管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

歩きスマホが迷惑で大嫌い! あなたが加害者にならないためにできること

 

「街中で歩きながらスマホをいじる奴が多すぎる!」

見かけるたびに一人で憤慨する私でございます。

 

当然こんなこと言っているので、歩きスマホは断固否定派。

見かけるとかなりイラッとするし、もちろん自分自身もやらない。

一人でも歩きスマホをする人が減るように、吾輩の簡単な対策を伝授。

守ればあなたも周りも被害から身を守れるよ。

 

 

 

歩きスマホ 超うっとうしいし大嫌い

 

スマートフォン。

開閉式のガラケーに変わって、携帯電話の立ち位置がトップに。

俺も高校生になってからスマホを手に入れた。

当時はサムスンのGALAXY Sを死ぬほど愛用してたな。

まだスマホが出たての頃だから、あれこれ模索中の世間だったよね。

 

それもこなれてくると、段々スマホに関わる社会問題が。

重課金、SNSで知らない人とのつながり、月額プランの複雑化…。

皆が慣れてくると色々悪用、煩雑な扱いに困ることが増えてくる。

その中でも今回挙げたいのは「ながらスマホによる問題」だ。

車・自転車操作中はもちろん歩行状態でも駄目な行為。

あれって外から見ると本当にその人が嫌いになるよね。

全く知らない人でも見た瞬間怒りが湧き上がる卑劣な行為。

如何にまずいのか、そして自分がやらないための対策を解説するぞ。

あなたが意図しない加害者にならないために、危ない行為はやめよう。

 

 

周りを見ないだけで迷惑どころの話じゃない

 

移動しながらのスマホはれっきとした迷惑行為。

はっきり言って周りが非常に困る行為の一つなのだ。

下手すると気づかぬうちに大惨事を引き起こす原因にもなる。

軽視されがちだけど、地味にかなり恐ろしいものなんだよね…。

 

何がまずいかって言うと、周りが一切見えなくなるんだよね。

物理的に視界が大きく制限されるんだ。

本来見える範囲が、一点に集中してしまいその意味をなさなくなる。

その人が立ち止まっているなら特に害はない。

問題なのは動いている=移動中なのにそんな状態になっていること。

単純に誰かと衝突する危険性を常にはらんでいるのだ。

ダッフィー
まっすぐに突進してくるイノシシの如くな。

 

正直なところ、歩きのスピードだけでもぶつかると大きくよろけるよね。

自分も相手も。

すると地面に転げてしまうのだが、外の地面ってどうなってる?

大半がコンクリートや硬い石材で出来ているよね。

一切クッションが無いため、転ぶと想像以上のダメージが体を襲うのよ。

アニメとか見てるとそういう描写はあまりないためマヒしがちだけど。

現実では転んだだけでかなりの痛手だ。

打ち所が悪いと骨折したり、最悪頭を打ってしまうことも考えられる。

頭を打つと意識を失う、心肺停止になってそのまま死を迎えるなんてことも。

 

そんなの誰も得しないし、自分のせいで相手が亡くなるととんでもない。

悪気がなかったとしてもアウトはアウト。

一生をかけて償うレベルの代償を負う可能性があるんだよ。

 

自転車・自動車を運転しながらのながらスマホは論外。

そもそも道路交通法に違反する行為のため、普通に犯罪だ。

軽く調べただけでも、自転車でながらスマホをした時点で最高5万円の罰金刑。

車の場合だと罰金の増加、免許に対する違反点数の付与などが加算される。

これだけだというほど大したことなくね?と思うかもしれない。

ただながらスマホが原因で事故を起こした場合、えげつないことになる。

一発で免許停止、最悪だと刑事事件に発展なんてこともあるそうな。

自転車以上の車両になると、ここまで事態は重くなるよ。

 

当然これだけ刑罰が重くなっているのは、このスマホが原因で事故が増えたから。

歩きのスピードでもマジで危険なのに、自転車や車になると殺傷力が一気に増す。

めちゃくちゃ危ない行為なので、誰が見ても腹立つし嫌いだと思うのは自然だ。

ヴィーゼ
そのままその人は存在ごと消えてなくなって欲しい、と日々念じているらしい。

 

記憶に新しい 女子大生のながらスマホ殺傷事件

 

まだこの出来事をなんとなくでも覚えている人は多いはず。

2017年12月に、女子大生が70代の女性を轢き殺した事件。

当時女子大生は電チャリに乗って外を移動中だったらしい。

その時片手にドリンク、もう片手にスマホを握るという曲芸みたいな運転。

おまけにイヤホンで音楽を聞きながらだったそう。

更にチャリを漕いでいるにも関わらず、視線はずっとスマホだったと。

これが原因で、歩行していた被害者の女性に全く目が行かず招いた悲劇になった。

 

