管理人へのお問い合わせ・サイト内検索はTOP右上のメニューからどうぞ 現在3日に1記事のペースで更新中です

向坂 環 -誘惑- 1/6PVCスケールフィギュア レビュー

 

えっちできゅーとなお姉さんって、この世に存在するの?

姉という存在に、悶々とした期待を抱く紳士諸君はこんなことを考えてしまうはず。

 

リアルな姉がいない人にとっては、優しくてかわいくてえっちな姉って妄想が膨らむよな!

そんな妄想を、KOTOBUKIYAがあるキャラを使って具現化させてくれた。

今回は「向坂 環 -誘惑- 1/6PVCスケールフィギュア」を紹介するよ。

2000年代前半に爆誕し、数々の男を絞ってきた魅惑の肢体におぼれてみませんか?

 

 

タマ姉たまんねえ

 

AQUAPLUSというゲームブランドが手掛けたソフトの、“To Heart2”

元はシリーズ物で、無印版はLeafというエロゲーブランドが作っていたんだけど。

1は元々18禁なのだが、2は最初に全年齢版が出されてその後18禁版が発売された経緯がある。

いやぁ、エロゲーってしばらくしてから全年齢版で出るパターンならよく見るんだけど、こっちのパターンは比較的珍しいみたいね。

 

まぁそれはいい。

この2なんだけど、何人かいるヒロインの中のうちの一人である“向坂 環”というキャラがいる。

主人公と幼馴染の関係であり、いうなれば近所のお姉ちゃん。

性格も姉御肌ということだけあって、面倒見の良いキャラだね。

 

 

この向坂環さん。

2004年に生み出されたキャラなんだけど、それはそれはけしからんスタイルの持ち主で

幾度となく現実世界の男たちを翻弄してきた、恐ろしい姉御なのである。

同作中でもかなり人気の高いキャラで、メディア露出も多くゲームは知らんけどキャラは知っているっていう人いるんじゃないかな?

俺もまさにそうなんだけど。

 

同作キャラの中で、何体も何体も沢山フィギュアが出ており非常に目の保養になる。

今回はその中の1体で、「誘惑 1/6PVCスケールフィギュア」を見ていくよ。

写真を見てもらえばわかるけど、マジでタマ姉たまんねえ。

 

 

 

 

実際の製品を見ていく

 

ではでは、その麗しいタマ姉の姿を見ていきましょう。

まずは全体をぐるっと見ていく。

 

全景はこんな感じ。

高さは210mmほど。

このフィギュアは、足を台座にはめ込むのではなく付属のクッションに載せるタイプだよ。

両腕に薄いピンク色のグローブ。

両足にこれまた同じ色合いの、ニーソックスを装備。

そしてまた同じ感じの色の、飾り気のないシンプルなノーマルタイプのタイサイドビキニを着こんでいる。

 

ポーズは、膝立ち・後頭部で両腕を組む・ブラトップの上部紐を口で咥えて上目遣いでこちらを見ている。

キュートさを備えた表情と、その恐ろしきナイスバデーなスタイルが凶悪な武器と化している。

上はかわいく、下は色気たっぷりの危ないバランス。

あああ、これはとんでもないですねぇ…。

クタちゃん
色々デカいクテャね…。すさまじい迫力クテャ。

 

 

 

頭部周辺

 

ここから部分ごとに近くに寄って、どういう感じか見てみるよ。

まずは頭の周辺から。

髪の毛は鮮やかな赤色で、ロングヘアー。

頭の左右に、猫耳っぽく髪をまとめた部分があるよね。

装飾品で耳を付けるのではなく、自前の髪でそんな風に結えるのか。

結び目的に、ツインテールになりそうな気がする。

しかしそういうわけではなくふぁさーっと、ロングヘアが背中全体を覆う感じ。

 

ほらね、盛り上がった髪の部分もそうじゃない部分も下に髪が広がっているでしょ?

ここを見ると、まさにお姉さんっぽい感じが分かるよね。

ツインテだと、どうしても子供っぽく見える節があるからさ。

いや、もちろん可愛いはかわいいんだけど。

 

そして両腕には、先ほど言ったように薄いピンク色のロンググローブをはめている。

個人的に思うんだけど、なんかロンググローブをはめた女の子ってちょっといやらしい感じがしない?

よく魔法少女とか、こういうグローブをはめることが多いのだが素肌とはまた違う質感があるというかなんというか。

多分それ系の少女が、えっちな目に遭うものを見すぎた副作用のせいかもしれない。

やはりエロゲーは、素晴らしいが罪深い存在かのかもしれんな…。

 

横から頭部を見るとこんな感じ。

グローブの袖口には、淡いピンクのリボンがあしらわれていてとてもかわいい。

もしかしてタマ姉って、意外と少女趣味をお持ちなのかもしれない?

そして美しき腋は、紳士にとって外せないポイントの一つでもあろう。

 

因みに腕自体はほっそりしていて、女性らしさをしっかり感じさせる造形。

タマ姉って、格ゲーでは投げキャラ・原作ゲーム中では主人公によくアイアンクローをするほど腕っぷしが強い。

だから設定でいえば、相応の筋肉がついているはずなのだが全然筋肉質には見えない。

本当にどこにでもいる?美少女の腕って感じだな。

 

美しいお顔は、このように。

綺麗な肌色・大きく煌びやかな目(上目遣いオプション付き)・うっすらと紅潮したほっぺとまさしく美少女を地で行くスタイル。

水着のひもを加えているので、口は若干すぼまった感じでこれまたかわいい。

 

 

首~おなか周辺

 

さてさて、お次は視線を上半身にずらす。

まぁ女の子の上半身と言ったら、あれだよね?

