管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

秋葉原で痛部屋グッズを探すあなたに教えたい 普段よく使うお店を紹介する

「アキバといったら萌えグッズ、どこかお勧めの場所無い?」

あの地はモノが大量にあふれているが、ごちゃっとしててわかりづらいとこも。

 

グッズと言ってもどこに重点を置くかで使う店が変わってくる。

俺も痛部屋を作り始めてまだ間もないが、お世話になっているお店を紹介するよ。

もし部屋を彩るものをお求めならここらのお店から探してみては?

 

秋葉原はオタクグッズ探しにうってつけの街

秋葉原といえば有象無象のオタクたちが入り乱れる場所。

右を向けば機械が広がり、左を向けば二次元美少女がそこら中に。

と言っても街中の人は、典型的なオタクよりも普通の人のほうが多い。

俺もよくイメージされやすいコッテコテのオタクは、あんまり見たことないなぁ..。

 

ただやっぱ二次元の聖地であるが故、萌えは絶対に外せない。

アニメはもちろんそれ以外の萌え要素が大量に混在しているため…。

サブカル趣味を持つ人は居るだけでワクワクする不思議空間であるよ!

 

そして俺は痛部屋を強化すべく、当ブログ開設の一年前ごろから頻繁に利用。

自分で部屋を作るのも好きだし、他の人の痛部屋を見るのも大好き。

痛部屋仲間が増えてほしいので、自分が痛部屋用グッズを調達する店を紹介。

痛部屋に興味があるけど実店舗で買いたいあなたには、きっと参考になるよ。

 

アキバに行ったらほぼ確実に寄るお店

基本的にタペストリーが部屋飾りに使いやすく、アキバに行ったら新作を見に行く。

そもそもが壁掛け用のグッズなので非常に扱いがしやすい。

加えて商品のコンセプト上、どんなイラストやサイズにも対応できる万能物。

部屋作りに困ったらタペストリーから揃えると楽ちん。

 

タペストリーはもちろん、他のグッズを探すときに使うお店が2つ。

ここ以外のお店もあるけど、とりあえずこの2つを押さえておけば十分かな。

簡単にサラッと紹介するね。

アナゴン
アキバに一回も行ったことない人は特に参考になるかも?

 

18禁イラストグッズが多い”うりぼうざっか店”

秋葉原駅の電気街口から出て、一番大きな通りを目指そう。

信号を渡りそのまま大通りを右方向にまっすぐ進む。

途中でベルサール秋葉原がある大きな十字の交差点を見つけられる。

更にそのまま進み、100mほど行くと左側のビルにこの看板が現れる。

 

看板に“うりぼう雑貨店”と書いてあるのが分かるだろう。

更にその下のピンクの文字を見れば「MELONBOOKS~」の文字。

大手同人委託ショップのメロンブックスのプライベートブランドなのだ。

もちろんメロンブックス本体のお店も秋葉原にあります。

 

地下1Fがお店だが、中はさほど広くない。

しかし所狭しと並べれたタペストリーや萌えグッズに圧巻されること間違いない。

美少女を描くイラストレーターさん謹製の18禁要素が強いものが多め。

非常に嫌らしいものばかりなので目のやり場に困る。

それより数が少ないけど、全年齢向けの萌えタペストリーもあるよ。

どっちかというと一人暮らし向けの製品傾向かな。

ヴィーゼ
実家暮らしではかなり飾るのに難易度が高いかもね…。

 

追記:2019年12月7日より場所が移転された

本記事投稿時点だとベルサール秋葉原の先にあったんだけど…。

しばらく経った後の2019年12月7日から、新しい場所でリニューアルオープン。

場所はより秋葉原駅近くになったよ。

更に元々あったメロンブックスのお近くに引っ越した模様。

 

秋葉原駅電気街口から大通りに出て信号を渡るまでは同じ。

そこから右ではなく左に方向を変えよう。

そしてゲームセンターのSEGAがある小さい通りに入る。

これに加えてすぐに左へ曲がればお店に到達する。

行く場合は注意してね!

