が銃の扱いに慣れているわけではない模様。

あっちで初めて実銃を触る初心者に、大体使われるのがこれらしい。

作りがシンプルで頑丈なうえに、動作不良も起こりにくく撃った時の反動も少ない。

更に低価格でお求め安く、初心者にとっては非常にハードルの低い。

まさにかなり心強い味方である。

 

実銃の話はこれくらいにしておいて。

エアガン化しているのが、現在確認できているところで国内はマルシン工業のみ。

海外なら台湾のKJ WORKSというメーカーだ。

マルシン製に比べてKJ製のほうが圧倒的に値段が安い。

割と手を伸ばしやすい値段帯なので、今回はKJ製のルガーMk-1をレビューするぞ。

オールドスネークに思い入れがあれば触ってみてくれ。

 

写真が凝ったパッケージ

まずはいつもの通り、パッケージから。

外周部は黒、中央に銃本体と実弾やら革のケースが映る。

実弾・革・ライターの色合いがイイ感じに渋いね…。

弾がまさに実銃の雰囲気を醸し出すカッコイイパッケージ。

 

箱を空けるとこんなふうに納められている。

銃本体はビニールで覆われており、その周りを白い発泡スチロール縁取り。

 

これまたすべてが真っ黒で非常にシンプルな外装

取り出して全体像を見てみよう。

バレルを見るとよくわかるけど、一般的な角ばったボディではなく丸みを帯びている。

何というか、バレル部だけ見ればリボルバータイプの銃に似ていなくもない?

しかし機構的には、オートマチック式のハンドガンなんだよね。

そして色合いだがほぼすべての外観パーツは真っ黒になっている。

MGS4だともっと灰色っぽいんだけどね。

 

刻印は全く無し シールのみ

さて、銃に彫られた刻印類を見ていくか。

…と言っても。この銃は刻印が一切彫られていないんだよね。

コスト削減のためか、ライセンスの問題なのかよくわからんけど全く無い。

写真にある「MADE IN TAIWAN」と書かれたシールだけ貼ってある。

必要なければ剥がしてもらって大丈夫。

クタちゃん
メーカーロゴすら彫られていない…。ある意味珍しいクテャ。

 

ハンマーは全く露出しないタイプ

次はハンマー部分周辺を見ていく。

と言ってもこの銃、ハンマーが露出していないタイプだから何もない。

これにより、ハンマーを操作しての誤動作を防ぐことが出来る。

そして写真中央部にあるボタンが安全装置だ。

この状態だと、トリガーのロックは解除されているので発射が可能。

 

このように位置を下げると、トリガーにロックがかかって発射できないようになる。

ロック状態でもトリガーは引けるが、やりすぎると壊れるのでやらないように。

 

リアサイトから見ると、こんな感じの狙いに。

特にホワイトドット等は入っていないので、特段狙いやすいサイトではないね。

一応高さの微調整は可能っぽい。

 

トリガーはちょっと重め それより狭い

次はトリガーを。

トリガーはオーソドックスな曲線を描いたツメ。

トリガーガードは均等に丸みを帯びた、シンプルなものだね。

ただ見て感じると思うけど、指を入れるスキマが他の銃に比べてかなり小さい。

素手で握った時に、指をトリガーに引っかけても結構窮屈な思いをする。

手袋をはめていると、指の太い人では入らない可能性が出てくる。

ラガン
俺みたいに手がデカいとすごく手を入れづらそうだ…。あれ?、そしたらクロミちゃんも同じじゃね?
クロミちゃん
アンタ、それどういう意味よ!

 

グリップは単純なチェッカリングでプラスチック製

さあ、グリップ周りだ。

均等にぶつぶつしたチェッカリングが入っており、滑り止めの役割を果たす。

つってもプラスチックだから、結構ツルツルしているんだけどね。

右側面にのみ、KJ WORKSのロゴが入っているよ。

グリップ自体は細めなので中々握りやすい。

日本人の手の大きさにも、しっかりなじんでくれていい感じ。

 

グリップ外側は分解用レバー

グリップの外側(親指の関節あたりの部分)に、ちょっとしたパーツがある。

通常分解をするときに、ここのパーツから外すとできるんだよ。

最初に見たときは、ピストル用のストックを取り付ける部分だと思ってた…。

 

