管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

このすばのイラスト集「Cheers!」 駄女神たちが本の中でも大暴れ!

 

「このすばだけを集めたイラスト集ってファンには買い?」

三嶋くろねせんせーが手掛ける絵で、全てこのすばだけを集めた作品。

それが今回のイラスト集なのだ。

 

そりゃあもちろん、原作・アニメファンとも満足できる仕上がり。

本の中でも駄女神をはじめとしたヒロインたちにいっぱい出会える。

人気作品を彩る渾身のイラストをご賞味ください!

 

 

この素晴らしき世界に祝福を!だけのイラスト集

 

この素晴らしき世界に祝福を!

略称は「このすば」で、累計900万部の売り上げを誇るライトノベル。

ここ1~2年の流行ものである、異世界転生系の物語を綴る作品だ。

あるいはなろう系か。

 

ただ原作が2013年に発刊なので、当時は別に流行ってなかったんだよね。

いうても先駆け的作品であるのは間違いないくらい、かなりの人気を誇る。

アニメ版も1期目が2016年冬、2期目が2017年冬とスパンが短い。

このちょっとあとぐらいにアニメ界にも異世界転生系が増え始めた記憶が。

もしこの作品がヒットしていなかったら、あの流れは無かったかもしれない。

 

原作者は暁なつめ氏、挿絵担当は三嶋くろねせんせー。

イラスト集ということで、この本のメインは三嶋くろねせんせーである。

おまけコーナーには暁なつめ氏も関わっているよ。

ラノベ原作10巻まで+外伝の4巻+DVD&BDジャケットのイラストなどが収録。

混じりっ気無しのALLこのすばのみで固められたイラスト集だ。

ファンの方にはあの世界に浸れる出来になっているので、じっくり読んでもらいたい。

 

 

表紙はやはりメインの3人がお出迎え

 

さっそく本の外観。

 

限定版・通常版というくくりは特にない。

普通のソフトカバータイプの画集になる。

表紙は右からアクア・めぐみん・ダクネスが並ぶ。

やはりこの作品はこのめちゃくちゃな3人がいないとな。

帯にも書いてあるが、中身はまさにぜんぶこのすばっ!

この作品のみのイラストを集めた純粋な作品イラスト集だぜ。

 

裏表紙は小さいSDキャラで他の人物が映る。

上から主人公のカズマ・めぐみんペットのちょむすけ。

めぐみんの同胞であるゆんゆん。

リッチーでお店経営者のウィズ。

アクアの後輩女神であるエリス様。

いずれも物語を語るうえでは欠かせないサブキャラたちだ。

 

本書の構成は以下の通り。

・NOVEL ILLUST COLLECTION
・SPINOFF ILLUST COLLECTION
・ANIME & DRAMA COLLECTION
・EXTRA COLLECTION
・短編書下ろし小説

 

俺はアニメ版のみ全て見たことがある。

逆に原作は一切読んだことが無く、アニメ版2期までの内容しか知らない。

なので物語スタート~アクシズ教総本山の騒動あたりまで。

つっても大体のキャラはわかるんだけどな。

これを機に原作版も買って読もうかしらね?

ジェラトーニ
ファンとしてはちょっと甘いんじゃないの?(ニヤニヤ)

 

 

 

NOVEL ILLUST COLECTION=本編で活躍…してるか?

 

まずは原作本編で使われた挿絵が所狭しと並ぶ。

挿絵を見て話が分かる範囲は、アニメ版だけだと原作4巻までが該当。

個人的に好きなキャラは、女性だとダクネス。

男性だとバニルだな。

 

ダクネスはクルセイダーの女騎士だが、ひどいマゾヒスト。

自分が不利になる状況を好む中々レベルの高い変態。

いわゆる「くっころ」なのである。

アニメ版で中の人だった茅野 愛衣氏の怪演っぷりがすさまじかった。

おかげで3人娘の中でも、一層イロモノ感が強いけどめっちゃかわいい。

最新人気投票では3位にランクイン。

 

バニルは途中で出てくる、仮面をかぶった男。

魔王軍幹部の一人で中々強い。

バニルが出てくる場面はダクネスとの絡みが非常に多い。

後に主人公たちを和解し、ウィズのお店で働くのだが…。

若干主人公たちを馬鹿にしつつも、イヤミっぽくないキャラ付けが気に入ってる。

ちょっとしたお調子者って感じかな。

最新人気投票では10位。

だがベスト10以内の男性は他に7位のカズマだけ。

敵役のキャラとしてはやたらと人気が高いと思う。

 

やはりここはこの2人の絡みが多い、第3巻のイラスト類が一番しっくりくるなぁ!

バニルVSダクネスの戦闘シーンだが、途中でバニルの面がダクネスに引っ付くのよ。

2人がちょっと融合したみたいな姿だがアニメシーンのカオスイメージが強すぎる。

そのイラストを見るたびにこの2人の珍妙なやり取りが面白くて仕方ない。

一応お互いの命を懸けた戦闘シーンなんだけどね。

 

バニルに憑依されるとじきに耐えがたき激痛が走るとのこと。

しかしダクネスにとってはただのご褒美にしかなるわけがない。

カズマと共にダンジョン奥地から地上へ脱出する際のやりとりがひどい。

カ「がんばれ! 地上についたらすぐに楽にしてやるからな!」

ダ「おかまいなく。」

だめだここがどうしても頭に出てきて笑ってしまう(笑)

この2人最高ですわ!

 

とまぁ本編は大体こんな調子で続くので、終始ネタにあふれてるんだよね。

原作・アニメ共にこんなノリだから本当に面白い!