(本店移転についてのページ)

 

最も俺が信頼を寄せるお店の”軸中心派”秋葉原本店

2つ目は移転前のうりぼうざっか店からさらにもう少し進んだ先にある。

 

手前のサイゼリヤとエクセルシオールカフェの存在感が強いが…。

写真中央下に光っている赤色の看板が見えるよね。

俺が最も痛部屋グッズを調達するときに使っている”軸中心派”だよ。

このサイゼリヤが入るビルの4Fに秋葉原本店が入る。

小さい看板の下には分店があるよ。

(2020年現在、分店は全く別のお店に変わりました)

 

うりぼうより売り場が広く、店の奥にはちょっとしたイベントブースも。

ちょこちょこイラストの展示会やサイン会を催しているぞ。

こっちは殆ど全年齢向けの痛部屋グッズが置いてある。

 

18禁モノは抱き枕カバーと同人誌が多いかな。

店内にあるタペストリーはほぼ全年齢仕様。

高校生以下でも安心してお買い求めいただけるよ。

店内も明るく肌色のまぶしい空間となっているので、非常に心躍る。

因みに店内部の写真撮影は禁止されてるのでご了承ください。

 

おまけ:今回の戦利品たち

せっかくなので、今回手に入れた戦利品を軽く紹介するよ。

まぁこういうものが置いてあるとなんとなく伝われば幸いだ。

 

薄くてえっちな本が4さつ

軸中心派で購入。

写真上段が“雨神”せんせーの過去の同人誌。

表紙から中々きわどいが一応全年齢向け。

写真下段は“Syroh”せんせーの最近の同人誌2冊。

こっちはシールが貼られている通り、18禁仕様だ。

同人誌はビニール入り。

 

今まで同人誌には全然興味がなかったんだけど、画集集めにハマり始めた。

その影響からか薄い本にも手を出してみようと欲が出てきた。

ひとまずはよく見知ったせんせーのモノから集め始めているわ。

 

人生で初めて手に入れた禁断のグッズ 抱き枕カバー

これ同じく軸中心派で購入。

最も自分が気に入っている絵師さん、“珈琲貴族せんせー”の抱き枕カバー。

買ったままの写真なので広げてないんだけどね。

 

自分が10,000円以上出して購入した初めてのカバー。

この時は「とうとう抱き枕カバーに手を出したなぁ…」としか思わなかった。

後々収納に困るくらい数が増えたのは彼女がきっかけかもしれぬ。

因みに広げたらこんな感じになってしまい、妄想が垂れ流し状態に(笑)

 

キャンペーンでもらったハート形の色紙2枚

あと軸中心派では度々店頭でキャンペーンを行っている。

今回は6,000円お買い上げごとに2種類のうち1枚の色紙をもらったよ。

俺h邪12,000円以上のお買い物だったので、両方1枚ずつ手に入れた。

 

ハート形にくりぬかれた珍しい?色紙。

右は“カントク”せんせーのもの。

左は“てぃんくる”せんせーのものだ。

サインは複製。

 

とらのあなで購入 しろもち桜せんせーの初画集

今回紹介したお店で買ったものじゃなくて申し訳ない。

これまた名の知れたオタクショップの”とらのあな”にて購入。

 

“白もち桜”せんせーの個人画集。

これまたまぶしい女の子の表紙が特徴的な一冊。

とらのあな限定版を買ったので、おまけのクリアファイルも入手。

ぜひとものちのち画集レビューをしないとなぁ。

 

とらのあなで買ってきた成人向け商業マンガ

最後はえっちな商業マンガを4冊。

“ごばん”せんせーの漫画3冊。

“ちるまくろ”せんせーの漫画1冊。

両方ともむっちり質感の女の子があんなことやこんなことを…。

表紙から過激なので本を立てた状態で勘弁してけろ><

 

就活時にストレスが溜まって、馬鹿みたいに成年コミックを買っていた時があってね。

久々にその勢いで購入してしまった。

当然いやらしい♡

 

とりあえず絵師さん美少女グッズならうりぼうと軸中心派でOK

今回うりぼうではモノを買わなかったのでアレなんだけど…。

ひとまず美少女イラストレーターの痛部屋用グッズを探すなら、この2か所が探しやすい。

特に軸中心派は店内でもかなりの数のタペストリー、その他のものが多い。

アニメ系のものは別の店に譲るとしても、揃えるなら選択肢が多く魅力的な店だろう。

 

手っ取り早く痛部屋グッズを見たいならこの二か所を先に見てみよう。

めくるめく美少女だらけの部屋へ誘ってくれる、魅惑の入り口になるのは間違いない!

 

今回はここまで。

ほぼアキバに行ったら毎回よっちゃうからね!

信頼性の高さはまさしく折り紙付きの2店舗である。

 

さて、今日の獲物はどうしようかな…。