管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

最もお気に入りの絵師である珈琲貴族さん 氏の来歴や絵の魅力をまとめるよ

 

めちゃくちゃ綺麗な絵を描くイラストレーターさん。

沢山の素晴らしい方がいるけど、俺は最もこのせんせーのものが大好き。

そう、珈琲貴族氏である。

 

一ファンとしてせんせーの来歴や、イラストの魅力を本記事でまとめる。

体操着のイラストを描かせたらこの人の右に出る人はそうそういないと思う…。

 

 

珈琲貴族氏 十数年選手であるベテラン絵師の来歴とは?

 

氏は日本で活動する美少女イラストレーターの一人。

出身は千葉県の船橋市。

ああ、なるほどふなっしーと同じところ生まれなんだね。

 

どうも17歳くらいの頃から絵に興味があって、趣味でやっていたらしい。

がっつり絵の勉強をし始めたのが20歳になる手前。

仕事をしながら練習し、今のイラストの原型を作る腕を鍛えていたんだね。

同時期にまだ商業デビューしてなかった他の絵師さんとも交流があった模様。

やっぱり絵師さんの卵同士、同じ仲間として切磋琢磨していたんだろうか?

そういうライバルがいるって自分が頑張る興奮剤になってくれるよな。

 

せんせーが商業デビューしたのは2007年。

Noesisというエロゲーブランドが発売した、「放課後のセンパイ」というタイトルで。

今は黒髪の女の子を描くことが多いけど、この頃は茶髪の女の子も多かったね。

翌年2008年にブログを開設し、コミケにもサークルとして初参加。

ここから本格的に絵師として活動をはじめ、様々なところで名を連ねるようになったと。

2013年に個人画集の第一弾が出て、もちろん俺も購入したよ。

更に3年後に個人画集の第二弾が発売しどんどん知名度を上げていく。

そしてその4年後に第三弾目が出て、かなり勢いに乗っているせんせーだ。

 

恐らく美少女イラストレーターの中でも、結構認知度が高めの方だと思う。

一部のラノベの挿絵を担当しているし、Twitterフォロワー数もかなりのもの。

2019年2月現在で、なんと14万人というすさまじい数だ。

うーむ、うらやましいが本当にすごい人しかたどり着けない境地だな。

ダッフィー
グッズイベントとかになると、ちょっと個人コーナーが設けられていたりとかあるぞ。

 

 

せんせーの欲望を受け止める看板娘たち

 

後述するがこのせんせーのイラストはかなりフェチにあふれており…。

大体以下の看板娘たちが被害?にあっている。

普通の人が思いつかないような構図や衣装を使われることが多く、毎度大変だろうな(笑)

現時点で3人いるよ。

みんな超かわいいな!

 

黒髪ショートのナイスバディ娘 青山 澄香

まず一人目はこの娘。

彼女のプロフィールがあるので、さっくり紹介。

Name:青山 澄香
身長:157cm
バスト:88cm
ウエスト:58cm
ヒップ:84cm
髪型:黒のショートヘア 襟足がちょっとクセあり
運動能力:めちゃくちゃ嫌いだし苦手 陸も海も運動は全てダメらしい
見た目:かわいらしいイマドキJK

(珈琲貴族 デビュー10周年記念本 10th BLENDより一部抜粋)

 

少し中性的な雰囲気を出した小悪魔系JKがモチーフらしい。

なんでもせんせーが初めて好きになった女の子が、イメージとして彼女に投影されているとか。

めっちゃ女の子っぽいから中性的か?と言われると若干微妙な気がする。

まぁ気にせずすっげえかわいいけどな!

 

 

黒髪ロングでちょっと大人っぽい 白峰 莉花

二人目はこの娘。

こちらも簡単なプロフィールを。

Name:白峰 莉香
身長:160cm
バスト:83cm
ウエスト:59cm
ヒップ:88cm
髪型:黒髪のロングヘア 割とストレート
運動能力:からっきしで全然ダメ
見た目:JKというよりOLっぽい大人びた印象

(珈琲貴族 デビュー10周年記念本 10th BLENDより一部抜粋)

 

先の青山さんに比べ、シュッとした印象の彼女。

無邪気な笑顔を浮かべるより、慈愛に満ちた表情やクールな表情をよく見かける。

多分制服を身にまとっていなかったら、あんまり女子高生に見えないんだよなぁ~。

そんな感じのイラストが多いもん。

 

因みに青山さんとは同級生。

という感覚でせんせーは彼女らを描いている模様。

 

 

ハーフのニューフェイス メレ・レタナグア

(画像は後日追加します)

2019年より新たに3人目が登場。

C95で作られた薄い本の巻末に突如現れ、C96の薄い本で活動?開始。

彼女の簡単なプロフィール。

Name:メレ・レタナグア
身長:153cm
バスト:87cm
ウエスト:55cm
ヒップ:85cm
運動能力:得意か苦手か不明
見た目:セミロングの金髪 つかみどころがない雰囲気を出す

(2019年夏発刊 Paradise Blendより一部抜粋)

 

どこかの外国と日本のハーフ。

生まれは日本なので、外国語は特に離せない。

そういうタイプの女の子、俺も中学生の時にクラスメイトでいたなぁ…。

 

外国人の血が流れているから一番長身かと思いきや、まさかの低身長。

といっても女性だと普通くらいの身長かな。

まだ出てそんなに時間が経っていないので、上の2人と同級生なのかは不明。

恐らくおんなじ年頃のイメージで描かれているとはおもうけどね。

 

 

