管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

風呂に入る時にぜひ試したい レモン汁で肌への優しさを得る超簡単な方法

 

「入浴する時になるべく肌に負担がかからない入り方ってあるの?」

お湯は優しく体を包み込むが、肌への刺激は少なからずあるもの。

特に肌が敏感な人にとっては細かいダメージが気になって仕方ない。

 

何を隠そう、俺もあまり肌が頑強なほうではないのだ。

昔からあせもや湿疹に悩まされる時期があり、肌への負担を抑えたいのね。

日常いつも入るお風呂に関しても軽減できるなら嬉しいじゃない?

そんなあなたのために、風呂のお湯から肌への刺激を和らげる方法をお教えするよ。

どんな人でもいつでも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてくれ!

 

 

 

レモン汁で風呂内のお湯を中和すればいい

 

お風呂は日本人だと大体ほぼ毎日ばいるよね。

あったかいお湯を浴槽へ溜めて、体を沈めるとじんわりあったかい。

昔から日本になじんだリラックス方法の一つだ。

お風呂が好きな人は結構多いはず。

…ごくたまにめんどくせえなと思うときもあるが。

 

一般的に家庭でお風呂に入る時、使う水は水道水だよね。

小学校の授業で習ったと思うが、水道水は綺麗にするため色々されている。

生水からゴミを取り除き、塩素で雑菌を死滅させる。

浄水場で行われている綺麗にするための処理をしてから、各家庭へ送られる。

日本の水道水は飲んでも大丈夫なくらい綺麗だから、普段使いには困らない。

しかしどれだけきれいでも、使った塩素は必ず水の中に残っている。

当然お風呂のお湯に使うと残ったままのお湯になるんだよね。

 

ただ濃度は薄いので、普通に入浴する分には悪影響が大きいことは無い。

けど塩素は劇物だから完全に影響が0ではないのね。

少ないけど人間の肌にちょっとずつダメージを与えるものなのだ。

 

これなんだけど、凄く簡単に塩素を中和できる方法があるんだよ。

入浴前の浴槽にスプーン1杯程度のレモン汁を垂らして混ぜるだけ。

それから入るとかなり肌に優しいお風呂に早変わりするのだ。

老若男女問わず地味に効果があるので、気になる方はぜひ実践してね!

 

 

ビタミンCが塩素を相殺する力をもつ

 

身体にとって必要な栄養素の一つとしてビタミン類があるよね。

その中でもビタミンCは特によく耳にすると思う。

すっぱいもの=柑橘類に多く含まれたビタミンだ。

 

こいつが風呂の塩素を中和する力を持っているのよ。

調べてみたんだが、凄くざっくり説明するとこんな感じ。

塩素+ビタミンC=水と塩になる模様。

ただの水と塩は酸性でもアルカリ性でもない中性。

だからお風呂の中に塩素が無くなり、全体が中和されるわけだ。

コール
理科の実験を思い出すね~。

 

人間の肌は弱酸性を保っており、字のごとく酸性寄りだ。

逆にアルカリ性には耐性が無いのでそっちのほうがダメージは多い。

弱アルカリ性のモノを触って指をスリスリすると、ちょっとぬるつきが起きる。

これは肌がアルカリ性によって傷つけられるため起きる現象。

よって人間はアルカリ性に弱い。

 

ただし酸性といっても、濃度が高いものは当然人間に良くないよな?

いくら塩素が薄いからと言ってもあれは劇物の一種。

人間の肌にいい影響があるわけがない。

そこで中性にしてしまえばその影響も無視できるって寸法だ。

大活躍するのはビタミンCの塊を使えばいいのだ。

んで簡単に手に入り、液体状であるレモン汁が手っ取り早いのね。

 

 

アスコルビン酸入りの入浴剤でも代用可

 

レモン汁の代用として、アスコルビン酸が入った入浴剤も使える。

このアスコルビン酸と言うのは、要はビタミンCの代用物みたいな。

殆ど同じ働きで塩素を中和する作用を持つよ。

日ごろから入浴剤が好きな方はコチラでもOK。

 

俺自身は覚えてないんだけど、小さいころに入浴剤で大変な目に遭ったらしい。

親から教えてもらったんだけど湿疹だらけになったそうな。

それ以来入浴剤は一切使わずにお風呂に入ってるよ。

だから自分の肌とちゃんとあうアスコルビン酸入りの入浴剤を使ってくれな!

