管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

オタクが気持ち悪いと思われる理由 同じ趣味を持つ者だからわかること

 

「オタクって世間から認知されてきたけど、やっぱり気持ち悪い人が多い」

あなたが世の中のオタクを見た時、こんなことを感じたりしないだろうか?

 

大分市民権を得てきたオタクという人種だが、まだまだ厄介者扱いされることが多い。

俺も同じオタクだからこそ思うけど、確かに色々思わされることっていっぱいあるのよね。

今回「オタクがキモイと思われる理由」を解説していく。

普通にしてりゃいいんだけど、突拍子もないことをよくするからなぁ…。

 

 

オタクはツッコミどころが多くて気持ち悪い?

 

世の中には色んなオタクの形がある。

鉄道・アイドル・アニメ・写真・釣りetc…。

一つの物事に対して傾倒していれば、その人は立派なその道のオタクだ。

オタクと縁遠いファッションだって、突き詰めれば十分オタクの気質はあるよね。

その人が死ぬほど熱中するということは、惹きつける魅力がたっぷり備わっているのだろう。

 

まぁ世間一般でいうオタクって、所謂秋葉原に出没していそうな人種のことだ。

具体的に言うと、サブカルチャー(二次元)に詳しい人種が該当するだろう。

昔からあそこが好きな人はオタク扱いされているし、今でも間違ってはいない。

つっても秋葉原は、今や色んな人たちが集まる場所だから一概にはオタクのモノとは言えない。

だからそこにいる=オタクという図式はもはや当てはまらないかな。

ただいまだに二次元関連のショップとか多いから、やっぱりオタクの強い味方ではあるんだけど。

 

さてそんなオタクだが、あなたはどんなイメージを抱くだろうか?

あなた本人がオタクだったりするといろいろ変わるかもしれないが、ぶっちゃけどう思う?

俺は残念ながら、気持ち悪いと思われても仕方ない人の割合が多いと感じる。

自分が図星な部分もあるし、さすがにこれはしねえよと思うところもある。

やっぱり気持ち悪いには気持ち悪いと感じられる理由って、絶対に存在するんだよね。

大体普通に考えてまずいことを平気でやっちゃう、そんなところが多すぎるのが致命的。

 

 

 

常識…というか一般的な感覚からずれている

 

常識っていうのは人の数だけ存在する。

ある人にとっては普通だが、ある人にとっては非常識のように一概に言えない。

それでも社会における暗黙のルールというか、そういうのって存在するよね?

残念なことに気持ち悪がられるオタクたちは、感覚がずれていることが多い。

これらが積もり積もって、周りや世間から得体の知れないものとして気持ち悪がられるのだ。

 

常識って正直難しいよね。

自分にとってのあたり前って、他の人には通用しないことが多々ある。

だから人の数だけ常識が存在しているので、全部それにこたえられる人はいない。

しかしそれでも、一般的に考えられる社会常識は自然と守る人が多いだろ?

オタクはなぜにかその辺が欠如していることが多い。

ここをみたその他の人がこう思うワケ。

「なんなのコイツ…。」

 

例えばこんなこと。

人を遠慮なくじろじろ見たりとか。

周りの状況を把握せずに一方的に暴走したりとか。

公共の場で言うべきでないことを平気でいうとか。

(全部後述します。)

 

悲しいかな、オタクはこのあたり悪い意味で他の人と感覚がずれていることが多い。

よって気持ち悪がられたり、迷惑がられたりするワケ。

うーん、俺も該当する箇所があるから気を付けないといかんな。

クロミちゃん
あんた、キモイわね。

 

 

 

まずいところを洗い出そう

 

別にね、オタクだって普通に生活をしている人は多いよ。

ちゃんと働いてたりまじめに勉強してたり、他の人と似た感覚を持ち合わせている。

しかし一部のオタクたちの暴走っぷりが、世間へのイメージを悪くしがちなわけだ。

まぁオタクに限らず、こういうのって大体一握りの人間が大々的に取り上げられることが多いが。

 

同じオタクとして、やっぱりまずいなと思うところは是正していきたい。

この趣味を長く続けていきたいからこそ、肩身の狭い状態をなるべく避けていく必要があるかな。

じゃないと産業がそのまま衰退してしまう…。

それは何としても歯止めをかけたい。

 

 

ちゃんと列に並んでおとなしくしてましょう

 

日本人は順番を何だかんだ守る国民性がある。

たまに守らない人もいるけど、世界で見るとしっかり列を作って待つのは珍しい話をよく聞く。

もちろんそれは俺らにとっても普通のこととして認知されているよね。

 

ただね、先日俺こんなことがあったんだよ。

いつもの如く、痛部屋グッズを買い漁るために秋葉原に行ったときのこと。

お目当ての商品を見つけて、レジ前の表示に従って並んでたのね。

因みにそのお店はレジの横に並ぶのではなく、通路を挟んだ正面に並ぶようになってた。

順番が来たのでお会計を済ませていたのだが…。

そしたら店内にいた別の客(多分俺より年下の男)が、会計中の俺の横に陣取ってきたの。

 

気にしないそぶりをしていたが、どうもその男は俺が買った商品あるいは俺自身をじろじろ見ている模様。

まず会計待ちの列の場所的に、俺の真横にいることはあり得ない。

レジ横の商品を見ているでもなく、明らかに俺の視界からでもこっちを見てるのが分かったんだよね。

もちろん話しかけてこないが、終始無言でじろじろじーっと見続ける。

順番を横取りされた…というわけではないが、俺結構不快だったんだよね。

 

結局彼は何をしたかったのか全然わからなかったが、知らない他人からじろじろ見られることなんて普通は無い。

同性から見ても結構気持ち悪く、異性同士だったら食って掛かられてもおかしくないかも。

そもそも人のことをじろじろ見るのはぶしつけな行為として認識されているはず。

そんなことを平気でやるとか、ちょっとどうしたの?って勘ぐってしまうよ。

これはふざけが効く間柄のみでやるべきだ。

ちょっと考えて他人に失礼だと思われる行為は人前でしないことだ。

ヴィーゼ
さいこぱす?