ヒロインがみんなかわいいのに全然ヒロインらしくないところもまたね…。

タート
アニメは動きと声も加わるから特に印象が強烈だよ。

 

 

SPINOFF ILLUST COLECTION=紅魔族伝説のはじまり

 

次はスピンオフ小説で使われたイラストたちを集めたコーナー。

「この素晴らしい世界に爆焔を!」からの収録。

こちらはめぐみん、ゆんゆんの紅魔族2人をメインに置いた物語。

特にめぐみんは人気投票をやったら、本来はぶっちぎりの1位だからな。

公式の投票はアクアの不正がある(設定)のでしょうがない。

更に「この仮面の悪魔に相談を!」からのものも入ってるよ。

前述した男キャラのバニル・店長のウィズを中心においた物語。

やっぱりバニルはウィズと絡ませても十分キャラが立っているぜ。

 

だから「仮面1巻」の、バニルとウィズが並んだ立ち姿が一番良い!

ウィズも元々は魔王軍の幹部だったのだが、全く毒気の無い姉ちゃん。

恐らく作中ヒロインの中でも、かなり性格が優しいタイプなので…。

逆に破天荒成分を持つバニルはいい具合に補完してくれる。

性格もそうだし、すらっとしたバニルの体格とおっとり巨乳のウィズ。

片方はきりっとしており、もう片方はふんわり柔らかな雰囲気が。

これまた名コンビとして物語を盛り上げてくれるのは間違いない。

つーかバニルが妙に万能なんだよね~。

ダッフィー
男キャラにここまで入れこむとは中々珍しいんじゃねえか?

 

 

ANIME & DRAMA COLLECTION=アニメ・CDジャケット

 

さらに次はアニメのDVD&BD+ドラマCDのジャケットイラスト。

ここを見ると、その回を象徴するかのイラストが見れる。

特にアニメファンにとっては嬉しい仕様だよね!

 

どれもこれも素晴らしいのだが、ここでは第4巻のイラストだな。

女神エリス様をジャケットに起用したイラストの巻。

第一期の7~8話が該当。

エリス様初登場シーンの7話はこれまたカズマとのやり取りが印象的。

簡単に説明すると、万年借金地獄のカズマPTが金稼ぎにクエストを受注。

雪精というモンスターで稼ごうと画策するお話。

とはいいつつ、いつものノリなのでヒロインが全然役に立たない(笑)

中二病娘のめぐみんは爆裂魔法をぶっぱなし、冬将軍というボスを呼んでしまう。

それに気づいた駄女神アクアは、女神のプライドを捨てて美しい土下座。

更にダクネスはカズマに無理やり土下座させられるが、却って喜ぶという始末。

どうしようもないヒロインたちである。

 

そしてカズマは冬将軍に殺され、気づいたときにはエリス様の目の前に。

まともな女神に巡り合えたカズマは今までの愚痴をぶちまけて…。

でも結局あの世界が好きだという実感が湧き、生き返らせてもらうことに。

ただ規則でもう生き返らせることが出来ないところに、アクア(声)がでしゃばる。

アクアが生き返らせようとするが、その場にいるのがエリス様だと知り…。

後輩女神のヒミツを思い切り暴露(胸にパッドを仕込んでいるそうな)

カズマのセリフがツッコミどころ満載なのだ。

「パッドでも構いませんよ?」

見境なさすぎる主人公であった。

因みに2期の6話でもまたカズマは死にます。

再びエリス様のところに呼び寄せられる主人公だが…。

また駄女神アクア(声)の横やりが入る。

更に酷い暴露をされそうになり、しょうがなくエリス様が蘇生。

最後にカズマが言い放った言葉は

「エリス様、俺は! パッドも好きですよー!」

もうめちゃくちゃだよ(笑)

 

でもエリス様はこの作品において珍しいまともなヒロインなのだ。

おバカたっぷりヒロインの中に、まともな女性が現れると落ち着くなぁ…。

ラガン
本当にヒロインがヒロインらしい仕事をしてないな…。

 

 

EXTRA COLLECTION=販促イラスト・設定資料など

 

最後は原作の販促用イラストや、各キャラのちょっとした設定資料が。

本編でカオス激情に染め上げるヒロインたちは、紐解くとこんな姿になるのだ。

なんてことがよくわかる。

 

ちょっとした設定だと、アクアの髪飾りは水の分子の形になっているとか。

めぐみんの杖で先が丸く中央に穴が開くが、スペル詠唱時に魔力が球体になるとか。

ダクネスの剣は、元のデザインがいかにも勇者の剣っぽかったとか。

更にはダクネスのおっぱいはHカップくらいあるらしいぞ!

なんてこともちょっと知れたりな。

クロミちゃん
結局最後はおっぱいとかアンタね…。

 

 

まさにこのすばワールドに染まったイラスト集

 

というわけで簡単にだけど、このすばのイラスト集でした。

絵師さんが三嶋くろねせんせーというベテランなので…。

せんせーのイラストファンも、絵を楽しむ目的ではあり。

ただやっぱり原作・アニメファンのほうがより楽しめる作りだな。

 

強烈な個性を持つこのすばのキャラ達。

色々とツッコミどころが絶えない彼女たちも、挿絵ではまともか?

ぜひぜひファンの人には一読してほしい!

 

今回はここまで。

しばらく経った後に見ても、やたらと面白い作品。

俺もアクセルの街に住み着きたくなってしまうじゃないか!

 

悪魔に惑わされないための聖なる呪文を授けます。

エリスの胸は、パッド入り。