 

 

 

レモン汁の効果的な使い方

 

効果的な使い方と言っても、入浴前にレモン汁をお風呂に少し入れるだけ。

あとは少し浴槽をかき混ぜればそれだけでOK。

入れた瞬間から効果を発揮し、全体になじませればすぐに中和できるよ。

俺は最初に風呂へレモン汁を投入してから体を洗い、終わったら入浴してる。

もちろん入る直前にやってくれても全く構わない。

ラガン
とりあえず入れて混ぜればいいんだな

 

因みにぜひレモン汁を使うべきなのはこんな人。

・一人暮らしの人
・家族と同居していても一番風呂じゃなきゃ嫌な人

 

沸かした後のお風呂に一番先に入る人が対象だ。

なぜなら最も塩素が残った状態でのお風呂に入ることになるから。

だから気になるのならば必ず入る前にレモン汁をぶち込むのをお勧め。

 

 

上記に該当しないならレモン汁を使う必要はない

 

逆に上の状態で入らない人は中和作業をする必要はないよ。

要は2番風呂以降の人達だね。

なぜかっつーと、まぁちょっとアレな話ではあるんだけど…。

前の人の体の垢がビタミンCの代わりに働いてくれるからだ。

 

いくら清潔にしたとしても、垢は完全に落せるわけではない。

却って落そうと躍起になると肌荒れに原因になるよ。

その人達が浴槽に入れば、多少なりとも体から垢が浮いてくるんだよね。

もちろんよっぽどじゃなければ肉眼では確認できないけど。

垢が風呂のお湯に溶け込むと、ビタミンCと似たような働きをする。

よって何もせずとも塩素が中和されるんだよね!

ダッフィー
嬉しい話なのか微妙なところだがそういう事実だ。

 

だから家族暮らしで2番目以降に入る人は、基本的に中和を気にする必要はない。

あるいはホテルやスポーツジムの大浴場も同じことが言える。

不特定多数の人が大体先に入っているからね。

すると何もせずとも自然に中和されていることが多い。

なので普通に体を洗ってからお風呂に入って大丈夫。

 

 

中和して効果はどれくらいあるの?

 

中和した後のお風呂に入るようになり、どれくらい効果が出るのか。

凄く正直にいうと、実感できるほど肌がきめ細かくなった…。

てのは全然ない。

よくよく自分の肌を観察すると、気持ちガサツキが減ったかな?

と思えなくもないくらいの薄い効果だ。

 

もちろんこれだけでなく、入浴後の保湿等も行うと変わってくるけどね。

肌の下地を多少なりとも整えるという意味合いではまぁアリかな。

とりあえず明らかに異常な肌トラブルの頻度は減ったと思う。

思い込みもあるかもしれないが、やっておいて少なくとも損はないはず。

どうせ何秒もかからない準備だしね~。

やるだけやっておけばいいのよ!

 

 

肌への刺激 レモン汁で簡単に緩和しよう!

 

やることはいたってシンプル。

どこでも売っているレモン汁を使い、沸かした後のお風呂に少し入れるだけ。

ぐるぐるかき混ぜて全体になじませてから入れば、簡単に肌への刺激を緩和。

薬にも特に頼らず、誰でも簡単にできる地味に便利なやり方だ!

地道にお肌へ蓄積するダメージを減らしたい方はどうぞ。

 

男女問わず、肌がきれいな人は見た目もばっちり。

顔だけでなく普段服で見えづらいボディスキンにも細かい配慮を。

見えないところにもなるべくしっかり気を配っておこう!

美しい肌を保ちたい全人類の皆様へね!

 

 

今回はここまで。

お風呂一つにとっても、ただ入るだけでは色々違う。

風呂の温度の効果と合わせて知っておけば、自分の健康につながるよ。

ふとした時に気にしてみてはいかが?

それとレモン汁を開封したら、使用後はちゃんと冷蔵しておいてね。

特に食用で使うものと併用するなら必ず守るべし。

 

しっかり中性にしてからお風呂に入ろう!