この他にもオリジナル書下ろしでのキャラや、ゲームで使われたキャラが多数。

ただ最近の傾向だと、薄い本も画集もほぼ看板娘だけで占められているかな。

痛部屋用グッズも上2人が多いし、ちょこちょこメレさんのが追加されていくだろう。

 

 

斜め上を行くいい意味での変態っぷりが素晴らしすぎる

 

ここで珈琲貴族せんせーのイラストについて、どれだけ素晴らしいかを語るよ。

絵の傾向はかなりの割合で女子高生くらいの女の子を使うことが多い。

最初の頃こそ髪の色が茶色だったり、版権キャラを使っていたのだが…。

看板娘が爆誕したあたりから今のイラストのスタイルが確立されたね。

 

JK+黒髪という、清楚さを思い切り前面に出した女の子がウリ。

メレさんが出てきたことにより、一部例外が生まれ始めているけど。

だから女子高生の制服のイメージが強い、セーラー服はもちろん標準だったり…。

ブレザーやスカート、Yシャツなど割と現実でも見かけることが多い構成だ。

もちろんこれもこれで、健全ではありつつも悩ましいふとももやボディラインを堪能できる。

 

しかしせんせーの真骨頂といえば、やはり体操着+ブルマというパターンが絶対に欠かせない。

そうそう、今の教育現場ではまず間違いなく見ることは無いあの伝説の体操用衣服。

昔は女性から支持されていたのに、時代の流れに翻弄してリアルから絶滅してしまったブルマ。

せんせー本人も、子供の頃はリアルにブルマが導入されていた時代を生きている。

俺は実際に見たことが無く、すでに男女ともにハーフパンツ世代だけどメッチャクチャ大好き。

このブルマを使ったイラストがせんせーを代表すると言ってもいいくらい。

さっき紹介した看板娘たちは、せんせーの趣味?によりよくブルマを着用している。

おかげで彼女らがもつすさまじいお尻やふとももが毎回大変なことに。

オーソドックスな紺色に限らず、第二のスタンダードであるえんじ色はもちろん。

パステルカラー系の淡い色をした青や、真っ白ブルマを装備させてることも多分にあるんだ。

そしてそれに付け加えるは、黒や白のニーソックスだったり敢えて素足だったり。

はたまたローション(意味深)をぶっかけたり、もはややりたい放題。

その度に彼女たちはせんせーの無茶な要求に応えているのだ…。

これらを見たファンは毎回悶絶しているんだけどね(笑)

多分ここまでブルマを推している絵師さんは他にいないんじゃないだろうか…。

ラガン
これが昭和からタイムスリップしたこの人の嗜好なのかもしれないな。

 

加えてここ最近さらにすさまじいのが、お尻の強調されたイラストが増えてきたこと。

ブルマのもっちりさや、ぱんつから見えるボディラインが浮き彫りになったものがあるが…。

何よりもここのところやたらとTバックを履いたお尻が拝めるようになった。

個人的にTバックのお尻もものすごく好物で大変ありがたい。

ブルマやぱんつがお尻の谷間に深く食い込むのはもはや当然。

ここにバリエーションの一つとして、体操着+レオタードなるトンデモ衣装を使うように。

気になる方はぜひともせんせーの薄い本「WHITE EXTRA BLEND」を読んでほしいのだが…。

 

体操着用の白いシャツがあるだろ?

あれの丈に当たる部分が、新体操のレオタードみたいな胴体と股間部を覆う感じになってるんだよ。

そしてお尻側は何故かはよくわからないが、ばっちり生尻に食い込むTバック仕様になってね。

こんな衣装を自作のイラストに起用しているのは、俺はこの人しか知らないわ…。

かなり衝撃的な衣装に身を包みし看板娘たちを拝めますよ。

タート
あれを見た時、この人は結構本気で変態度が高そうな人だと思ったな…。褒め言葉的な意味でね

 

そして瑞瑞しいボディを余すことなく堪能しやすい、各種水着のイラストも秀逸。

布面積の多いものから少ないものまで、多種多様に使われたものがいっぱい。

ただせんせーの場合、面積の多めなものだとスク水より競泳のほうが。

少なめの奴だと大抵ビキニになることが多い。

こっちはこっちで健全にえっちなイラストが楽しめるよ。

ちょいちょい、女子高生が着るにはあまりにもヤバそうな水着を着ていることもあるけど…。

 

この突き抜けた変態っぷりは本当に称賛に値する。

しかも使う衣装がことごとく俺が好みのモノばかりなので、ツボにハマっちゃうんだよな~。

だから一番好きな絵師さんなんだけど。

 

 

これであなたも珈琲貴族氏が好きになる!

 

かわいらしいJKたちがせんせーの手によって、あんな姿にチェンジしてしまう…。

それがとんでもないぶっ飛んだコンセプトのイラストも多く、フェチ度がかなり高い。

他の絵師さんではあまり見かけないような衣装も、現実でよく見る服も含めて…。

めちゃくちゃ色んな意味でレベルが高いイラストレーターさんだ。

 

せんせーのグッズ、至る所で販売されているのでぜひお手に取って見てほしい。

イラストの雰囲気を手軽に沢山感じたいなら、画集を読めば一目瞭然。

一人でもせんせーのファンが増えてくれると嬉しいな!

 

今回はここまで。

まさにブルマの魅力に憑りつかれたらこの人は絶対に外せない。

超絶な技量を持った変態的絵師さんのせんせーにどっぷりハマるがイイ!

 

またこのグッズもとんでもない尻を描くなぁ♡