 

 

自分だけがーっと話して楽しむのはコミュニケーションじゃない

 

これもオタクにありがちな行為。

俺も気をゆするとやりがちで、幾度となくアカンやろと思ったことがある。

 

オタクの特徴として、ハマったものへの熱意の入れ方が半端じゃない。

これ自体はプラスに働くことも多く、興味からか勝手に知識が溜まっていきやすい。

その知識が活きるとき、かなり他人から重宝される可能性も十分にある。

 

ただし時と場合によっては弊害を生む。

好きなことへの知識が強いということは、自信の表れでもあり暴走の原因にもなる。

人間って自慢したいという承認欲求が誰にでもあるよね。

認められると気持ちいいから、あれこれ他の人に対して頑張るわけよ。

気持ちは分かる。

ただやりすぎると一方的に押し付けがましい暴走行為につながることが多々あるのだ。

オタクに当てはめると、自分の好きなことだけを一方的に延々としゃべるような感じかな。

相手の話を無視してひたすら自分しかわからない話を続ける。

もちろん相手はよくわからないし、話を返そうにもほぼできない。

 

果たしてこれはコミュニケーションといえるのか?

会話はキャッチボールで例えられるが、オタク側が剛速球を投げまくってるだけだ。

当然相手はなすすべもなく、興味がわかないと全く面白くないだろう。

絶対苦笑いとか困った顔をしている…。

クタちゃん
イヤイヤ、Omochi君はやるがわクテャな。
ダッフィー
アイツは現実世界でよくやるらしいが、俺らだとジェラトーニだろ。オタクじゃないけど暴走するし。

 

ちゃんと相手との会話を成立させるために、話は聞くこともしっかり覚える。

出来るならば自分の興味以外のことも情報を日ごろから仕入れておく努力もしておこう。

例えば気が向いたときで構わないから、ニュースの内容をいくつか把握しておくとか。

相手のことを知るために質問を重ねるとかね。

俺含め、オタクはこういう会話もちょっと出来てない人が多いかも。

気を付けないとな…。

 

 

公共の場での会話・服装は気を付けろ

 

これも度々ちょっとした話題になることがある。

オタクたちによる、公共の場での行動についてだ。

 

会話は俺も過去散々やらかしたことがある。

好きなモノの話をお互い無遠慮に話しまくるんだよね。

特に「○○は可愛すぎてどうのこうのしたい」とか、「エロゲーはどうたらこうたら」だの…。

周りの目を気にせずにそういった類の話をしたがるのは、結構まずいことなのだ。

下ネタに絡むとよりアカン。

高校生のころ、俺も学校帰りの電車内で友達によくそういう話をしてしまっていた。

全く関係ない他人から聞かされると、そりゃあ気分を害するのは当然だ。

 

服装については、例えばコミケ帰りのオタクたちを思い浮かべるとわかりやすい。

美少女がでかでかと書かれたTシャツや、エッチな紙袋をぶら下げているあの感じ。

別にね、その恰好をするなといいたいわけではない。

場所を考えてさえくれれば何も問題はない。

 

ただ何度かネットニュースに取り上げられたのを見たけど…。

やっぱり会場を出た外の空間でも、ああいう毒…というか理解されにくい服装をしっぱなしなのがマズイ。

常識というより、他の人が見たら理解を示しにくい装いの集団にしかならないんだよ。

本人たちが悪びれも無く、下手すりゃ気づいてないのがマジで問題だ。

こういうところでオタクのイメージが悪化するから、TPOは最低限わきまえるべき。

どうしてもやりたいなら同じオタクが集まりやすい場所だけにしよう。

なんで自ら他人から叩かれる要素を作りたがる?

末永くこの趣味を楽しみたいなら、周りへの配慮は不可欠です。

 

 

オタクはオタクでも気持ち悪がられにくいオタクになりたい

 

もちろん上記したもの以外でもまずい要素はいっぱいある。

心当たりがあるオタクは、今一度自分のふるまいを思い返してみよう。

やっぱり気持ち悪いと思われる理由はいっぱいあるから、直さないと損じゃない?

ジェラトーニ
愛されるオタクにならないとね! 僕は元々愛されているけど(ニヤニヤ)

 

俺だってこのオタク趣味、飽きるまではずっと続けていきたい。

当然楽しんでくれる仲間も増えてほしいし、もっと産業も成長してほしい。

世の中の理解を一定数得るために、そして社会に生きる一人しても。

ぜひともキモイと思われる原因は取り除かなければならないな。

日ごろからもっと気を付けないと!

 

 

今回はここまで。

せっかく認められてきたオタクなんだから、更にメジャーになるようになって欲しい。

そして普通に生活を送るうえでも大事なところだから、感覚は大事にしないとな。

 

オタクはオタクでも、面白くて無害なオタクになりたい。