真ん中下段のツメを手前に引く。

 

そのままゆっくり引っ張ると、接続されたパーツがくっついてこんな感じになるよ。

後は下にずらして、ハンマーの前にある銀のパーツを引っこ抜けば分解の下準備が完了。

 

戻すときは逆の手順をすればおk。

ただし、一番最後のツメを収めるときには注意が必要だ。

先にツメを折り畳んでから、グリップのほうへ収納しないと全く収まりきらない。

これわかんなくて、必死に押し込んで10分くらい格闘したけど全然もとに戻らなくてさ…。

ムリに戻そうとしたら勢いで手の肉を挟み、軽く内出血を起こしました。

痛い。

気を付けてね。

ダッフィー
あの時、必死に力を込めてダメージを受けていたのはコレのせいだったのか…。
ジェラトーニ
わーいわーい!、ざまぁみろ~!

 

マガジンは旧式の銃によくあるやり方

この銃は、製造が古いモデルのために現在主流のマグキャッチボタンが無い。

そのため、グリップの下側のツメを動かしてマガジンを取り出すよ。

やり方は、ワルサーP38と全く同じ。

ボタン一発でマガジンが外れないので、慣れないとやりづらい。

 

マガジンも刻印は一切なし

最後にマガジンを。

シングルカラムの真っ黒マガジン。

シングルなので冷えに弱いが、固定スライドガスガンなので些細な問題。

若干写真のピントがずれていて申し訳ない。

 

総合評価

各項目100点満点で算出。

それの平均値を、この銃の最終的な評価とするよ。

コレクター観点から見るけど、果たしてどうだろうか?

 

色は普通 それよりプラスチック感が非常に強い見た目

45点

外観の質感は、非常にプラスチック感まんさい。

黒い色自体は渋い印象でかっこいい。

が、本体がフルプラスチックで出来ているので非常にチープな印象を受ける。

だからそのままだと、あまり観賞用には耐えないかも。

しかし、この銃はやはり自分好みに染め上げること前提なような気がする。

シンプルにカスタム用土台として考えたほうがイイかも。

 

軽量でバランスよく細いグリップで持ちやすめ

67点

グリップの細さや長さは、中々手ごろなところを突いてくれる。

プラスチックなので、しっかり手に吸い付く感じではないものの握りやすい。

そのうえ銃本体もかなり軽いため。長時間構えても疲れにくいとは思うなぁ。

 

トリガーは若干重い それより指をかけづらい

52点

固定スライドガスガンゆえに、トリガーの硬さが気になるところ。

コンストリクターほどではないものの、結構硬めで連射するのは厳しいかな。

ググッと指に強めな力を込めないと、トリガーが後退してくれる感じがしない。

加えてトリガーガードの狭さがマイナスポイント。

とにもかくにも、ガード内がかなり狭いので指自体が入れづらい。

実銃もそうだからしょうがないけど、もう少しゆとりを持たしてほしかった。

 

お値段自体は結構安い部類

74点

今までちょっとマイナスポイントが目立ったが、お値段が安価なのは魅力だ。

概ね実売価格だと、6,000~7,000円くらいで購入できちゃう。

ここに関していえば、ユーザビリティに優れていると言ってもいいかな。

ただし外観が少々安っぽく、見た目を何とかしようとすると…。

余計な費用がかかるかもしれん。

それを加味すると、国内の固定スライドガスガンと大差ない値段になってしまう。

 

最終評価

59点

値段以外があまりいい評価ではなかったからか、思いのほか点数が伸び悩んだ。

いや、自分でつけといてそりゃ世話無いんだけどさ。

いろいろ考えたが、この銃はカスタム前提のモデルだと思う。

土台として見るからこそ、お値段も安めでいじくるのに躊躇しづらくなりそう。

モンハンで例えるならば、凄くさびた~or凄く風化した~の武器みたいな?

磨き上げて強力な武器ってイメージですかね。

 

今回はここまで。

ダイアモンドの原石よろしく、そのままではちょっと頂けない。

持ち主が丹念に加工を施してこそ、色々と光り輝くタイプの銃と言えよう。

 

オールド・スネークの麻酔弾仕様ってないの?