言わなくても分かるよな?

 

 

巨大な胸部装甲を兼ね備えた、ダイナマイトばでー。

正面から見ても、その大きさはすさまじいのがよく分かっていたが…。

もっと間近で+下のアングルから見上げるように撮ってみたらとんでもない。

 

ビキニの布地に、柔らかいおっぱいがぐいっと食い込みその質量を最大限に表現している。

二次元キャラ+フィギュアということで、現実にはあり得ないけど一切重力に蒔けることのない巨大な2つの山。

それをビキニトップの白い布地が覆い尽くし、着ているけどえろいという視覚効果をブーストさせる!

ああ、私はこんなお姉ちゃんが欲しかったです(錯乱)

 

 

更に横のアングルから、おっぱいを撮ってみる。

見て分かる通り、横乳としても素晴らしい出っ張りを誇るおっぱいである。

明らかに異質に盛り上がった、胸部の脂肪の塊は見る男を骨抜きにする。

胴体と大きなおっぱいの付け根に現れる、横乳特有の曲線美は何物にも代えがたいシロモノ。

あああ、横から人差し指でつんつん触ってみたい!

…つってもフィギュアだから、硬い質感しか返ってこないのが悲しいところだがな…。

 

 

因みにこのタマ姉、公式プロフィールだとB89の持ち主だ。

まぁバストの細かいことなんか、正直よくわからんのだがあの体に対してあのおっぱいだろ?

感覚的にどう見てもB89のサイズじゃなくて、そこから10位上じゃないのか?、と思う。

それだけ肉感あふれた、恐ろしいおっぱいの持ち主であるのだ…。

クロミちゃん
本当にあんたは、おっぱいばかりにしか興味がないのね…。呆れちゃうわ!

 

 

腰回り~お尻

 

更に下に目をずらす。

次は腰周辺行くぜ。

 

とってもオーソドックスな、タイサイドビキニのアンダーパンツ。

この手の水着って、現実だと横のひもは飾りでほどけないやつor本当に紐で止めるやつの2パターンがあるそうな。

まぁフィギュアなので、そこは特に関係ないです。

 

御覧の通り、フルバックタイプのぱんつなのですさまじい露出があるわけではない。

しかし元々ビキニぱんつなので、布面積自体は少な目だよね。

というわけで、ちょっぴり腰に食い込んだ水着の質感がこれまたいやらしい。

水着は若干違うものの、ほぼ公然的に女の子のぱんつが見れるというね…。

 

 

そして、おぱんつなので当然太もも部分はガッツリ露出。

下のニーソックスとぱんつの間には、艶めかしい絶対領域を拝むことが出来てこれまたいやらしい。

まさに向かうところ敵なしと言ってもいいんじゃないか?

 

 

因みにお尻はこんな感じ。

ゴメンね、タマ姉の髪が長いので影が強めに出てしまう。

 

先ほどフルバックのぱんつといった通り、お尻のお肉はしっかりと水着に隠れている。

とはいうものの、中央部分のお尻の割れ目にはぴっちりと水着が張り付いているので、お尻のラインがしっかり見える。

いいよね。

女の子の体に張り付く布の質感は、素肌とはまた違ったいやらしさが醸し出される。

なので、Omochi的にはこのほうがテンション上がる。

 

 

脚部

 

最後は足を。

 

足を映す関係上、一時的にクッションを外して撮影。

御覧の通り、太もも中盤くらいまで覆う薄いピンク色のニーソックスを履いている。

これまた袖口はグローブと同じく、淡いピンク色のリボンとラインが走っているぞ。

 

膝立ちで自立できるので、足に穴がついていたりはしないよ。

しかし腕と同じく、全然筋肉質には見えない女子高生らしい足だね…。

いやぁ、脚フェチには中々満足のいくすらっとした足じゃないかな?

 

 

 

素晴らしい、素晴らしすぎるダイナマイト天使!

 

以上が、今回のフィギュアレビューになるよ。

個人的に大好きな衣装の一つである、ビキニ+凶悪な巨大おっぱい+ニーソ・グローブの破壊力抜群の組み合わせだった。

更に膝立ちにもかかわらず、フィギュア本体の高さは立ち姿の1/8スケールくらいの大きさと大体変わらない。

よって、高さを稼ぐためにそもそも本体がちょっと大きめに作られているんだよね。

そんなわけで、大きな大きなおっぱいとむっちむちのお尻が大迫力で楽しめる素晴らしい逸品だった。

 

タマ姉好きにはもちろん、そうじゃない人でも華やかで肌色面積が多いフィギュアを欲する人にはぜひおすすめしたい!

あなたの帰りを、水着姿のタマ姉が待ってくれてます!

スティッチ
えっちなお姉さんだな!、リロも大きくなったらこうなるのかぁ?
ジェラトーニ
あれ?、スティッチは夜な夜なそんな妄想をしているの?(ゲス顔)

 

 

 

今回はここまで。

おおう、こんなお姉ちゃんが居たら誰も黙っていないだろ…。

そのおおきなおっぱいに、ぜひともダイブしてみたいと欲望がダダ漏れになってまう!

 

 

タマ姉のおっぱいを見守る会。