結果、被害者は加害者と衝突し打ち所が悪くそのまま死亡。

加害者の女子大生は、刑事事件として起訴され有罪判決。

判決は禁固2年の執行猶予4年と言う内容だった。

ただ実際はこれ以上の代償を女子大生は負ったみたいだ。

全国区での実名報道・ネットでの特定により大学の退学を余儀なくされる。

当然彼女の経歴には前科が一生付きまとうだろう。

あの時の彼女の行為は、相手を死なせて自分にとてつもないものを背負わせた。

起きてからじゃ遅いのだ…。

 

この件は自転車と歩行者だったパターン。

しかし歩行者同士でも同じようなことが起きる可能性は十分ある。

危なすぎるぜ!

 

 

街中での歩きスマホ うようよ発生する

 

実際日々街中を歩いてみても、歩きスマホをする輩はかなりいる。

歩行用道路ですれ違う人も、体感4割くらいは歩きスマホしているし。

大体音楽聞きながら視線は手元にあるスマホなんだよね。

全く前を見ようとしないし、当然すれ違っても避けようとしない。

この避けようとしないのが一番腹立つし、すげえ嫌いだ。

当然本人は気付いていないので、こちらがわざわざ大きくよけるしかない。

正直迷惑行為を働くバカのためになんでこっちが動かなきゃいけないのか。

とてつもなくばかばかしいし相手が図々しすぎる。

 

街中はもちろん、人通りが多い駅の中やホームだって平気でやる奴がいる。

朝のラッシュ時は電車内・電車外共に非常に混むわけだ。

電車が来る本数も多いし、ホームも人であふれていて非常に困るんだけど…。

そんな中でも視線はずっとスマホっていうのが平然と発生するのだ。

特にホームの端を歩きスマホする奴は、自殺願望でもあるのかと疑いたい。

足踏み外したら線路に真っ逆さまだぞ?

そんなに電車にミンチにされたいのか、マジで迷惑だからやめてほしい。

ジェラトーニ
死にたいなら前へでろー!!(ニヤニヤ)

 

 

自分が加害者にならないために出来ること

 

この問題を減少・防ぐためにはやはり個々人の意識がどうしてもいる。

もちろん俺も加害者にならないよう、移動しながらのスマホは絶対にしない。

それでもスマホが見たいとき、どうしているか?

 

一つはすごく単純な方法。

外でスマホを開くときは必ず止まった状態を徹底すること。

ただこれだけ。

 

例えば歩きなれない場所に来たとき。

どうしてもスマホの地図を見たくなるよね。

そうなったら必ず道路の脇にある建物等の壁に寄る。

それからスマホを取り出し、必要な情報を集めるのだ。

こうすれば立ち止まる+端にいる状態が作れるよね。

すると他の歩行者に邪魔になりにくいし、衝突も起きにくくなる。

手軽にできるし誰でも簡単にできる対策だ。

 

もう一つは敢えて取り出しにくいところにスマホをしまっておくのも手だ。

普通は出しやすいように、上着やズボンのポケットに入れている人が多いはず。

使いやすくて便利なんだけど、移動しながらのスマホが手軽になってしまう。

それにポケットからするりと落ちやすいから、紛失の可能性も高い。

そこで自分の手持ちのカバンの中にぶち込んでおくと、安全性が一気に増す。

落とす心配はだいぶ減り、取り出す時に必ずカバンを開ける一手間が入る。

すると面倒だから少しはスマホを取り出す気持ちが失せるんだよね。

特にスマホによる情報が緊急で必要ない時、何気なく触るのを防いでくれるよ。

タート
逆に不便を利用するっていうのも、色々使われやすい手法だね。

 

 

迷惑をかけたくないなら移動しながらはいじるな

 

とにかく本当に移動しながらのスマホは見ていて腹が立つ。

もし許されるのならば、その場で粛清したくなるくらい嫌いな行為。

てか移動している時くらい、前を見て進めよと思う。

 

移動しながらスマホをしている人に告ぐ。

人をケガさせるし、あなたも余計なトラブルを生む結果に繋がるよ。

それを承知のうえでもそこまでスマホが見たいのか?

もしそうならかなり重度の病気だと思うぞ。

完全なスマホジャンキーなので、もう外に出ないでほしい。

 

今回はここまで。

いくら周りが知らない人だらけでも、かけてはいけない迷惑行為。

それが移動しながらのスマホいじりだ。

殴られてもその人は正直なところ文句言えないよね。

八つ裂きにされてもおかしくないだろ?

 

だから前を見て歩け!!